KBS‘クサセ’公式ホームオープン
‘クサセ(彼らが生きる世の中)KBSサイト公式ホームページ

10月20日KBS クサセ公式ホームオープン

クサセ KBS公式ホームページ





















企画意図




現場映像








彼らの便り




フォトギャラリー




チュ・ジュニョンチーム




チョン・ジオチーム


ヒョンビン“オンエアは忘れて下さい”
‘クサセ’ヒョンビン“オンエアは忘れて下さい”
“放送局背景のようだがメローが主軸”
“私たちは‘オンエアでないメロー!”

ソンへギョとヒョンビン,二人の男女韓流スターの出逢いで世間の注目を集めるドラマ‘彼らが生きる世の中.’放送会社ドラマ局背景にしたという点でこの作品は上半期話題を集めたSBS‘オンエア’とたびたび比較されたりする。

‘オンエア’の主要人物構図がPDと作家,そしてトップスターだったように‘彼らが生きる世の中’も同じ。

このようにやや似た格好のドラマで見なされる部分に対して俳優ヒョンビンが明快な解答を出した。

ヒョンビンは“視聴者がソンへギョとのメロー演技を期待するということを製作スタッフもよく知っている”として“ソンへギョと共に描いて行く愛はよく見られるとても現実的な姿”と明らかにした。

彼は‘彼らが生きる世の中’が持つようになるメローの濃度に対しても言及した。ヒョンビンはソンへギョと呼吸を合わせた“愛情シーンもある”と耳打ちしながら“そんな場面でこのドラマの骨組みがメローという点が分かる”と話した。

ピョ・ミンス-ノ・ヒギョンコンビの出逢いでまた他の関心を引いている‘彼らが生きる世の中’は27日KBS 2TVで初めて放送される。

ノ・ヒギョン作家
“ヒョンビン本当に大きい俳優になる材木”絶賛

ドラマ作家ノ・ヒギョンが俳優兼タレント ヒョンビン(26)を絶賛した。

21日放送されたKBS 2TV新月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’スペシャル編でノ・ヒギョン放送作家は“ヒョンビンは助言をした時,小言と思わず絶対に忘れてしまうことがない。

彼は助言を聞けば自身でまた分析して,適用をする努力を惜しまずにする。
そんなヒョンビンの姿に‘本当に大きい俳優になる’という気がした”と明らかにした。

また“ヒョンビンと初めて会う前‘若い友人らが幼くて,ドラマの中で状況を理解するだろうか?’と思いながら心配をした。ところが実際にヒョンビンに会って見たら私が思ったキャラクターととても違ってびっくりした。ヒョンビンは年齢に比べて,本当に真剣な演技者だ”と賞賛を惜しまなかった。



ドラマでヒョンビンは視聴率と作品性で結構良い成績を出している監督チョン・ジオ役に扮して注目されるニューフェース監督チュ・ジュニョン(ソンへギョ)と過去の恋人の影を持ったまま複雑微妙な感情で恋愛をする。

一方ノ・ヒギョン作家はこれまでドラマ‘嘘’‘孤独’‘花より美しくて’‘グッバイ ソロ’等人間味あふれるストーリーでマニア層を形成しながら名声を得てきたドラマ作家だ。

この日放送でナレーションはこれまでドラマ‘嘘’‘孤独’等でピョミンスPD,ノ・ヒギョン作家と一緒に呼吸を合わせた俳優ペ・ジョンオクが引き受けてドラマに出演者と製作スタッフをインタビューする方式で進行された。



‘クサセ’低調な出発...スペシャル視聴率
KBS2新しい月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(以下クサセ)スペシャル放送が低調な視聴率を見せながら,不安な申告式を行った。

22日視聴率調査会社TNSメディアコリアによれば21日放送された‘クサセ’スペシャルは4.8%の視聴率を記録した。

月火劇競争作であるMBC‘エデンの東’スペシャル放送が6.2%,‘風の国’スペシャルが9.3%の視聴率を記録したことに比べて‘クサセ’スペシャルの視聴率は期待に至らない数値だ。

