ソンへギョ,少しずつベールを取りながら,シチュエーション形式美展開
放送を待つ視聴者らののどの渇きをもう少し解消するために製作社YEGではドラマに対する色々な話を公開するほどだ。

現在‘彼らが生きる世の中’は放送局を背景にするという事実まで公開された状態だが,放送局の派手な容貌だけを照明した内容でなく,今を生きる私たちに‘最も俗物的だと認識されている放送局内の人々’の一般人と違うところがない本物の姿,愛と理解が必要な人間であることを描こうと思う。

既存ドラマの中でよく見られる家族と恋人の葛藤から抜け出して,実質的に私たちが最も多い時間を送る職場での同僚との関係を描くことで‘同僚の愛’という新しい視線を強調して,周辺の関係を今一度考えてみるようにする,生きる喜びがある世の中を描くドラマだ。

派手な表面の姿にメローだけを混ぜた専門職ドラマではないドラマ製作過程全般を見せながら,そのなかで起きる色々な仕事を描き出して,目新しい見どころを提供して,毎回ごとに主題あるシチュエーション形式で新しい形式美を追求すると明らかにしている。

ソンへギョ(チュ・ジュニョン),ヒョンビン(チョン・ジオ)の出演とピョ・ミンス/キム・ギュテ監督,ノ・ヒギョン作家の作品というものだけでも大いなる関心を受けている‘彼らが生きる世の中’.

今回公開されるドラマに対するまた他の情報は視聴者らにとってドラマに対する期待の数値をより一層引き上げて,放送関係者の核に浮び上がることと期待される。



KBS 2TVで10月27日初めて放送される‘クドゥリサヌンセサン’はピョ・ミンス,キム・ギュテ監督の感覚的な演出,ノ・ヒギョン作家の作品性,そしてソンへギョ(チュ・ジュニョン),ヒョンビン(チョン・ジオ)とペ・ジョンオク(ユニョン),ユン・ヨジョン(ミンスク),オム・キジュン(ギュホ),チェ・ダニエル(スギョン),ソ・ヒョリム(イム・ヘジン),パン・ユゴル(チョリ)などの好演で現代を生きる私たちの話をより訴える力濃厚に送る予定だ。