ノ・ヒギョン作家インタビュー
ノ・ヒギョン作家“生まれ変わってもドラマを書くでしょう”
ピョ・ミンス-ノ・ヒギョン‘ブランド’が6年ぶりに帰還を知らせたKBS新しい月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’

ドラマ製作現場とドラマを作るの人々の話を描く今回の作品はノ作家は初めて試みる専門職ドラマ,‘嘘’から続いてきた‘ノ・ヒギョン ピョドラマ’は荷札を離す第一歩である。デビュー13年ぶりに挑戦を準備している,小さい体格の中彼女の内心が気になった

ソンへギョと賢妃は,とても綺麗な俳優

-台本を早く書いたと聞きました。

9月初めに台本を完成しました。今は修正を見ながら,撮影しています。これが私のデビュー後13年の間の課題でした。死ぬ前に100%王作をして始めようと心に決めたんですよ。”

-特別に理由がありましたか。

ノ・ヒギョン作家は真っ最中文を書きながらやせた時よりやっと1kgがさらに増えただけだといったが,彼女の顔いつよりも明るく見えた。

“最初は健康問題です。これまで作品をしながら後半部1/3程度は常に点滴をしていました。放送しながら書けば身体が悪くなりますね。また俳優とスタッフらが持つ不満中最初が台本でしょう。国もこの問題を解決しなければならないように見えましたよ。

今回の作品が‘準ブロックバスター’と既存ドラマに比べて,製作費が3倍以上かかるのに,台本をあらかじめ使わなければおせない場面が多くもあります。最も大きい理由は健康なコンディションで台本を一度でもまた見ようということでしたね。それなりに最善を尽くしたかったんです。それが視聴者に対する礼儀だと思います。”

-イ・ソンジュドラマチーム長が台本を見て“大衆性と興行力をすべてそろえた”と言ったけれど。

“ひとまず人々が好きな俳優らが出てくるでしょう。ソン・へギョとヒョンビン,見れば本当に綺麗です。顔も,することもいくらでも綺麗なのです。一度はへギョが‘私がこんなに演技ができないなんてわからなかった’と言いました。

そうしたところその次からとても上手だということがあります。
先輩らに助言を聞いて,日就月将しています。二十六の外にだめな俳優のそんな姿勢を見ながら,ファンになってしまいました。”

-専門職ドラマは初めてでしょうか?

“一度してみたかったです。先輩らはすでにして,同僚らも早く始めたが,私が遅れたんです。必要を感じました。視聴者らの欧米が変化していて,私も私たちのドラマよく見ないですね。(笑)それで私が生きる道が何か,勉強をしましたよ。”

-なぜドラマ製作現場を選択したんですか。

“私が仕事をする空間に対する感謝に対する献詞でしょう。私がよく分かると思っていたが,書いてみたらわからなかったんです。
資料調査を3人が半年の間したけれど,私が放送会社を知らないんだな,と思いました。

それと共に放送会社で仕事をする人々を誇らしく思って,反省するようになりました。

‘彼らが生きる世の中’を見ながら‘その子らも特別なことができない’という言葉を聞けばいいですね。その子らも大便をして,愛して,傷を受けるのだと。‘彼ら’がまさに私たちというものを逆説的に表現しようとしました。”

-製作の便りが知らされてから‘オンエア’と,比較になったけれど。

“ピョ・ミンス監督と専門職ドラマをしようといったのが4年前で,放送関係者を扱おうといったのは3年近くなりました。‘オンエア’とは明確に違います。

私たちのドラマは放送会社ドラマ局の部長,PD,助演出と同僚らを主軸でします。作家も,俳優ももちろん出てきて照明チーム,撮影チームなどスタッフらの姿もあらわれます。

でも主となるものはそれぞれのスタッフというよりは‘なぜ私たちがドラマを作るのか’に対する質問です。ドラマは愛,友情,義理を話すでしょう。果たしてドラマを作る私たちはそのように住んでいるかという諮問から始まりました。視聴者らが,ドラマを作るの人たちがドラマのように暮らせば何か問題があります。”

