PIFF‘私は幸せです’ストーリー
釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’映画ストーリー
釜山国際映画祭が今年閉幕作で選択した‘私は幸せです’という人生の大変さ疲れてることに関する映画だ。

映画の背景は精神病棟.

ここにちょうど到着したトボンモリチョンガーマンス(ヒョンビン)と看護士スギョン(イ・ボヨン)が中心人物だ。映画は二人の過去と現在を交差に見せながら,彼らがなぜ今の状況まできたのか落ち着いて見せる。

押し出しがすごいチョンガーマンスは誇大妄想症患者だ。メモ用紙を白紙の小切手と信じている原因でお金が必要ならただ金額を書いて署名すれば小切手になると思っている。お母さんはスイスに住む金持ちと信じている。

バイクに乗って時速200kmで走って,お母さんの邸宅に到着すればそこにはよく抜けた美女らが彼を待っているという妄想に陥る。病状が誇大妄想症だけに彼の現実は思いとは正反対だ。

痴呆症の母は度々家を出て行って人が良かった兄は今は賭けに抜けて,ともすると訪ねてきて“お金出せ”と腕力だ。誠実で優しいこの青年に人生はあまりにも大変で疲れていたのだ。

外形で見ればこの精神病棟の主看護士であるスギョンや精神病者のマンスでも格別差はないように見える。少なくとも何日は出ていなかったような頭に睡眠もまともに寝られなかったように唇にはかさぶたがある。

知ればスギョンもやはり苦しい人生でもがいている。以前ボーイフレンドだった医師は今は他の女とこれ見よがしに恋愛中だ。その上お父さんは病院で死ぬ日だけえを待っている。

病院費が増えながら,借金督促にも苦しめられている。患者と看護士で精神病棟で会うことになる二人は時々お互いに慰安をもあたえるがそれぞれの人生はむしろ悪くなるばかりだ。

マンスはますます強力な治療を受けるようになるが状態が良くならない。お母さんが訪ねてきても調べることができなくて兄の写真を見せても災いだけが出るだけだ。

スギョンもやはり月給が差押さえに当たりと他の病棟に追い出される危機に処したうえにお父さんの状態がますます悪くなりながら苦しむ。二人の苦しさを掘り起こした映画は結局観客らに質問を投げる。

精神病院のマンスは外でより不幸だったであろうか。こんなに人生に手にあまる人々に結局幸福というものがあるのだろうか。映画の題名‘私は幸せです’という結局反語的な意味なので映画は暗くならざるをえないが後半部彼らが辛さを越える可能性があることを見せる理由に一方ではおぼろげにある希望も持っている。

この映画の希望と絶望が説得力があったとすればこれはヒョンビンとイ・ボヨン二人の俳優の熱演に力づけられたことが大きい。ヒョンビンは全身でぶつかって悲しみの中に目に浮かぶ希望を見せながら‘インターネット魂最高のスター’で発展する演技者に新たに出て,イ・ボヨンもやはり多様な感情を描き出しながら,多作らを圧倒する演技を繰り広げた。

ずば抜けたデビュー作で話題になった‘鳥肌’(2001年)で登場した後‘青燕’(2005年)で韓国最初の女流飛行士パク・ギョンウォンの人生を描いたユン・ジョンチャン監督の3番目の映画で,最近亡くなったイ・チョンジュンの短編‘チョ・マンドク氏’が原作だ。

第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕式
[釜山国際映画祭閉幕式]イ・ボヨン-ヒョンビン,閉幕作主演俳優レッドカーペット
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕式が10日午後7時釜山,海雲台区スヨンマンヨット競技場野外舞台で進行された中で映画俳優イ・ボヨンとヒョンビンが入場している。

2日から10日まで開かれた第13回釜山映画祭は6ケ劇場37開館で60ケ国の315編が827回上映された。

去る2日開幕式を始め9日間の大長征を終えた第13回釜山国際映画祭は歴代最大規模である60ケ国315編の映画が上映されて19万8千818人の観客が上映館を尋ねた。

閉幕式司会を引き受けたチョ・ジェヒョンは特有の滑稽な話で共に司会をした女優イェ・ジウォンと閉幕作‘私は幸せです’の主演俳優イ・ボヨンをうろたえているようにしながら,観客らの爆笑を引き出した。

