チャン・ドンゴン・ユン・ウネ・コ・ヒョンジョン..FA地殻変動中
契約金60億ウォンからゼロまで

演芸FA市場に類例がないほど大型スターらがあふれ出て,地殻変動が予想される。 大型スターらは60億ウォンから契約金ゼロまで自分らの進路を置いて多様な選択を企画中だと場合により大型マネージメントの誕生もなされるものと見られる。

最近芸能界の最も大きい関心事は専属契約が終わったチャン・ドンゴンの去就だ。 ハリウッド進出を目前に控えたチャン・ドンゴンは自他が公認するスーパースター. ウェルメイドスターエムと専属契約が完了した彼を迎え入れようとする動きと共にチャン・ドンゴンが自ら会社を作ろうとするシナリオまで多様な説らが出回っている。

チャン・ドンゴンは最大60億ウォンから40億ウォンまで契約金の話が出回っていて真偽有無も関心の対象だ。 だけでなくチャン・ドンゴンと同じ所属社だったヒョンビンとシン・ミンアも契約が終わってFA市場に出てきた状態だ。 二人がチャン・ドンゴンと共に動くのか,各自の道を行くかも関心事だ。

ユン・ウネ,コ・ヒョンジョンなど女性スターらの動きも無視できない程威力的だ。

CF系統の最も大きい手に浮び上がったユン・ウネが最近契約が完了しながら,水底接触がだいぶ熱い。 ユン・ウネが今まで一緒にしてきたマネジャーと共に仕事をするのか,でなければ他の会社を選ぶかもFA市場では深刻な問題だ。

FAトップスターリストにコ・ヒョンジョンも省けない。 現在ホン・サンス監督映画に出演中である彼女がどんな選択をするのかマネージメント社の触覚が逆立っている。

長い間の休みの間を送ったキム・ヒョンジュとSBSドラマ‘魔女遊戯’以後長い沈黙を守っているハン・ガインもマネージメント招聘1順位に選ばれている。

演技力が定評があった映画俳優らの動向も関心を集める。

チョン・ジェヨン,シン・ハギュン,キム・テウなどは映画撮影に専念していて近い将来所属社を選択する予定だ。 ホ・イジェとシム・ジホなど新鋭らも最近マネージメント契約が終わった状態だから多様な選択が予告される。

彼らだけでなく大型マネージメント社に籍を置いている俳優らが契約完了を控えて集団的に移動を考慮しているのも芸能界地殻変動に一役を買うものと見られる。

すでに席を移動した俳優らもある。

キム・ナムジュの場合最近ウェルメイドスターエムと専属契約を結んだ。‘美人図’封切りを控えているキム・ミンソンは最近TNエンターテイメントと契約を締結した。

最近景気低迷で苦痛をあじわっているマネージメント社らが今秋演芸FA市場の結果によりどんな方法で離合集散をするのか関心が集められる。