イ・セウン俳優らの大部分は私と共にした後皆トップスターになった
イ・セウン,ヒョンビン‘もうちょっと親しくなることができなくて惜しい’

タレント イ・セウンがヒョンビンに対する惜しみを表わした。
これまでドラマで多様な配役を消化したイ・セウンは“共に演技した俳優らが皆成功したスターになった”と明らかにした。

2日放送されたKBS 2TV‘ハッピートゥゲザー-シーズン3’にイ・ソンジン,イ・ギョンソク,イ・ユンソクと共に出演したイ・セウンは彼女と共にした男俳優らに対する感情を明らかにして,大きい火災を集めている。

自身と共に作品をした男俳優でソン・イルグク,ヒョンビン,カン・ジファン,コンユなどを取り上げ論じたイ・セウンは“ソン・イルグクはドラマボディーガードで実の兄の役割をした後,わだつみでスターダムに上がった。

ヒョンビンはドラマの中撮影当時自分のストーカー役で出演した。
カン・ジファンは一日ドラマで,コンユとは単幕劇を一緒にした”など現在大韓民国最高の俳優席にいる男俳優らが皆自身と演技していたと明らかにして目を引いた。

その中でも特に彼女は“あの時は思うことはできなかったがヒョンビン氏はちょっと惜しかった。当時もう少し親密を積むことをすればよかったという思いがあった”という点を惜しさを吐露して話題を集めている。

この日放送でイ・セウンは学生時代内省的な性格のために‘屏風’というニックネームがあったと告白し一同爆笑させるようにした。

一方共に出演したイ・ユンソクはソ・ギョンソクのために夫婦げんかをするようになったエピソードを紹介した。軍服務を終えて最近放送に復帰したイ・ソンジンも色あせていない話し方を誇示した。