‘韓流ぴあ’日本に知らせる韓流雑誌
日本正統韓流雑誌‘韓流ぴあ’秋号
韓国エンターテイメント動向を日本に知らせる頂上の韓流雑誌‘韓流ぴあ’秋号(通巻14号)が9月30日日本全域で販売を始める。

表示は最近日本で成功的にコンサートツアーを終えたリュ・シウォンが飾る。

リュ・シウォンは去る6月から日本18ケ都市で30回の公演を成功裏に終えて休息を持つところだ。

リュ・シウォンは韓流ぴあ秋号とのインタビューで“2008年日本全国ツアーは私の自身にあっても意味が深い。

今まで日本活動は東京,大阪,名古屋など比較的大きい都市ら中心に進行したが,今回のように小さい都市でファンらに会ったことは初めてだ。

1〜2年に一回ずつはこのようにファンらに近く行く機会を作りたい”と挨拶を伝えた。

リュ・シウォンの8番目シングルアルバムである‘君と僕’(君と僕)が15日,バラードベストアルバムが11月19日に発売される予定だ。

2005年4月初めてのシングルだった‘さくら’(?)以後4年ぶりに出す初めてのベストアルバムだ。

以外にも最近活動を始めたコス,ソ・ジソプ,イ・ビョンホンのインタビューとペ・ヨンジュンをはじめとするキム・レウォン,キム・ソンス,パク・シニャン,ソン・イルグク,オム・テウン,イ・ミンギ,ジワン,イ・ジンウク,チャン・ヒョク,ヒョンビン,ビッグバン,ピ,シンファなどの近況も詳細に,報道する。

また,軍入隊直前インタビューを持ったチョ・ヒョンジェ,映画黄真伊の日本封切りを迎えたソン・へギョなどイ・ソンジェ,チャン・グンソク,チョン・ジェヨン,SS501のインタビューも収録されている。

注目されるスターでは最近デビューしたユーキス(U-kiss)とドラマ‘水がめ座’で新しい可能性を見せているパク・テヤンが紹介される。

一方,キム・ジェウォン,イ・ドンウク,ユン・テヨン,ダニエルへニー,ビッグバン,キム・ジョングクなど韓流スターらの日本現地インタビューも読者を待っている。

現在‘エデンの東’で大いなる関心を受けているパク・ヘジンが釜山のあちこちを直接紹介する企画も異彩を放つ。

日本メディアコンテンツグループ‘ぴあ(PIA)株式会社’が私のデイリーと一緒に製作する韓流ぴあは2006年3月月刊誌で創刊されて正確にはやい韓国エンターテイメントニュースでマニア層を確保しており月刊誌では異例の5万部販売を記録する驚くべき成果を見せて,2007年隔月刊に転換.一貫する成長の勢いで現地で大いなる関心を受けている。

ぴあ株式会社は日本国内前公演,イベント,映画チケット販売を主管しており,出版,公演製作などを合わせる総合メディアコンテンツグループだ。

マイデイリは2005年10月ぴあ株式会社と戦略的提携を結んで‘韓流ぴあ’を共同で製作している。
‘韓流ぴあ’の韓国内取材はマイデイリが専門担当しておりプレミアム写真データベースであるフォトデイリの写真を全面にかけて使われる高い写真を収録しているという点も韓流ぴあの成長に一助となっている。

マイデイリはぴあ社と雑誌‘韓流ぴあ’を共同製作する他にも,日本の二大移動通信業者であるKDDIとNTTを通して,韓国エンターテイメントニュースをモバイルでリアルタイム提供している。

釜山国際映画祭開幕.有名俳優総集結
第13回釜山国際映画祭,国内外有名俳優総集結
第13回釜山国際映画祭は来る10月2日開幕式に参加する国内外俳優を確定した。

今年は高まった地位ほど世界映画界で頭角を現わしている国内外数多くの俳優らが釜山を尋ねて,映画祭を輝かせる予定だ。

国内俳優では閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’のヒョンビン,イ・ボヨンをはじめとして,アン・ソンギ,カン・スヨン,パク・ヘイル,キム・ヘス,イ・ビョンホン,コン・ヒョジン,チョン・ジニョン,イェ・ジウォンなどが釜山行を予約した状態だ。

また日本ドラマ‘ノダメ,カンタービレ’で国内でも多くのファンらを確保している上野ジュリと中国の‘4台牛皇后’で呼ばれるリシャオル,米国のアロン ユー,韓国系俳優モンブラッド クッ,台湾のケリュンミ,香港のソ・チョヌ等も釜山国際映画祭で韓国ファンらと会う予定だ。

国内で開かれる最大規模の映画祭でアジアを代表する国際映画祭で名声を高めている釜山国際映画祭は今年60ケ国315編の映画を招請して,歴代最多作品水路来る10月2日から10日まで9日間派手な祭りを開く。

