ノ・ヒギョン作家‘クサセ’俳優にもう少し依存した
KBS 2TVノ・ヒギョン作家が俳優らに対する大きい信頼を表わした。

ノ・ヒギョン作家は20日午後2時ソウル江南JWマリオットホテル5階グランドボールルームで進行された‘彼らが生きる世の中’製作発表会に参加して“俳優に対する信頼で気楽に作品を書いた”と明らかにした。

この日ノ・ヒギョン作家は“企画したのは2年余りになった”と言って口を開いた。引き続き“私がドラマを作るのだが現場へ見に行ってみると本当に楽しい。

私は作家を職業で持っているけど,人はなぜこんなに楽しいことをしないのかこんがらかる”“私が楽しいから人も楽しいと思った”とドラマ製作局の話をドラマで作るようになった弁を明らかにした。

ノ・ヒギョン作家は“人が簡単に変わらないからそれだけに人の話をするということはいつも全く同じだ。今回もやはり人の話をする”と話した。

引き続き“変わったことは他のどの時より俳優にもう少し依存するようになった”として“俳優らを信頼できるから書きながら,はるかに気楽だ”と付け加えた。

ノ・ヒギョン作家はまた“家族劇でも真剣な愛の話が既存イメージなら,今回は興味が沸くドラマ,楽しいドラマにできるようだ”として“今回は作品を書きながら,初めて点滴もしなかった”と楽しい期待を伝えた。

席に一緒にしたピョミンスPDは“ドラマ製作に務める人々の話で日課愛をおもしろく描こうと思った”としてノ・ヒギョン作家の製作弁に力をより増した。

引き続き“演出者で出てくるソンへギョ,ヒョンビンナなど皆今見れば撮影する感じでも‘OK’,‘カット’という姿も本当に演出者のようだ”として“後ほど直接演出してもかまわないようだ”と好評した。

‘クサセ’ヒョンビン,監督をしてみるか?と思った。
ソンヘギョ,ヒョンビンが演技ではないPDに挑戦する。いや,厳密に言えばPDを演出するソンヘギョヒョンビンは常に演技で新しい人生を何回か生きてみる演技者を業に置いた彼らだが,PDを演技するのは初めてのはず,PDを演技してみればもしかすれば縁起より演出にもっと欲心が生じないだろうか?

それでも二人とも“演出に対する欲心はない,演技がいい”と演技者挑戦に頭を振った。

ヒョンビンは“ドラマ中総合編集室で行う仕事を撮るシーンがあったが,何もないのに結果が作られるのを見るので監督ニムはこういう所に魅力を感じるのだろう”と思った”と話した。

引き続き“その時0.01秒‘監督をしてみようか?’と考えた”だがヒョンビンはやはり演技が良いと明らかにした。ヒョンビンは“監督はあまりに荷が重いと思った。すべきなことがとても多くて難しいようだ”“僕はまだ演技をもっとしなければならない”と手で遮った。

‘彼らが生きる世の中’は‘恋愛結婚’の後続で放送されながら,21日特集放送で開始,27日初回放映で本格的な幕を上げる予定だ。