チョ・ジェヒョンはイェ・ジウォンに“私と一緒に釜山国際映画祭閉幕式司会を引き受けてくれという提案を受けてどんな思いをしたのか”と尋ねてイェ・ジウォンが“チョ・ジェヒョン氏がどのように面白くするのかと期待した”と答え“私は‘釜山映画祭がこれから閉幕式にさらに比重をおいて,一大勝負するんだな’と思えた”と言って,多くの拍手を受けた。

チョジェヒョンはまたイェ・ジウォンに閉幕式司会をした所感を尋ねて,イェ・ジウォンが“今年三回目に釜山映画祭に参加したが昨年には釜山英平賞主演女優賞を受賞した”と“所感がどうかといったところで,誰が自分の自慢をしろと聞いたのか”と面朴を与えて,イェ・ジウォンと観客らの爆笑をかもし出した。





ヒョンビン,初めて参加した釜山映画祭に閉幕作なので光栄です..

チョ・ジェヒョンのしゃれはここで終わらなかった。

閉幕作の主演女優イ・ボヨンに“主役を演じた映画が釜山映画祭の閉幕作に選ばれた時,私のように‘釜山映画祭が閉幕作にとても比重をおくんだ’と考えたか”と尋ねて,観客らが腹を抱えた。

イ・ボヨンも笑うのにしばらく答えることができない“釜山映画祭が有終の美をおさめるあの映画を選択して感謝して,私もうれしい”という機転の利く答を出した。



=慣行破ってスター級俳優大挙出席=

‘閉幕式にはスター俳優がほとんど参加しない’という通常的な認識とは違って今年の映画祭閉幕式にはスター級俳優らが大挙参加して,観客らにびっくりな贈り物になった。

司会を引き受けたチョ・ジェヒョンとイェ・ジウォン,閉幕作主役を演じたヒョンビンとイ・ボヨンはもちろんPIFFの副執行委員長であるアン・ソンギとカン・スヨン,パク・ジュンギュ,パク・サンミョン,チョン・ノミンなど20人に達する有名俳優らが参加して,イム・グウォンテク監督とチョン・イルソン撮影監督をはじめとする著名な映画関係者らが相次いでレッド カーペットを踏んだ。

ロッテルダム映画祭をはじめとする世界優秀の映画祭関係者らも大挙閉幕式に参加して,席を輝かせた。おかげでレッド カーペット周辺に1千余名も追い込まれて,席争いが激しかった開幕式の時とは違って比較的余裕でレッドカーペット近くで寄りついた100人余りの若い映画ファンらは拍手と歓呼を送りながら,連邦カメラ フラッシュを放った。



入場券を買ってこそ座れる一般席は閉幕式が始まる前に観客らでぎっしり埋まって,特にレッドカーペットに近い前面五行は口場が開始されるやいなやファンらで皆占領された。

また閉幕式に先立ち釜山銀行が行事場所入口に用意した‘フォト組’には記念撮影のために長く列をなして立っている観客らの姿も目についた。

釜山映画祭閉幕作選定,光栄です
[PIFF 13th]ヒョンビン,“精神病者の役割大変な挑戦だった”
“誇大妄想症演技のために精神病棟患者と対面”
“また撮るかと言えば撮らない作品”
“大変に撮影したが自分を振り返ってみる作品だった”

ヒョンビン・イ・ボヨン,第13回釜山国際映画祭の閉幕作である映画‘私は幸せです’(監督ユン・ジョンチャン)を持って9日間の映画祭りのフィナーレを飾る[2008 PIFF]

俳優ヒョンビンが第13回釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’の演技のために精神病棟に行ってきた経験を公開した。

イ・ボヨン-ヒョンビン,‘閉幕作たくさん愛して下さい’

第13回釜山国際映画祭閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’が9日午後ベールを脱いだ。

二人の俳優が釜山国際映画祭に公式に参加するようになったのはデビュー後初めて。

さらに‘私は幸せです’が映画祭閉幕作で選定されて,10日釜山,海雲台スヨンマンヨット競技場野外上映観で開かれる閉幕式行事を通して,全世界映画関係者らを相手に初めて初お目見えする。

すべて両漢ジャンルと作品を開幕,閉幕作でお目見えしてきた釜山が今年選択した‘私は幸せです’とは‘鳥肌’と‘青燕’のユン・ジョンチャン監督が演出を引き受けた。

これまで製作一切に対して知らされてこなかった‘私は幸せです’は映画祭を通して,初めて公開された。
ヒョンビンは“釜山映画祭を初めて尋ねたが,その終わりを飾るようになって,光栄だ”と初めての所感を明らかにした。