開幕式出席海外俳優(カナダ順,俳優の事情により出席の可否変更)

ケ リュンミ/ Kawi Lun Mei
リ シャオル/ Jacqueline Li(Xiaolu)
メルセデス カブロル/ Mercedes Cabral
モーンブラッドグッド/ Moom Bloodgood
ポムジグィ/ Fan Wing(Chi Wei)
ソ チョヌ/ Chui Tien Yu
アロン ユー/ Aron Yoo
アピニャサグル ジャロエンソク/ Apinya Sakul Jaroensuk

上野ジュリ/ Ueno Juri
イムヒレ/ Kelly Lin
ジェームズケースンリー/ James KysonLee

PD,アナウンサー放送局主人公作品多
‘PD,アナウンサー’放送局の人々,ドラマ主人公で‘脚光’
PDとアナウンサーなど放送局の人々がドラマの中主人公で脚光を浴びている。

現在放映中や放映を前にしてドラマの中では唯一放送局PDアナウンサーが主人公の作品が多くて目を引く。

去る8月放映を始めたMBC週末ドラマ‘私の人生の黄金期’には劇中イ・グム(イ・ソヨン)とラブラインを形成するコギョンウが登場する。

シン・ソンノンが演技する故場合は一時は上手く行ったがある瞬間から視聴率が5%を下回って,ニックネームが‘オプロ’の教養局PDだ。

イ・グムとコ・ギョンウはイ・ファン(モン・ソリ),ユ・テイル(イ・ジョンウォル)と共に劇を引っ張っていく主人公だ。

先月初め初めて初お目見えしたSBS週末ドラマ‘ユリの性’の主人公チョン・ミンジュ(ユン・ソイ)は劇中JBC放送会社の新入アナウンサーだ。

‘ユリの性’は放送会社新入アナウンサーチョン・ミンジュが財閥家に嫁に行ってまた最高のアンカーになるための過程を描く。

おかげで‘ユリの性’にはチョン・ミンジュの先輩である報道局アンカーパク・ソクジン(キム・スンス)の比重も高い。

‘ママが怒った’後続で4日初放映されるKBS週末ドラマ‘私の愛金枝玉葉’の主人公やはりPDだ。

後続で 4日初放映される KBS 週末ドラマ‘私の愛金枝玉葉’の主人公もPDだ. イ・テランが引き受けたチァン・イノは32歳のワークホリックラジオPDで一緒にプログラムを進行する伝説(キム・ソンス)とあれこれして愛に陷る. 週末ドラマらしく家族間の話もたくさん盛られるがラジオPDチァンイノの職業的哀歓も劇の中心に置かれる予定だ.

ソン・ヘギョとヒョンビンのテレビ劇場復帰作で期待を集めているKBS 2TV 新月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’もまたドラマPDが主人公だ。 ソン・ヘギョはしっかりしていてよどみない性格のチュ・ジュニョンPDで, ヒョンビンは指摘で能力のあるチョン・ジオPDでそれぞれ扮する。‘彼らが生きる世の中’は2人のPDがドラマ製作現場で孤軍奮闘しながら愛情を積みあげる姿を現す。

放送局PDやアナウンサーがこのようにドラマの主人公と設定される場合は以前にも多かった。

だがほぼ同じ時期に色々なドラマに同時多発的に放送局で仕事をするPDやアナウンサーが主人公に出た場合はなかなかめずらしかった。

ある放送会社のドラマ局長は“放送会社で仕事をする人々を主人公で打ち出したといって,こういうドラマらを皆いわゆる専門職ドラマと思うには大変だ”といいながらも“ドラマの台本を書く作家らがその他の人物らより放送会社で仕事をする人々を描き出すことでさらに自信があってするところに視聴者らもやはり放送局の人々に対する関心が高くて,こういう現象が加速化されるようだ”と最近の傾向を説明した。

ドラマカムバック,ソンへギョインタビュー
カムバックするソンへギョ“希望?多作俳優そして彼氏”
“多作俳優そして今は彼氏ができたら...”

今年二十八.いつのまに三十を準備する年齢になった俳優ソンへギョ久しぶりに会った。

ソンへギョ一問一答“三十頃?目下に先に感じて”
“ソンへギョが感じる三十頃だと..疲れるのが目の下にそのまま表現されるということ?”

ソンへギョと向かい合った場所は10月末放映予定の彼女のテレビ劇場復帰作,KBS 2TV‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン・演出ピョ・ミンス)の京畿道,利川オープンセット場.

ソンへギョは前と比べていっそう自由で気楽に見られた。

俳優として,また1人の女性としてソンへギョが20代後半である現在を生きていく態度は心の中で地図を描いたように鮮明だった。

劇中ドラマPDで登場する彼女は実際一線PDのように素顔でジーンズ姿をしたまま記者を迎えた。

ソンへギョはすぐ先に“男の友人ができたら良い”という風を躊躇なしで仄めかした。

“対話がよく通じる相手がすぐ私に一番良い人”という説明まで付け加えて。

ソンへギョは“30台になれば結婚も考慮しなければならない程”選択は容易ではないだろうという悩みもならべた。
何か違わないだろうか期待したがやはり同じ年頃の女性と別に違わない平凡な恋愛観.