点滴を合わなかったのは13年ぶりに初めて

-今回の作品は軽くて気楽に書いたというが。

“私がちょっと重いです。それが課題でした。作家は重いことも,軽いことも,感動をもあたえるべきなのに,私は全体的に重くてつまりません。作家として行く道がさらに多いが,安住できないという考えに習いました。俳優は過程でもう少し明るく使おうと思ったドラマが今回の作品です。”

-精神的にも余裕がもっとありましたか。

“心がはるかに安らかでした。書きながらも笑った日が多いです。以前には泣いた日がもっと多かったんですよ。軽くなるから,ひとまず私が生きます。ドラマを書きながら,点滴に合わなかったのは13年ぶりに初めてなんです。そうでなくても骨を折ったがこれまでさらに骨を折るようにして,視聴者らにも申し訳ありません。‘彼らが生きる世の中’が大変な人々に興味が沸くドラマだったらいいですね。”

-ピョ・ミンスPDとは6年ぶりですね。

“また会っては‘私変わっただろうか?’互いにそうでした。
お互いができないことに対して目録を作るように話をよくして,病気の話も取り出して,勉強もしましたよ。

ピョPDとは鏡になって,お互いの誤りを照らしました。公開的には互いに称賛をよくするが,実際に会えばほめる時間がないです。何が悪くなったのか知って直さなければなりませんね。今回の‘彼らが生きる世の中’は人が見ながら,ピョ・ミンスとノ・ヒギョンの作品だといったことを知らなくさせたいです。”

-勉強はどのようにするんですか?

“最初は自己反省から始まります。私が自身をだましていないかずっと点検します。哲学勉強もがんばろうとしています。哲学の最初徳性が偏見を他破夏ということですね。哲学を本と経験の中で探して,心の勉強もしています。”

ドラマを書くというのは幸せなことです

-がすでに10周年が過ぎました。‘嘘’を通して得たものと失ったものはあるんですか?

“得たことはファンと自信,そして人気でしょう。失ったことは...また一度その光栄を楽しもうと思った欲望が正直にはありました。一度ヒットすればそこに安住して崩れる作家らが多いです。私やはりそのような誘惑をたくさん体験して,我流のような作品もありましたよ。”

-この頃奉仕活動に非常に積極的なのに,作品を書くのに影響があるんですか。

“あります。これまでドラマを重く書いたのは私の痛みだけ全部と思ったためでした。ところが奉仕をしてみたら私が無駄な振る舞いをした乞食.(笑)私に不平が多いんだ,愚かなんだ,と感じました。私が飢えて死ぬ人よりは骨を折らないですね。お腹がいっぱいでしょう。今年は特に北朝鮮問題が深刻でJTSで1ケ月に20日以上を仕事をしました。そんなに仕事をして骨を折ったのに点滴にあいませんでした。感謝する心のためだと思います。”

-ドラマを書くということはどんな意味でしょうか?

“とても幸せです。どんなふうに私のような子がご飯食べて生きているか,たびたび思います。ドラマというジャンルに称賛を送ってこそ適当です。始終一貫感謝した思いです。生まれ変わってもドラマを書くでしょう。正直に他の人らはなぜドラマを書かないのか変だと思ったこともあります。(笑)”

ノ・ヒギョンのドラマ

1995年短編‘税吏と樹脂’がMBCドラマ脚本公募に当選したが,‘ベスト劇場’‘ママのクチナシ花’がデビュー作になった。
‘世界で最も美しい離別’,‘嘘’,‘私たちが本当に愛したのだろうか’,‘悲しい誘惑’,‘バカな愛’,‘グッバイソロ’などの人がよく経験する孤独さと悲しみ,傷を扱いながら,逆説的に和解と容赦,治癒を話す作品らでマニアらはもちろん,‘花より美しくて’等を通しては大衆的にも愛を受けた。

来る27日初めて放送される‘彼らが生きる世の中’はノ・ヒギョン作家が‘グッバイソロ’以後2年ぶりにお目見えするミニシリーズだ。その間MBC創社特集劇‘奇跡’,KBS‘私たちを幸せにするいくつかの質問’など単幕劇を作業することもした。

