‘クサセ’ペ・ジョンオク-ユン・ヨジョン-キム・ヨジン,ノ・ヒギョンのペルソナら
そうそうたる競争作らに押されて苦戦をまぬがれなかったKBS2月火劇の活気を付与しようと,‘彼らが生きる世の中(以下クサセ)’を持って視聴者らの前にまた立った。

永遠に仲のいいピョミンスPDとトップスターソン・へギョ ヒョンビンが加勢して,一層期待を集めている状況だ。

特に演技派女優3人衆の出演が目を引く。色々な作品を通して,ノ・ヒギョンと呼吸を合わせながら,マニア層を形成してきたペ・ジョンオクはもちろん,彼女の援助ペルソナであるユンヨジョン.ここに強い個性で先頭役と悪役を行き来するキム・ヨジンが合流して,放映前から視線をひきつけている。






ユン・ヨジョンは違う

ノ・ヒギョンの永遠なペルソナがペ・ジョンオクなら援助ペルソナは断然ユンヨジョンだ。ユンヨジョンには既存の賢母良妻型オモニを演技する中年芸能人らとは差別化された魅力がある。特有の声から出てくる妙な雰囲気と成熟した感じは既存の女優らとは違っておいしい。

そんな彼女が‘クサセ’を通じて,女優に変身する。スポットライトを受けながら,坦坦大路を歩いてきた一般的な女優ではなく,演技力一つで万人に認められる役割だ。

デビュー初めから常勝疾走してきたユンヨジョンの演技人生とは違うが,卓越した演技力に主演キャラクターらを輝かせる彼女の最近の姿を調べたら自伝的な人物だと表現しても言い過ぎではない。

在り来たりが特別にすることで昇華させる才能を持ったユンヨジョンの変身が期待される。






千の顔を持った魔女

21日,‘クサセ-スペシャル’が放送された後,該当掲示板が熱く燃え上がった。まさにペ・ジョンオクのためだ。味見映像でこっそり見られたペ・ジョンオクの姿に視聴者らは一度に膨らんだ心を表わした。

ノ・ヒギョンとペ・ジョンオクの組合が他作を通して,失望を与えない関係と認められただけにその期待感がすごかった。

ペ・ジョンオクが引き受けたユニョンは傍若無人女優で冷静さと美しさを同時に持った二重的人物.シニカルな目で世の中を眺めながら,冷笑作るほど内面的な面が強調されるキャラクターだ。

これまでノ・ヒギョンの作品を通して,多様な人物を自分だけのキャラクターで誕生させたペ・ジョンオクがまたどんな魔法を働かせるのか,関心が集中する。






カチェを脱いだ彼女,艶がないものを受ける

また1人の演技派俳優が‘クサセ’を数に数える。まさにキム・ヨジンだ。映画‘女の子たちの夕食’を通じて,デビューした彼女はカン・スヨン,ジン・ヒギョンというそうそうたる女優らの間でも自身の魅力を十分発揮しながら,存在感を誇ったことがある。

特に最近作‘イサン’では正巡王侯に扮して,善と悪の完璧な対応を演技しやり遂げた。あるなしで印字して見える外面と別に野望でぎっしり埋まった内面を演技して背筋が寒くなるものをかもし出した。

そんなキム・ヨジンがカチェを投げ捨てた。いっぱい膨らませた頭で一度に個性を表現しながら,大衆の前に戻った。劇中キム・ヨジンはドラマ作家イソウで分割予定.よどみない語り口を持った,独特なため武装した人物を特有の演技力と魅力でズケズケと消化する気勢だ。

平凡ではない役割を主に引き受けてきたキム・ヨジンが今度はまたどんな突風を起こすのか,期待が集められる。
特別な偶然の幸運なしで着実に自身の道を歩いてきた彼ら演技派女優ら.彼女たちが見せる幻想呼吸にすでに胸が熱くなってくる。