ヒョンビンは“初めて釜山を訪問したが,閉幕作に選ばれてたのでこんな二重の慶事を享受するようになるとは思わなかった。運が良かった。”として“まだ多くの方々には見せてはいないが映画祭を通して,この作品をたくさん知らされたら嬉しい”と伝えた。

ヒョンビンが‘私は幸せです’撮影のためにCF撮影も取り消した事実が一歩遅れて知らされた。ヒョンビンは皮膚病治療のため病院に一度行ってきたことを除いて,6週間中ずっと撮影現場を守った”と伝えた。


“イ・ボヨン氏と精神病者の映画をたくさん見ました”

今回映画でヒョンビンは疲れた生活の重さにやつれて,精神を病んでしまった男‘マンス’役を担って,怒りと狂気,あどけなさを行き来する演技をお目見えした。




ヒョンビン“精神病者役は始めから表現するのが大変だった”

劇中精神病者の役割を演技したことに対してヒョンビンは自ら悩んで準備をよくしたという。

“演技者が経験をしない部分を演技することはいつも難しく本当に大変なことです。今回の精神病者役は間接的な経験だけでわからない役なので悩みが大きかった。自らが精神病者ではなかったために,精神病に関連した映画をたくさん探して見ました。精神病に関わる本もいろいろ読んで撮影前は精神病院を訪ねて行って,誇大妄想,被害妄想症患者と会ったりもしました。二人で一度インタビューをしながら感じた感情をキャラクターに反映して,少しずつ試みました。”

“精神病役をしながら,実際僕が精神病者ではないので最大限多くの資料を探してみてイ・ボヨン氏と似た映画をたくさん見ることもした”
と映画に対する期待感も同時に表わした。

以前作品では見ることのなかったぼさぼさな髪で破格的なイメージ変身をすることになった理由に対しては“今まで突然自分のキャラクターを変えることはしなかったが,今回の作品のシナリオがとても良くて,内容をよく見て,自然に変化を与えていった。本当に最善を尽くしたと思う”“役が未熟楷書ということもあるが生半可な変身は嫌いです”と話した。

“‘私は幸せです’をしながらとても荷が重かったです。また撮ろうかと言われたらしません(笑).それほど大変でした。地方で3ケ月撮影した期間をおそらく一生忘れないです。今回の作品をしながら最善を尽くして,結果は皆さんが判断して下さるでしょう。”

“僕は幸せなのか反問した時,事実はまだよく分かりません。これは僕が選択したけど,皆さんが尋ねてくださらなかったら僕は真の不幸な人になります。あの医師とは違って不幸になりえるからです。一生生きていきながら悩まなければならない宿題になるようです。”

“俳優を始めるようになったのは僕を見に来た観客らのためであったしその観客らが自分の前にいなかったら本当に寂しい事になる”
として“観客らがいなくて,俳優として認められることができないならよりもっと最善を尽くします。僕はまだ若いので”

この日記者会見はイ・サンヨンプログラマーの司会でキム・ドンホ執行委員長,ユン・ジョンチャン監督,ヒョンビン,イ・ボヨンが参加した中で進行された。




ユン・ジョンチャン“イ・ボヨンはミコ(ミスコリア)出身,
ヒョンビンは金持ちの息子辛い役割で合わなかったが”


ユン・ジョンチャン監督が俳優ヒョンビンとイ・ポヨンが既存イメージと合わずに経た生活を送るキャラクターを引き受けるようになった時の憂慮を公開した。

“この映画は幸せな人たちの話ではないが‘私は幸せです’という逆説的な題名を作ったのは‘チョ・マンドク氏’という小説を読んだ時,主人公が現実に苦痛と困難に勝つことができず狂ってしまうが幸せになるためだった”と説明した。

ユン・ジョンチャン監督は記者会見で“映画の中での主人公たちが生きながらも避けることのできない問題,お金の問題,老人問題,老人問題,不治の病に対する問題などすべて良くわかるものなどないので敢えて映画で力を入れて強調した”

ユン監督が題目に‘私は幸せです’に変えたことに対して“小説を読んだ後人物が自ら‘幸せだ’と主張しているように感じた”“映画の中の人物が結局最後はそれぞれ苦痛が大きく波は過ぎたからこれからは幸せに行く夢を見ることもできないかと考えて,そんな逆説的な題目をつけた”と話した。

“ヒョンビンが出演するといった時は信じられなかった”“所属社が演技トレーニングさせようとこの作品を薦めたのではないかと聞いたら俳優がシナリオを読んで直接選択したといった”
と話し始めた。