特に最初のドネーションドラマだった‘私たちを幸せにするいくつかの質問’はノ作家とペ・ジョンオクなど共に‘心の勉強’をする人々が同意を集めて作った作品でも有名だ。

文化・放送界あいさつ50〜60人が一緒にしている‘心の勉強’集いは来月3日大規模法会も開催する。黄色い封筒の従順な招待状を記者にも渡しながら,ノ作家は3日午後7時ソウル,汝矣島私学年金会館2階講堂で開かれる法輪僧侶招請講演会に必ずきてくれることを,そして広く便りを知らせることを頼んだ。

ノ作家は奉仕活動でも言論にたびたび姿を表わした。彼女はペ・ジョンオク,ハンジミンなどと共に5年前から韓国JTSで奉仕をしながら募金キャンペーン,署名運動などに参加している。

JTSは第3世界貧困退治はもちろん四川省地震と同じ緊急災害地域のために奉仕するNGO団体で,“一度して終わらせようとした”というノ作家は“私は口で買うのに,からだと気持ちで生きる人々に感動して” 5年目活動中だ。

インタビューが終わった後にも彼女はJTS会議出席のために瑞草洞事務室へ向かった。顔が明るくなった理由を察することができた。

パク・ヒョジュ‘私は幸せです’で復帰
‘追撃者’パク・ヒョジュ‘私は幸せです’で復帰
[インタビュー]

今年初めの映画‘追撃者’でケミスーパーの前をうろうろして入らず観客たちに悪口を言われた女刑事.‘追撃者’で印象的な演技を広げたパク・ヒョジュ (26)が映画‘私は幸せです’で戻った。

‘私は幸せです’は現実がたまらなくて狂ってしまった患者の面倒を見なければならない看護婦がむしろ患者から慰安を得る皮肉としか言いようがない人間の生に対する話を盛り込む.

第13回釜山国際映画祭閉幕作に選定されて関心が集められた.

パク・ヒョジュは‘私は幸せです’で精神病棟の看護士役を担った。劇中ヒョンビンが誇大妄想症にかかって,病院に入院をするようになってパク・ヒョジュは彼を看護する。

劇中看護士で出演するイ・ボヨンとも共に呼吸を合わせる。
パク・ヒョジュは“映画全体的に見た時,最も現実的な人物だ”として“男主人公の治療過程を助ける人物だ”と紹介した。

“比重が大きい役割でもなくキャラクター敵でも大きい魅力がある人物ではなかったために欲が出ることはなかった”として“だがユン・ジョンチャン監督の‘鳥肌’を非常に印象深く見た。

監督ニムは女性の独特の魅力をよく引き出す能力がある方だ。それで監督ニムと共同作業してみたいという思いが大きくてそれで決定するようになった”と明らかにした。

‘私は幸せです’とは‘鳥肌’‘青燕’のユン・ジョンチャン監督がメガホンをつかんだ。“シナリオの全体的な感じがとても良かったということも小さい比重だが,選択をするようになった要因であるようだ”として“私が悩んでいた人生に対する視線と非常に似ていていた。作品はとても良くて私のキャラクターは地味だった。だがシナリオに強く引かれた”と打ち明けた。

パク・ヒョジュは‘私は幸せです’の撮影を短く終わらせた後,去る9月小劇場で演劇も一方上げた。演劇‘チョンサン裏から光化門まで’で2005年演劇‘おでん八が青年’以後イ・ウチョン演出との縁で出演を快く受諾したのだ。

パク・ヒョジュは“演劇は現場感があって良いです”として“観客らと近くにいて,観客に直接会った方が良い。妙な気持ちだ。まだベテランではないから演劇舞台上に立つのが蜜の味のようという訳には行かないがとてもときめいて緊張して楽しいのは明らかだ”と伝えた。

