‘私は幸せです!’釜山を熱狂させた!
イベント現場,観客らの爆発的反応!

去る10月3日から5日まで釜山国際映画祭期間の間進行された‘私は幸せです!’のイベントが盛況裡に進行された。

今回のイベントは主演俳優であるヒョンビンとイ・ボヨンに対する関心だけでなく釜山国際映画祭の閉幕作に選ばれたウェルメイド映画という期待感がより増して,より一層爆発的に繋いだことで見なされる。

第13回釜山国際映画祭は今年作品数歴代最大で招請作60ケ国,315編“歴代最多ワールド+インターナショナルプレミア133編”が紹介されて派手に開幕した。

釜山国際映画祭が末に至りながら,閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’に対して関心が熱くならなければならない状況.
イベントでハガキが配布されて1時間ぶりに品切れになるなど釜山市民らだけでなく釜山国際映画祭の観客をひきつけて,映画に対する観客らの高い期待が証明された。

また,一般的なサイズの2倍の大きさのハガキ裏面には英文で映画情報を説明して,外国映画ファンらも列をつくって受け取るなど行事進行期間中ずっと人だかりを成し遂げた。

‘私は幸せです’は賭けに抜けて残して死んだ兄と痴呆症になって,家を出て行ったお母さんによって傷を受けて,誇大妄想症患者になってしまったマンス(ヒョンビン)とマンスが入院した病院の看護士で恋人に捨てられ直膓癌末期患者であるお父さんのために傷でいっぱいでな生活を送っているスギョン(イ・ボヨン)が彼らだけの幸福を求めていく話だ。

釜山国際映画祭有終の美を飾るヒョンビン,イ・ボヨン主演の‘私は幸せです’は残酷で疲れる世の中から抜け出そうとする人々間の教頭を卓越するように表現したユン・ジョンチャン監督の三番目の作品で封切り前から映画ファンらと映画館口座らの支持を得ながら,日に大きくなっていく関心を受けている。