タレント ヒョンビンPD役でブラウン管に戻る。
KBS 2TV‘彼らが生きる世の中’主演
ヒョンビン“初心に戻って,また他の姿見せる

10月20日午後2時ソウル,瑞草区盤浦洞JWマリオットホテルで開かれた製作発表会でヒョンビンは“PD役に対する悩みよりは今まで出演した他のドラマより繊細な感情演技が必要な作品”

“PD役に対する悩みよりは今まで出演した他のドラマより繊細な感情演技が必要な作品”“作家ニムの台詞一言一言に色んな感情が含まれていて,大変な点も多いが撮影が本当に楽しい”
と出演所感を明らかにした。

映画‘私は幸せです’に続きすぐにドラマ出演するようになった彼は“普通一作品が終われば6ヶ月以上空白を持っていたが今回はピョミンス監督ニム,ノ・ヒギョン作家ニム,ソンへギョ氏などのおかげでこの作品をやらない理由はなかった”と作品に対する愛情を表わした。

ヒョンビンは視聴率が50%に達したMBCドラマ‘私の名前はキムサムスン’を通じて,爆発的な人気を経験した。

彼がピョミンスPD,ノ・ヒギョン作家,ソンへギョなどと呼吸を合わせる‘彼らが生きる世の中’はどんな成績をおさめるのか注目されている。

一作品の途方もない成功は俳優には大きな荷物に帰ったりもする。

“‘私の名前はキムサムスン’以後多くを感じました。その作品を通して,一生享受する視聴率を享受したようで僕がこれからまたそんなに高い視聴率を記録できるかわかりません。

その時はとても嬉しかったが今考えてみれば残念な部分もあります。家を広めていくように視聴率を広める面白味もあってそれと共に感じる部分もあるはずなのにとても早く来たのではないかという思いもありました。”


しかしもう彼は負担を払いのけた成熟さを見せた。
“流れる雲に上がってくようだった。今は視聴率をたくさん考えたりしません。やりたいからするのであって初心に帰って,演技するべきです。

僕がやった作品が終わって止めるわけでもなくて今までしたものよりしなければならない作品が多いが視聴率気を遣う時ではありません。いつも運がいい作品が終われば配役名で呼ばれたが今回も僕のまた他の姿一つをお見せしたいです。”


今年の一年放送関係者を扱った色々なドラマが放送された中でその有終の美を飾るようになった‘彼らが生きる世の中’でヒョンビンはどんな姿のPDに扮するだろうか。

“どのPDをモデルとするのか悩みもしたが特別にPDという職業よりは感情表現をさらに多く考えた”“ただ,カットやキューという言葉にPDのキャラクターがあらわれるから最大限弾まないようにしようと努力した”と話した。

変身は俳優の宿命でもあるが無理な変身はむしろ毒になったりもする。彼は“今回の役は今までのキャラクター中最も現実的なキャラクターだが,イメージ変身を生半可にしたくはない”“急なものに変えるよりは少しずつ新しい姿を見せたい”と話した。