イ・ボヨン中国ロンチン行事招待
ピ-イ・ボヨン,共にレッドカーペット踏む
歌手ピ(本名チョン・ジフン)と俳優イ・ボヨンが‘大韓民国を代表するモンブランの恋人’で選定,中国で一緒にレッドカーペットを踏む。

ピと,イ・ボヨンは中国,北京国立室内体育館で開催される‘モンブラン’の‘スターニコラスルセクウォッチ’ロンチン行事に韓国代表に招待された。

今回の行事には世界的な俳優であるヤン・ジョウィ(トニー・レウォン)とチャン・ツィイーを初め,リビングビングなど中国内スターらと記者団,アジア各国のVVIPをはじめとする世界各国の著名人など約3,500余人のゲストが一緒にする予定だ。

二人の俳優は‘モンブランスターニコラス ルセクウォッチ’の本格的ロンチン行事が進行される11月7日,国内およびアジアを含んだ世界各地の記者団と共にインタビューを持って,午後9時頃レッド カーペットを共に踏む予定なので目を引く。

モンブラン側は“ピは中国を含んだアジアですでに韓流スターへの位置づけを固めた俳優兼歌手であり,去る2008年北京オリンピック閉幕式でオリンピック主題歌を歌うなどアジアでの影響力が高い。

イ・ボヨンは中国に放映された‘ゲームの女王’,‘ソドンヨ’等のドラマによって人気急上昇中であり,東洋的ながらも洗練されたマスクを持って,モンブランの伝統的ロクショリ ブランドイメージとよく合って,二人の俳優をモンブラン行事に招くようになった”として招請理由を明らかにした。

一方,ピは去る9日午後京畿道日産MBCトゥリムスタジオで国内初めての復帰舞台を持ちながら,成功的なカムバックを知らせて,イ・ボヨンは去る9日ヒョンビンと共に出演した映画‘私は幸せです’が第13回釜山国際映画祭閉幕作に選ばれて,試写会および記者会見に参加した。

PIFF釜山国際映画祭終焉記録























シネマ天国釜山,その9日間の記録

◇10月9日
閉幕作‘私は幸せです’の主人公ヒョンビン(26)とイ・ボヨン(29)が釜山にきた。
二人の俳優はこの映画を通して,これまでの裕福なイメージを振り切ろうとするように下積み人生を演技した。

ユン・ジョンチャン(45)監督は“以前に苦労をしたことがない俳優ばかりで現場で監督が悪魔のようにいじめまくった”と冗談半分真実半分するなど雰囲気は愉快だった。

ただ,通訳が正しく準備されなくて中国語圏取材陣が困難を体験するなど運営上の問題点は相変わらずだった。

この日のスターは香港から来たウォン・カーワイ(王家衛・50)監督だった。相変らずサングラスでおしゃれしたウォン監督は“釜山映画祭がとても親切だ”として有り難く思った。

彼が今年映画祭に持ってきた‘動詞西ドイツ’(1994)のリドクッス版は映画祭最高の話題作になった。入場券が早目に売り切れた。

現地釜山日報社が主催する父母の祭日映画賞が35年ぶりに復活,映画祭後半の雰囲気造成に一役した。‘夜と昼’(監督ホン・サンス)が栄誉の最優秀作品賞を受賞した。

◇10月10日
映画祭を決算する時間だ。

韓国の‘カカシらの土地’(監督ノ・ギョンテ)と日本の‘無防備’(監督イチイ・マサヒデ)が競争部門のニューカレンツ賞を受賞した。

この他にもシンジェ賞,PIFFメッセナ賞,国際映画評論家協会賞,アジア映画振興器具賞など各種授賞が続いた。組織委員会は今年映画祭観客数が歴代最多と発表した。

だが昨年19万8603人に比べて,わずか200人余りがもっとかかって,19万8603人を記録しただけだ。観客占有率は昨年75.8%で72.3%でむしろさらに落ちた。

9日間続いた映画祭はこの日午後閉幕作‘私は幸せです’を上映しながら幕を閉じる。

2008 PIFF大詰の幕を下ろす...
[アデュー!2008 PIFF]
笑って泣いた9日間の映画旅行

去る2日開幕作‘スターリンの贈り物’を始め9日間の映画航海を離れた第13回釜山国際映画祭が10日大詰の幕を下ろした。

60ケ国315編の作品が招請されて,歴代最大作品と最多観客動員という記録をたてた今年釜山映画祭はそのいつの時より物静かな雰囲気の中で進行された。

笑いも多くて仮面も多かった9日間の映画旅行の中に入ってみよう。

#‘笑った’豊かな映画,スターらの出逢い,熱狂的な観客呼応
今年釜山国際映画祭は作品数では歴代最大規模である60ケ国315編が6ケ劇場37開館で上映された。

全世界的に最初に公開されるワールドプレミア85編,自国他最初上映のインターナショナルプレミア48編,アジアで初めて公開されるアジアプレミア95編などは釜山映画祭の高まった地位を証明した。