しかし自他が認めるトップスターであるだけに実状恋愛はわずかでもながめる彼らの視線では一挙手一投足が話題にならざるをえないのがまた事実.

ソンへギョは過去‘公開恋愛経験’を迂回的に示唆した。
彼女は“すべての男女に恋愛は人生を美しくさせるかなり重要な要素ではないだろうか”と反問しながら“しかし大衆と呼吸する俳優の立場では少なくないストレスになった”と吐露した。

公開された関係に対する負担感の具体的な実例も難しく話し始めた。彼女は“視聴者あるいは観客らは俳優ソンへギョが出てくる作品に没入して突然誰の恋人という事を思い出させた”として“結局これは感想を邪魔して見る人の感情を半減させる役割として外に作用できなかった”と話した。

ソンへギョはある鳥からか自身を大衆の前に表わすように非常に惜しむ‘神秘化’の隊列に入ったようだ。
その時点は2004年放映されたKBS 2TVドラマ‘フルハウス’前後であった。

ソンへギョは例の微笑しながら“まだ神秘化が存在すると思うのか”欄問いと共に“今後の俳優ソンへギョはなるべく多くの作品で大衆と疎通して反面私的な面は最大限表わさない方向で行く”と念を押した。

公と私の神秘化は徹底的に区分するという立場であること.
ソンへギョは“何年間に海外活動を模索しながら感じた点は作品をとても選んだということだ”として“今は冒険を躊躇しない。
多様なジャンル,多様なキャラクターの実験を思いきり繰り広げる例えば多作俳優になる”と話した。

私的な領域の露出自制に対する態度はやはり明らかだった。
彼女は“結局演技者の元手は自身に内在している多様な姿”としながら‘露出は資金が足りなくなるようだ’というように“作品ごとにあらわれるソンへギョの多様な容貌を全て伝達するために私の本来の姿は表わさないでいたい”と明らかにした。




-いくらにもならないようだけど数えてみたら4年ぶりのドラマ復帰だ。

“再放送があまりにも出てくるからなのか。夏になれば‘フルハウス’,秋がくれば‘秋の童話’また冬なら‘オールイン’がケーブルTVを通して,絶えず出てきた。”

-今回のドラマではドラマPDが職業だ。
“過去‘フルハウス’を一緒にしたピョ・ミンス監督との約束を守ったわけだ。ピョ監督との呼吸は言うまでもなくノ・ヒギョン作家の作品に必ず一度出演したいという風があった。

ノ作家の文はとても大好きで,演技するのがさらに大変で控えめだ。累を及ぼすかと思って。”

-ドラマを通してPDの立場に立ったわけだ。
PDが俳優に真に願う点はどう考えてみたか。

“演技だけよくすれば良いのではないのか。”(笑)

-二十九の俳優ソンへギョ,どのような変化があるか。
“一日夜を明かしても目の下にダークサークルが陰を垂らす。
俳優として責任感がさらに強くなったようだ。演技に対する欲もさらにできるようで。”

-俳優なら,誰でも演出にも関心を傾けそうだけど。
“演技することも手にあまる。演出をしてみたいという彫金の欲はある。しかし今のことも手にあまって,別の考えは意欲が出ない。”

-とても痩せて成熟した感じだ。
“ドラマ‘秋の童話’と現在を比較すると私が見てもそのようだ。その時は裂けそうだった。(笑)一貫する運動が結局は答でないだろうか。ランニング,サイクリングなど有酸素運動をがんばる。”

-ソンへギョの映画を見てドラマでさらに光った。
“待っていて。映画で見せるから。”

-ドラマが終わればすぐにオ・ウサム監督との映画‘1949’が待っている。
“来年2月から台湾と中国,上海などの地を行き来しながら,本格的な撮影をするだろう。ドラマ撮影と併行して,中国語勉強をするのに気が動転する。

今回のドラマは私の生涯最も多い台詞量を消化する作品で記録されるだろう。それこそ山越し山だ。”

-あなたのハリウッド進出作人映画‘詩集’は今回の釜山国際映画祭に招待された。
“独立映画だ。ハリウッド進出作だと包装されたのがとても負担になる。単に内容が良くて,英語台詞になった作品に出演してみたいという思いだけだった。”

-日常のソンへギョはどうなのか.
“休む時は旅行も通って,友人らと遊んで,意気込む俳優は機会を持つ。家では時々料理もする。かなりの韓食はすべてする。
ママの話では私が作ったものがより良いといったけど。”

TOPRSSSUK2

2008 - October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.