特にこの日‘エデンの東’がプロ野球中継放送で30余分間遅く放送されたにもかかわらず‘クサセ’という特別な反射利益を得ることができないわけだ。反面SBS‘タチャ’は18.8%で5%ポイント上がる現象を見せた。



もちろんスペシャル放送に対する視聴者らの関心は正常放送に比べて,相対的に高くない。ヒョンビンとソンへギョが主人公に出ているうえに‘幻想のコンビ’というピョ・ミンスPDとノ・ヒギョン作家がまた手を握って,話題になったのと比較してみれば意外な結果だ。

‘恋愛結婚’後続で来る27日から放送される‘クサセ’がスペシャル放送の不振を後にと正常放送で月火劇競争で勝利できるのか関心が傾く。

一方‘エデンの東’はこの日26%,SBS‘タチャ’は自らの最高視聴率を更新しながら,18.8%の視聴率を記録した。

===============================================

クサセふぁいてぃん!!ふぁいてぃ〜〜〜〜〜ん!!

俳優としてやっと20%役割をやり遂げた.
ヒョンビン“韓流スター?今は戻らなければならない時”
デビュー5年〜韓流スター〜と呼ばれながら,俳優でまたスターで確実な位置づけをしたヒョンビンがテレビ劇場大作の間で大変な視聴率競争に突入する。

MBC‘エデンの東方’とSBS‘タチャ’の気勢に押さえられて,視聴率競争で完全に敗れたKBS‘恋愛結婚’のバトンを受け継いで容易ではない戦いに出ること。

ヒョンビンの2年ぶり茶の間復帰作‘彼らが生きる世の中’は〜ヒット作製造機〜と呼ばれるピョ・ミンス監督とノ・ヒギョン作家が初めて意気投合した作品.

相手俳優だけでも最高のスター性と演技力を兼備した女優ソンへギョだ.初めての放送一週間も残っていない状況で会ったヒョンビンは〜緊張感〜よりは〜平安な自信〜で茶の間復帰を楽しんでいるようだった。

普段自身を探しているように切実に見送った製作スタッフと俳優らとの出逢いが彼に視聴者らも劣らない大きい期待感とときめきを吹き込んでくれたこと。

礼儀正しくて口数適正な時期に噂になった彼らしく自信の表現もまた違った。最小何パーセント視聴率を期待するという言葉の代わり,“多くの方々が見なくてもひとまず見られた方らは決して後悔感を感じない最上の作品になる”という謙虚なコメントで確固たる自信の表現をした。

‘彼らが生きる世の中’は単純なメロー物でない専門職ドラマとしての機能を十分にそろえたとのことが監督の説明だ。劇中,実際〜俳優〜の立場を抜け出して完全な監督の立場になることに容易ではない悩みがあったようだ。

率直に言わばPDになるための努力はほとんどしなかった。
むしろ〜カット〜と〜キュー〜サインをどのようにするか程度の悩みをさらにした。俳優で現場にありながら,監督様の〜カット〜の声が如何に多いのを内包しているのか分かった。その声だけでキャラクターの性格表現になることができるという考えだ。

台詞処理と感情表現の悩みはいつの時より多かった。
ノ・ヒギョン作家ニムが作品の文自体が易しくなくて,一行の台詞にもその中に入れなければならない複合的な感情らがあまりにも多い。

それを解決したためにリーディング練習を腹にして作家ニムとの対話もはるかにたくさん必要だった。

本人のキャラクターで視聴者らに与えられる面白味は何か。
放送局内で認められるPDと人間的にもかなり大丈夫である友人だ。

反面とても現実的な姿もある。
映画が好きなのにお金が必要で,ドラマ演出者になった点などをはじめとして,職業的な環境の差はあるだろうが(僕はもちろん)大韓民国の同じ年頃の男性らがたくさん共感できる人物のようだ。




大部分撮影場で雰囲気メーカーは俳優らだ。
ソンへギョ氏の話では本人も話が多い方ではないが撮影場では〜礼儀正しいヒョンビン〜のためにいたずらで浮気心多いおしゃべり職人になった思いだといった。