ユン監督は引き続き“ヒョンビンはこれまで金持ちの息子役をたくさん演技してきて実際に家も江南にあってとてもよく暮らしている”“苦労したことがなくて,ヒョンビンがマンス役をよくやり遂げられるか心配したこともある”と明らかにした。

ユン監督はイ・ボヨンに対しては“イ・ボヨンもやはり苦労をしたことのない人だ。お母さんがミスコリアに出てみろと言われ出てみれば良くて演技も路上で一度してみろと提案受けて,すぐに主演をするようになった”“二人の俳優がキャラクターと合わなかった”と打ち明けた。

ユン監督はまた“二人とも話をしてみれば何の考えもない”“この頃の若い俳優らの特徴中一つはクールに暮らすという点”“それで監督がいじめなくてはいけない役割なので俳優らと現場で話をよくした”と説明した。

ユン監督は最後に“本人らが主人公らの人生をますます理解するようだった。すべての演技に熱心に臨んだ”“ヒョンビンはこの作品の撮影のために海外に行ってCF撮影することも取り消した”とほめた。




イ・ボヨン,“釜山国際映画祭初めてです”
イ・ボヨン,“閉幕作に選ばれてとても嬉しいです”“私は役が常に不足だと思う”[2008 PIFF]

映画俳優イ・ボヨンが第13回釜山国際映画祭(PIFF)の最後のお客に釜山を尋ねて,久しぶりに映画ファンらに会った。

イ・ボヨンが釜山国際映画祭を尋ねたのはデビュー後今回が初めてだ。
イ・ボヨンは9日午後2時釜山,海雲台シネマテークで開かれた‘私は幸せです’試写会後記者会見に参加して“私は常に役が不足だという考えをよくしている”として“そのために俳優として変身が必要だという思いで常に新しい姿を見せたかった。初めてこのシナリオを見たときはキャラクターがとても怖くてとても心配も多くてよくできるのかわからなかった。悩みもあったが監督ニムを信じて,助言と激励のおかげで熱心によく撮影できて楽しくすることができた”と映画を終えた所感を伝えた。

だが撮影は容易ではなかった。イ・ボヨンは“今回の映画はとても大変に撮った。ヒョンビン氏も私もこのように大変に作業したことは初めてだった”としながら“新しい感情線とキャラクターを表現するのが容易ではなかった”と説明した。

引き続き“ですが,その結果が映画祭閉幕作選定という結果と現れてうれしい。今回の映画を通して,新しいことをたくさん教わって演技に対してこれからずっとできる自信がもっと得られた”としながら今回の映画が自身を一段階跳躍させた契機になったことを表明しながら,パッと笑った。

イ・ボヨンは映画で精神病院医師と実演を体験して身体を収拾している渦中に精神病院に入ってきたヒョンビン(マンス)と出会う精神病棟の看護士‘スギョン’役を演技した。

愛する人との実演とお父さんから受けた傷を抑えがたく収拾する人物だ。イ・ボヨンは引き続き“劇中と同じようにストレスをたくさん受けた方ではない”としながら“ストレスを解く方法は家にいながら寝て食べて遊ぶ。それと共にスクレスを解く”と説明した。




この映画試写会後映画関係者らも“精神病院を舞台に広げる精神疾患症状を抱えているヒョンビンと人生の重さ感を深く抱いているイ・ボヨンの演技アンサンブルが良かった”として映画をほめた。

二人が注目される理由はチャン・ドンゴン,イ・ビョンホン,チョン・ウソンなど映画祭開幕式と以後2〜3日間瞬間的に映画祭の興味をかきたてたトップスターらが大挙ソウルに上がった後,観客モールができるイベントがなかったという点で最後の興行カードで台頭していること。

映画祭側関係者も“ヒョンビンとイ・ボヨンの終盤の活躍に期待感を持っている”として“現在までは例年水準の観客占有率を記録したが二人がどんな役割をしてくれるかにより至難に見えて良い結果を引き出すこともできる”と話した。

ヒョンビンとイ・ボヨンの新鮮な姿と深みのある演技力に会うことだけでも意味を持つ映画‘私は幸せです’は故イ・チョンジュン作家の短編‘チョ・マンドク氏’を映画化した作品。10日午後7時閉幕式以後上映して,公開を終える閉幕のフィナーレを飾る。

PIFF‘私は幸せです’言論試写会見
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕作‘ナヘン’言論試写会見

10月9日第13回釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’シネマテーク釜山で試写会終了後演出を引き受けたユン・ジョンチャン監督と二人の主演俳優ヒョンビン,イ・ボヨンの記者会見が開かれた。






