特に映画祭史上初めてカザフスタンの映画を開幕作で選定した釜山映画祭は世界映画界で相変らず疎外された地域で残っている未知の映画を積極的に発掘してアジア映画を新しい観点で再解釈するところに努力を傾けた。

豊かな映画らで映画ファンらをときめくようにしただけに毎映画が売り切れ事例を記録しながら,観客らの熱い呼応を得た。

開幕作‘スターリンの贈り物’の入場券は前売り開始1分30秒ぶりに売り切れて閉幕作の‘私は幸せです’も7分6秒ぶりに完売した。

一般上映作前売りでも売り切れ行列は続いた。ウォン・カーワイ監督の‘トンサソドク リドクス’は46秒ぶりに,ニューコロンツ招請作であるクリスマルティネージ監督の‘100’と犬童一心監督の‘グーグーは猫だ’も1分中に売り切れる記録をたてた。

今年釜山映画祭があげたスローガンが‘頑張れ韓国映画’だっただけに韓国映画の困難を打開するのに少しでも寄与しようとする意味で多くの努力を見せた。

韓国を含んだアジア地域の映画関連ファンドを一ヶ所に集めて出会いの場を用意する‘アジアフィルムファンドフォーラム’をはじめとして,国内若いプロデューサーらが多様なプロジェクトを紹介して投資家を探す‘KPIF’などの行事を用意した。



一ヶ所に集まった全世界スターらは映画ファンらを興奮させるのに充分だった。ソゴク,菊池信之,パオルロタビアニ。アンナカリーナ,上野ジュリなどをはじめとして,アジア系ハリウッド俳優のムンブルドック,アロンユー,ジェームズケーソンリー,チャン・ドンゴン,イ・ビョンホンなど数多くのスターらの登場に釜山の夜は熱かった。

その他にも海雲台と南浦洞6ケ劇場37開館を中心に開かれたオープントーク,野外舞台,とても淡々,観客との対話などのプログラムは映画ファンらとし終えることができなかった話を率直に分けられる機会を提供した。

#‘泣いた’故チェ・ジンシル急報に運営未熟,ひんやりした閉幕式….

今年釜山国際映画祭は開幕式で伝えられた故チェ・ジンシルの急報と忠武路の不況のためなのか比較的静かな雰囲気の中で進行された。

唯一多くの問題点を見せながら,非難を買った昨年に比較すれば一層なめらかになった運営を見せたとしても歴代最多作品,最多観客動員という記録とは反対に毎年指摘される未熟な運営とひんやりした閉幕式などは残念として残った。



開幕式では進行者であるキム・ジョンウンのマイク事故が発生して,共に司会をしたチョン・ジニョンのマイクをかわるがわる使う笑うことのできないハプニングが行われて総9番の領事事故も発生した。

決定的に去る4日夜9時釜山,海雲台野外上映観で上映された映画‘スカイクローラー’が映写機と連結した発電機故障により52分間上映が中断されて,追加上映と返済措置を取るなどという事故が発生して,汚点を残した。

俳優らの舞台挨拶が20〜30分ほど事前説明なしで遅れる場合があるかと思えば映画‘グッバイ’の舞台挨拶はタキタヨウジロウ,モトキ,マサヒロなど俳優らが突然取り消してひんしゅくを買った。

また映画祭序盤だった去る2日から5日までにスター級俳優らが出演する‘スターロード’,‘オープントーク’等行事らが大挙追い込まれながら,後半部には祭りらしい映画祭の雰囲気が作られなかったという指摘もあった。

閉幕式でも開幕式と別に俳優らの出席率が低調で,多少ひんやりとしていた雰囲気でなされた。

閉幕式には閉幕作‘私は幸せです’のユン・ジョンチャン監督,ヒョンビン,イ・ボヨンとアン・ソンギ,パク・サンミョン,パク・ジュンギュなど何人かの俳優らだけが参加した。

PIFF記者会見,狂ったことが幸せだ


















▲ 9日午後シネマテーク釜山で開かれた閉幕作映画‘私は幸せです’(製作-ブルーストーム監督-ユン・ジョンチャン)の記者会見でユン・ジョンチャン監督(左側)が俳優らとのエピソードを話している。

[釜山]ヒョンビン・イ・ボヨン‘狂ったがむしろそれが幸せだ’
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕作‘私は幸せです’

映画‘私は幸せです’は精神病棟で会った患者と看護士の切ない疎通を描いた映画第13回釜山国際映画祭閉幕作だ。

タレントヒョンビン(26)が映画で幸せに狂った。
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕作‘私は幸せです’で辛い現実に耐えられず,結局狂ってしまった‘マンス’を演じた。