あまりにも性格自体口数が少なくて真剣な方なのが事実だ。
その上今回の作品にあまりにも年輪高い先輩らがたくさんおられて見たらさらに用心深くなった影響もあるようだ。それでもへギョ氏との呼吸は非常に満足だ。何より仕事はとても楽にさせてくれる。

劇中へギョ氏とは初めて会って知るようになる間ではない恋人であって別れて,職場で再会するようになる設定だと初回からお互いが見慣れない感じを見せてはいけない。

だからお互いが実際もう少しはやく親しくなろうとする努力をした。今はたくさん親しくなって,とても無事に過ごしている。

ヒョンビンの俳優として成長は非常に速いほうに属する。
作品をよく選んでよく演技してきたおかげが何より大きいだろう。ヒョンビンの作品を選ぶ基準が気になる。

新人の時と今も変わりなしに守ってきたものがあるならばある作品に入れば他の考えは決してしないことだ。シナリオを読んだ時,とてもおもしろくて〜ピル〜がさされば無条件にする。

その他計算は全くせずに他のところも見ないことが上手になってきたとすれば上手な点であろう。ところでそれより〜運〜影響が大きかったことも同じだ。

視聴率を離れて,作品で引き受けてきたキャラクターに対する反応がいつも良かった。それにともない感謝することと負担感はいつも共に感じながら生きている。




今年釜山国際映画祭の時〜大衆の無関心が怖い’と話をした。
芸能人なら誰でもそのように〜芸能界の中での人生に葛藤して悩む過程がこれまであったようだ。

いつも大衆中になければならないという点は僕の職業上の特徴だ。そのなかでできる悩みらに対して映画を撮る間深いと思う時間らがあった。ところでその答はないようだ。

僕がこれを選択したので当然大衆の関心を生きるということでもあり,大衆がいることで私がこの席に存在することでもある。まるでコインの両面のようだ。無関心の恐れは解決しようと努力するよりはそのまま俳優なら,一生抱いて生きていかなければならない課題のようだ。

〜今は〜韓流スター〜という荷札がいつもつく。
本人にはその荷札がどんな意味でいたるのか。

〜韓流スター〜と呼ばれること,正直にはとても嬉しい。
海外で作品活動をしたことが全くないにもかかわらず,国内他の方らまであまりにも多くの関心を持たれるのでただ感謝している。

その関心をよく継続するならばいつかは自分にも他の国の良い作品ができて,国内作品で海外活動をできる機会もいつかくるだろう。そのような機会を抱かせられる修飾語が僕につくことがどうして嬉しくないことなのか(?)本当に〜韓流スター〜に新たに出たい欲はある。ただ時になった時の話で,今ではない。

僕は我が国の人々で,我が国で習う。生半可にあまり欲心は出したくない。今は与えられた席で最善を尽くさなければならない時だ。

どうなろうとヒョンビンの有名税は誰が見てもうらやましい程速い速度で高く沸き上がった。〜スター〜と呼ばれる喜びもあるだろうが,それだけ視聴率や興行数値に対する負担感も大きくなっただろう。




‘私の名前はキムサムスン’をしながら以前にはそこまで感じることも出来ない視聴率力の多大な効果を大きく実感した。いつまたそのような視聴率記録の栄光を抱けるかもわからない。その時その高い視聴率を抱くようになった時,本当にひたすらうれしくて幸せだった。以後良い状況らも続いて...’

