ソンへギョ,猟奇溌刺な姿シンガポール新聞装飾
トップスターソン・へギョが猟奇溌刺な‘あばずれ’の姿でシンガポール新聞の扉をあけて飾った。

ソンへギョは9月初めシンガポールを訪問して進行されたKBS 2TV月火劇‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョ・ミンス)ロケーションで現地パパラッチの集中標的になったあげく‘アクションスター’の姿で現地新聞1面にのせられた。

シンガポール市内で進行された撮影で躍動的なアクションで痴漢を退治する場面が現地パパラッチに捉えられて,動作一つ一つまで詳細に紹介された。

ソンへギョはシンガポールで爆発的な人気を享受したドラマ‘フルハウス’のおかげで今回のロケーション期間中ずっと現地報道機関とファンらの注目をあびた。


ソンへギョは‘彼らが生きる世の中’で口封爵(初めての演出作)を演出するPDチュ・ジュニョンで登場する。
男らが主流をなすPD社会で孤軍奮闘する姿を見せるようになる。
ずば抜けた美貌より荒くて揺れたPDの姿を通して,新しいイメージをお目見えする予定だ。

ヒョンビン・ペ・ジョンオク・オム・キジュンなどが共に劇中PDおよび演技者で呼吸を合わせる。





タレントチョン・ソクウォン,歌手‘ピ’と誤認されて...シンガポール新聞1面装飾
新人演技者チョンソクウォンがシンガポールで歌手‘ピ’と誤解を受けて,パパラッチのフラッシュ洗礼を受けるハプニングが起こった。

チョン・ソクウォンは今秋放映予定のKBSミニシリーズ‘彼らが生きる世の中’で劇中チュ・ジュニョンPD(ソンへギョ)の作品に出演する俳優に出演,海外ロケーション撮影のため9月初めシンガポールを訪問した。

だがとんでもないソンへギョと並んで撮影するチョンソクウォンを歌手‘ピ’と誤認して,本市民らと取材陣らに追いかけられたりした。

このような余波でチョンソクウォンはシンガポール現地人らの熱狂で警護員らの護衛を受けたかとすれば帰国する日は空港まで駆け付けた約30人余りが贈り物攻勢を受けて,彼の所属社であるフォーレストENTこれからメールを伝えられていると関係者は伝えた。

チョンソクウォンは映画‘神機箭’,‘宿命’,‘鋼鉄中’とSBSドラマ‘ウォーキングマムチンジョンマム’でかっと安全要員で出演したことがありながらSKT ‘ヤンテ’編,ビール‘MAX’など各種CFなどにも出演して目を引いている。