9日ヒョンビンは“演技者が経験をしなかった部分を演じようとすれば大変だ。僕が精神病者ではないから精神病者が出てきた映画,本などをたくさん探して読んだ。

撮影前日精神病院を直接訪ねて行くこともした。誇大妄想症患者などに会った。彼らと一発であって感じた部分を演技しながら,たくさん試みてみた”
と打ち明けた。

映画でヒョンビンは痴呆症の母,賭けに狂った兄などとぶつかりながら苦しんで結局自身も狂って,精神病院に閉じ込められる。空の紙に署名だけすればお金になると信じる誇大妄想症を見せる。

TVドラマ‘私の名前はキムサムスン’等で貴公子だったヒョンビンとしては多大なイメージ変身だ。




ヒョンビンは“突然キャラクターを変えるという考えはなかった。シナリオを良く見たので選択して作品をしながら最善を尽くした”と強調した。

“良くない結果が出てきてもまたすれば良い。まだ若い”としながら堂々としていた。“映画をおしながらとても荷が重かったが今考えれば本当に大切な時間だった。一生忘れない瞬間だった”と追憶した。




女主人公イ・ボヨン(29)も既存の大衆的印象とは違った演技をお目見えした。直膓癌末期で苦痛がるお父さんを数発する‘スギョン’役だ。綺麗な容貌のイ・ボヨンが人生にやつれた看護士で内面演技を表わした。

イ・ボヨンは“他作で娯楽映画をした。常に役が不足だと考えていた。変化したくて新しい姿を見せたいという思いで演技した。私が上手になり得るか怖くなるキャラクターだったがあえて試みた”として変身に対する負担を吐露した。“これからずっと演技できる自信を得た”と意味を付与することもした。




ユン・ジョンチャン(45)監督は“二人の俳優は家も金持ちと以前に苦労をしたことがない人たちだ。話をしてみれば何の考えもなかった”と直接的に表現,男女主人公を堪え難くさせることもした。

引き続きユン監督は“この頃若い俳優らの特徴だ。映画の中キャラクターと合わなかった。それで監督が悪魔のようにいじめまくらないわけにはいかなかった”として撮影現場の力に余ることを伝えた。

‘私は幸せです’は題名は逆説的だ。ユン監督は“主人公が現実の苦痛を勝ち抜くことができなくて狂ったがむしろそれが幸せだ。この頃人々は困難に近づけば簡単に人生をあきらめるなどたくさん弱くなった。

映画の中で暗いことはそれでも人生をあきらめないで生き残る。その時幸せだと見える”
と説明した。
“映画を見る人々に最小限の慰安を与えられるならば道理をみなした。興行を思っておした映画ではない”ともした。

ヒョンビンは“初めて釜山国際映画祭にきたが閉幕作の栄誉も得て,二重の慶事だ。初めにとても良い機会を得てより多い人たちが映画を見たら良いと思う”と期待した。

‘私は幸せです!’釜山を熱狂させた!
‘私は幸せです!’釜山を熱狂させた!
イベント現場,観客らの爆発的反応!

去る10月3日から5日まで釜山国際映画祭期間の間進行された‘私は幸せです!’のイベントが盛況裡に進行された。

今回のイベントは主演俳優であるヒョンビンとイ・ボヨンに対する関心だけでなく釜山国際映画祭の閉幕作に選ばれたウェルメイド映画という期待感がより増して,より一層爆発的に繋いだことで見なされる。

第13回釜山国際映画祭は今年作品数歴代最大で招請作60ケ国,315編“歴代最多ワールド+インターナショナルプレミア133編”が紹介されて派手に開幕した。

釜山国際映画祭が末に至りながら,閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’に対して関心が熱くならなければならない状況.
イベントでハガキが配布されて1時間ぶりに品切れになるなど釜山市民らだけでなく釜山国際映画祭の観客をひきつけて,映画に対する観客らの高い期待が証明された。

また,一般的なサイズの2倍の大きさのハガキ裏面には英文で映画情報を説明して,外国映画ファンらも列をつくって受け取るなど行事進行期間中ずっと人だかりを成し遂げた。

‘私は幸せです’は賭けに抜けて残して死んだ兄と痴呆症になって,家を出て行ったお母さんによって傷を受けて,誇大妄想症患者になってしまったマンス(ヒョンビン)とマンスが入院した病院の看護士で恋人に捨てられ直膓癌末期患者であるお父さんのために傷でいっぱいでな生活を送っているスギョン(イ・ボヨン)が彼らだけの幸福を求めていく話だ。

釜山国際映画祭有終の美を飾るヒョンビン,イ・ボヨン主演の‘私は幸せです’は残酷で疲れる世の中から抜け出そうとする人々間の教頭を卓越するように表現したユン・ジョンチャン監督の三番目の作品で封切り前から映画ファンらと映画館口座らの支持を得ながら,日に大きくなっていく関心を受けている。

TOPRSSSUK2

2008 - October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.