ところで今考えてみれば残念に感じられる部分もある。
金を儲けて,少しずつ家を広めていくように,演技もしながら視聴率をますます広める面白味を享受するのが俳優としてより良くないだろうかという気がする。

突然高い地点をおしたらとても早くきたのでないかという心配も上げた。それで〜初心〜を失わないようによりもっと努めている。初めて戻る時がきたような感じが自ら聞けたので独立映画‘私は幸せです’により一層情熱政に臨んだことも同じだ。

〜初心〜に帰って臨む‘彼らが生きる世の中’を通して成し遂げたい自らの欲は何か。
そのまま新しい作品を契機に多くの方に僕の違う姿をもう一度お見せできるだろうという期待感程度を持っている。

俳優としていまやっと20%程度役割をやり遂げながら生きていること持つ。ところで作品をよく会ったといって高い固持にふわっと上がるのは願わない。今回の作品にベテラン俳優の方らがとても多かったことでそのポストだけでもびっくりする時が多い。たくさん習って,また一歩をこっそり踏み出したい。

‘クサセ’ヒョンビンマネジャー友人出演
ヒョンビンマネジャー‘ヒョンビンの友人役’関心集中!
俳優ヒョンビンが自身のマネジャーと‘彼らが生きる世の中’にびっくり一緒に出演して,話題を集めている。

ヒョンビンのマネジャーヤン・ジェウォン室長は先月2週間シンガポールで進行されたこのドラマ撮影当時ヒョンビンの友人で演技を繰り広げた事が知らされて関心を集めている。

ヤン氏はたとえ台詞はなくともヒョンビンと親しい姿で並んで肩を組むなど表情演技をお目見えした。

この事実が知らされて,ファンらとネチズンらは‘ヒョンビンマネジャー’に爆発的な関心を見せている。

一方,21日KBS 2TV新月火ミニシリーズ‘彼らが生きる世の中-スペシャル’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョ・ミンス キムギュテ)放送がお目見えして,視聴者らの注目をひきつけている。

今回のドラマはノ・ヒギョン作家とピョ・ミンス監督の出逢い,ソンへギョ ヒョンビン出演で製作前から関心を受けている作品と知らされる。

‘彼らが生きる世の中’はさっぱりしてしっかりしているドラマ局ニューフェース監督チュ・ジュニョン(ソンへギョ)と後輩らの羨望の対象になっている監督チョン・ジオ(ヒョンビン)がドラマを作りながら,左衝右突する話を描く。

21日放送‘クサセ’スペシャル


‘クサセ(그사세)’スペシャル,ソンへギョ-ヒョンビン‘スターではない俳優で’
ソンへギョ-ヒョンビン,‘俳優’に一歩さらに近寄る

KBS 2TV新月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョミンス,27日初放送)が21日スペシャル放送で視聴者らに会った。

‘彼らが生きる世の中’はノ・ヒギョン作家の暖かい視線の下表面を見る放送局の派手な容貌を照明するより放送局の人々の一般人と違うところのない本物の姿,彼らもまた愛と理解が必要な人間に焦点を合わせるドラマだ。

それだけスペシャル放送はやはり出演俳優らの懇意で率直な姿を見せることに主力を注いだ。

ペ・ジョンオクのナレーションで出演俳優らの資料画面登場人物とインタビューなどが次々紹介して放送された。

4年ぶりにPD役でブラウン管にカムバックした短髪ソンへギョ,暖かくて真剣なドラマPDに扮したヒョンビン,‘鬼ばば’と呼ばれる艶がない俳優ユニョン役に変身したペ・ジョンオク,独善的だが暖かい内面を持ったドラマ局長キム・ガプス,分別がない新人女優ソ・ヒョリム,悪役といえる利己主義者PDオム・キジュンなどが登場して,ドラマの青写真を見せながら,期待感を高めた。

ペジョンオクは“俳優らが以前と変わった。俳優らの心がけはその時と違うようにスター指向的だ。俳優になりたいなら作品や延期に欲を出さなければならないのにそれ見るという見せることに執着するようだ”と話した。

実際放送界に身を置いている人がそれぞれ‘役割を変える’をしながら‘彼らが生きる世の中’を話すのは興味をそそった。

特にこの作品の主人公であるソンへギョとヒョンビンに対する分量が多かったが,スペシャル放送はこの二人が‘トップスター’ではない‘俳優’であることを見せようとした。

チュ・ジュニョンPD役を担ったソンへギョはドラマ局PDを演技しながら“初めてやることが多くておもしろい。ピョ監督ニムもご自身の経験を話して下さる。監督を演技するから本当に私も後ほど監督をしてみたい。写実的な話が好きだからそんな話を作るようだ”と伝えた。