FILM2.0‘私は幸せです’閉幕作公開
釜山,閉幕作‘私は幸せです’公開
13回釜山国際映画祭の閉幕作‘私は幸せです’が公開された。

9日シネマテーク釜山では‘私は幸せです’の試写会が終わった後演出を引き受けたユン・ジョンチャン監督と二人の主演俳優ヒョンビン,イ・ボヨンの記者会見があった。

故 イ・チョンジュンの短編‘チョ・マンドク氏’を脚色した映画は兄の賭け借金で,お父さんの癌闘病で経済的,精神的困難に陥った若い男女を主人公にする。

クレジットカード延滞通知と時をわきまえず泣かせるカード会社の督促電話,身体放棄覚書など見慣れなくない風景が続く。

6週間にかけて,経済的,精神的に極度の困難に出会った人物らを演技した二人の主演演技生活をすべて一番難しい作業だったと口をそろえた。

ユン・ジョンチャン監督は“ヒョンビンやイ・ボヨンは裕福な家で生まれて,苦労を知らずに育った。悪い意味で話すのではなく容貌で見ても困難とは何かを知らない人たちだ。この映画を完成するためには悪役を自任しなければならなかった。”と話した。

付け加えて“世の中がたくさん難しくなったがこの頃若い世代らはとても簡単にあきらめるようだ。たとえ暗い内容を含んでいるがすべての苦痛を勝ち抜いた後には平安(ピョンアン)を訊ねるというものを見せてあげたかった。”として演出意図を明らかにした。

10月10日‘私は幸せです’を閉幕作で上映する釜山映画祭は8日間の祭りを終える。

写真ソク・ジウク

‘彼らが生きる世の中’スチール公開


ソンへギョとヒョンビンがKBS2‘彼らが生きる世の中’を撮影するスチールが公開された。
今回公開された写真はPDで分限チュ・ジュニョン役のソンへギョとチョン・ジオ役を担ったヒョンビンが撮影する姿.

写真の中で二人の主人公はかなり真剣な表情で撮影に臨んでいる。‘彼らの生きる世の中’は放送局の派手な姿だけを照明するのではなく職場同僚との関係を描きながら‘同僚の愛’という新しい視線を強調して,周囲の関係を今一度考えてみるようにする作品だ。

‘彼らが生きる世の中’関係者は“今回のドラマではドラマ製作過程全般を見せながら,そのなかで起きる色々な仕事を描き出して,目新しい見どころを提供する”として“毎回ごとに主題歌あるシチュエーション形式で新しい形式美を追求すること”と明らかにした。

一方‘彼らが生きる世の中’は来る27日初めて放送される。


ヒョンビン,それでも演技を続ける
ヒョンビン“視聴率,興行心配しない。若いので!”
“まだ若いのでもう視聴率や興行心配をする必要はないでしょう。”

俳優ヒョンビンがドラマ視聴率や映画興行に対する所信を明らかにした。

ヒョンビンは去る9日13回釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’時事直後持ったインタビューで“監督ニムとも話したが興行に対しては全く考えていない”と話した。

‘私は幸せです’は故・イ・チョンジュン作家の短編‘チョ・マンドク氏’を脚色したことで精神病棟を中心に傷ついた人物らの人生を入れた映画だ。 難解な作品ではないが,商業的に興行が保障されるほどの映画ではない。

ヒョンビンはこれに対して“興行よりはこの映画を見る準備ができる方々が来て見てくださればいい。 それでヒョンビン,イ・ボヨンという大衆スターが出てくる映画と知らせたくもなかった”と説明した。

ヒョンビンが視聴率,観客数に神経を使わないようになったのは最終回視聴率が50%を越えながら人気を呼んだMBCドラマ‘私の名前はキムサムスン’の影響もある。

ヒョンビンは“とてもはやく,一生また享受できないかもしれない視聴率を享受してみたというきがする。 10%,20%高めていく面白味もあるのに一方ではとても早くきたという思いになる”として“人が高いところにいて後で降りてくれば空しさがないことはない。 それでもカメラの前で私の役割をがんばって残りはまかせようと思う”と話した。

ヒョンビンは引き続き“それでも今までしてきた作品らすべて私がしたくてしたことで結果に対して後悔したこともない”として“まだ若いので。今少し視聴率が出てこなくて観客が聞かなければどうなのか. それでも演技をしたくないわけでもなくて,まだできることは多い”と付け加えた。


TOPRSSSUK2

2008 - October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.