また“映画と共にカットの概念でなく一時間半の間ずっと続いて行かなければならないことなので難しいけれども多くの部分役に立つ”として“演技の呼吸も長くなって編集の助けなしで出ると見られられることなので演技スペクトラムを広げるのにも良い機会があっている”と話した。

最後に“映画でも演劇でも私ができる役割を度々捜し出さなければならないと思う”として“休みたくなくて絶えず舞台や映画の中で私の演技と私の人生を共に育てていきたい。絶えずその話の中で生きたい。

年を取っても療養をして休むのでなく演技に対して苦悩して冷めない情熱で演技したい”と伝えた。

‘クサセ’キム・ガプスカリスマ局長変身
キム・ガプスカリスマ毒蛇ドラマ局長変身
キム・ガプスが独善的で多血質的なドラマ局毒蛇局長に変身した。

キム・ガプスは27日初めて放送されるKBS 2TV新月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’で毒蛇と呼ばれる程独善的で,多血質的なドラマ局長キム・ミンチョルに扮した。

キム・ミンチョルは若い当時から視聴率と作品性あるドラマを作って,現場を離れ,局長でありながらも,作品性と視聴率と二匹のウサギをすべて捕まえる能力を認められた。

きつい性格のために人が近づくことができないキム・ミンチョルを表面で見る姿がすべてではなく,本当にドラマを愛する人だということを知っているチョン・ジオ(ヒョンビン)だけが彼の唯一の飲み友達だ。

キム・ガプスは最近ドラマ‘大王世宗’‘優しい女百日紅’‘過去を問わないで下さい’,映画‘特別市の人々’‘Mr.ロビンの誘い’,演劇‘ソンウ氏どこ行くんですか’を通じて,多様なジャンルと配役を完ぺきに消化しながら“やはりキム・ガプス”という賛辞を受けている。

‘彼らが生きる世の中’は最高の韓流スターソンへギョとヒョンビン主演,ピョ・ミンス-ノ・ヒギョン名品コンビの製作で2008年下半期最高の期待作に選ばれている。

またペ・ジョンオク,ユン・ヨジョン,キム・ガプス,キム・チャンワンなど硬い中堅演技者とオム・キジュン,ソ・ヒョリム,チェ・ダニエル,パン・ユゴルなど新人らの好演で現代を生きる私たちの話を暖かく生き生きと描く。


‘クサセ’キム・ヨングァン演技デビュー
スターモデル キム・ヨングァン,KBS‘彼らが生きる世の中’合流
‘チョン・ジヒョン スタイル’キム・ヨングァン‘彼らが生きる世の中’
演技デビュー

キム・ヨングァンが27日から放送するKBS 2TV‘彼らが生きる世の中’でドラマの中で浮び上がる新人俳優‘ヨンウン’を演じる。

最近チョン・ジヒョンが出演する携帯電話広告を通して‘服に不自由にしない男’で利用台の‘マナー良い男’と一緒になっている主人公だ。

キム・ヨングァンはソン・へギョ,ヒョンビン主演の‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン/演出ピョ・ミンス)に劇中浮び上がる新人の役割のヨンウン役を担った。

キム・ヨングァンが引き受けた劇中‘ヨンウン’はドラマでモデル出身の演技者で始めて,劇中でスターに成っていく過程を見せる主要な役割なので格別にノ・ヒギョン作家がキャスティングに慎重を期したという。

キム・ヨングァンは187cmの完璧なスタイルでミラノ,パリ コレクションでディオール オム,アレクサンダーメーククィーン,エトゥで,ビビアンウェストウッド,ウヨンビなどの有名ファッションショーランウェーに登場して,世界的にすでにその名前を知らせたことがありながら,国内では多様なCFとミュージックビデオ出演で少しずつ顔を知らせている。

特に去る6月に開かれたパリ2009 S/Sコレクションでアジア最初ディオールオムモデルに抜擢されて,すでに国内だけでなくアジア ファッション界で話題になった。

一歩遅れてドラマに合流したキム・ヨングァンはモデルと演技授業を併行しており,ドラマには劇中後半部から見られる予定だ。

TOPRSSSUK2

2008 - October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.