チョン・ジオPD役を担ったヒョンビンは“カットサインをどのようにしなければならないかをたくさん考えた。ピョ監督ニムと似てきたようだ”と笑った。

またこの放送ではシンガポール海外ロケ未公開場面も公開された。ソンへギョはシンガポールの撮影に対して“毎日毎日撮影をして大変だったがスタッフらと仲が良くて楽しく撮影した”と当時を回想した。




ヒョンビンはソンへギョの第一印象に対して“初めて会った時は印象は良かったが‘早く近づくのは大変で難しいだろう’と思った。だが諸々の席を持ってみて‘僕が思い違いしていたんだなあ’と思った。何度も会って都市的な面もあるが暖かい面もあり明るい。撮影を始めてからいくらも経たずシンガポールロケ撮影で愛情シーンを撮ってからもっと早く親しくなった”と説明した。

ソンへギョはヒョンビンの初めての印象に対して“誰が見てもかっこいいでしょう。対話をしてみたらとても大人っぽくて心に余裕が多い。暖かいという感じを受けた。ヒョンビンはそばに行けば子供のようにふざけて私にいたずらをたくさんする”と伝えた。

ソンへギョはまたチュ・ジュニョンキャラクターに対して“仕事や愛でも堂々としていて直接的だ。それが私の中にあるが今まで清純だったり可愛い姿だけお見せしたが新しい姿をお見せするようだ”と話した。

彼はまた“ノ・ヒギョン作家にいたずらで‘演技することあまり荷が重くて,ストレス積もる’と話した。ところで作家様は‘その姿は作品に悩む証拠’とうれしがられた”と付け加えることもした。

ノ・ヒギョン作家,ピョ・ミンスPD,先後輩演技者らは彼らの俳優としての真剣な態度と姿勢に対して話した。
ノ・ヒギョン作家は“ソンへギョという俳優にとても驚いた。‘私はなぜこんなに演技ができないの...と自ら演技に対して悩みをよくする俳優で嬉しかった。俳優がうまくできると思えば倒れる。作家,演出家に誤りを返す俳優も多いのに自分の誤りだと考える俳優は必ず一段階成長するようになる‘ソンへギョの躍進’を期待する”と話した。

ヒョンビンに対しては“大人っぽく物静かだと思う。大きくなる俳優と信じる”と話した。

ペ・ジョンオクは“ソンへギョは率直淡泊で,そんな姿が綺麗だ。
ナスターシャキンスキーと似た。綺麗で清純で,知性的な感じを持っている”と伝えた。キム・ヨジンは“二人とも大スターと私が先輩にもかかわらず対しにくかった。実際にはとても気楽だ。

ソンへギョは演技に対する悩みをよくして,たびたび茶を飲みながら,長い間の時間話す。ヒョンビンは正直恥ずかしくて,言葉もまともに歩けなかった”と率直に打ち明けた。

ピョミンスPDもやはり4年前KBS 2TV‘フルハウス’に比べて,ぐんぐん俳優として成長したソンへギョに対して好評した。ヒョンビンに対しては皆が口をそろえて‘真剣な演技者’と評した。

ソン・へギョとヒョンビンは演技とドラマだけでなく人生,愛などに対する考えも少しずつ聞かせてくれながら自然な姿を見せようと思った。

白馬に乗った王子ではなくても率直で現実的なヒョンビンが引き受けたチョン・ジオという人物がとても良いというソンへギョ,ジオとは違うように実際自身は友情よりは愛を選ぶというヒョンビンは‘俳優’を脱いでより懇意な姿で大衆前に立った。

この作品を通して,トップスターを抜け出して,俳優として成長しようと思う彼らの悩みの痕跡が見られる放送だった。

[‘彼らが生きる世の中’スペシャル放送に登場したソンへギョとヒョンビン。写真= KBS画面キャプチャー]

TOPRSSSUK2

2008 - October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.