PIFF閉幕作ユン・ジョンチャン監督
ユン・ジョンチャン監督,‘PIFF閉幕作選定光栄です’
第13回釜山国際映画祭(PIFF)記者会見が9日午後ソウルプレスセンターで進行された。

この日今回の映画祭閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’のユン・ジョンチャン監督が閉幕作選定所感と主役を演じたヒョンビンとイ・ボヨンに対する話をしている。

PIFF閉幕作ユン・ジョンチャン監督
“イ・ボヨン-ヒョンビン,演技欲大変”


今年釜山国際映画祭閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’を演出したユン・ジョンチャン監督が二人の主演俳優に対する無限の信頼を現わした。

9日午後ソウル,光化門プレスセンターで開かれた第13回釜山国際映画祭記者会見でユン・ジョンチャン監督は“ヒョンビンとイ・ボヨンの目新しい姿を見られること”と話した。

今年釜山国際映画祭は60ケ国,315便の映画を招請,歴代最多規模を誇る。

開幕作はカザフスタンルステムアプトゥラセプ監督の映画‘スターリンの贈り物(The Gift to Stalin)’が,閉幕作はユン・ジョンチャン監督の‘私は幸せです’が選ばれた。

特に不況の韓国映画のために‘韓国映画頑張れ’というセクションを用意して,多様な方面で韓国映画に力を与える計画だ。

故・イ・チョンジュン作家の短編‘チョ・マンドク氏’を脚色した‘私は幸せです’は精神病棟を素材に傷ついた人物群像を描いた作品. 映画‘鳥肌’と‘青燕’を演出したユン・ジョンチャン監督は“ヒョンビンとイ・ボヨンとは初めての作業だ。

二人の俳優が先に出演するという意向を伝えてきて二人が演技を深くしてみたいという欲があって,共に作業するようになった”と明らかにした。

“ヒョンビンとイ・ボヨン皆下手な点もあったが演技に対する欲があって良くしてくれました。 役が難しい作品で大変だったが十分力量を発揮したと思います。 二人皆見るより気さくで作品欲がある俳優と可能性が大きいと思います。”






この他にも歴代最多である315便の作品が招請された今回の映画祭は全世界最初に公開されるワールドプレミア作品もやはり歴代最多である85便に達する。 この他にも自国他全世界最初公開であるインターナショナルプレミアが48便,アジアで初めて公開されるアジアプレミアは95便で各集計された。

世界的な巨匠の新作や話題作,ワールドプレミアなどを紹介する‘ガラ,プレゼンテーション’,若くて有望な映画作家らを紹介する‘フラッシュフォワード’など11ケ部門に進行されながら,‘ルーマニアニューウェーブ’‘アニーアジア!’‘韓国映画回顧展’など特別展も開催される。

今年で13回目を迎える釜山国際映画祭は10月2日開幕式を始め10日まで釜山,海雲台,南浦洞一帯で繰り広げられる。

================================================

“ナヘン”PIFF閉幕作選定!おめでとうございます∼^^**

PIFF閉幕作'私は幸せです'
第13回釜山映画祭閉幕作‘私は幸せです’
10月2日開幕する第13回釜山国際映画祭(PIFF)の閉幕作に選ばれたユン・ジョンチャン監督の映画
‘私は幸せです’の一場面.(釜山国際映画祭組織委員会提供)




第13回釜山映画祭開・閉幕作はどんな映画?

開幕作カザフスタン映画‘スターリンの贈り物’
閉幕作ユン・ジョンチャン監督新作‘私は幸せです’


釜山国際映画祭事務局が来月2〜10開催される第13回映画祭の開幕作と閉幕作でそれぞれカザフスタン映画‘スターリンの贈り物’(The Gift to Stalin)と韓国のユン・ジョンチャン監督が演出した‘私は幸せです’を選定して,9日発表した。

‘スターリンの贈り物’はスターリンの暴圧が真っ只中の1940年代中央アジアに住んだ幼い子供の話を入れて‘私は幸せです’は精神病院を中心に傷ついた人物らの人生を投影する。釜山,海雲台と南浦洞一帯37ケ上映館で開かれる今年映画祭には彼ら開・閉幕作をはじめとして,60ケ国315編の映画が上映される。

スターリンの贈り物
◇みじめな暗黒期の童心...‘スターリンの贈り物’=カザフスタンの若い監督ルステムアプドラセプ(rustem abdrashev)監督が演出してロシア,ポーランド,イスラエルなどの色々な製作社が共同で製作した汎国際的プロジェクトだ。

映画の背景はスターリンの暴圧が真っ只中の1949年だ。
数多くの少数民族らが中央アジアで強制移住された時期の話だ。

主人公であるユダヤ人子供サシュカはシベリア横断列車を乗って中央アジアで強制移住されて,カザフスタンのひっそりとした村におりるようになる。共に汽車に乗ったおじいさんが強制移住途中亡くなったのでカザフスタンでサシュカは蚊帳の外だ。

一人ぼっち残ったサシュカが村に定着するのに助けを与えた人はカーおじいさんだ。だが村の人々に途方もない悲劇が近づいてちょうどイスラエルに送られたサシュカだけが生き残る。映画はサシュカとカーの関係を中心に冷戦と暴圧的政権の暗鬱な時期にも愛と信頼という肯定的な価値が変わらないという事実を見せる。人種と宗教,年令を超越した人間愛が感動的に繰り広げられる。

題名の‘スターリンの贈り物’は映画の中で2種類意味で登場する。一つは1949年当時ソ連政府がスターリンの70回誕生日を迎えて繰り広げた最初の核爆弾実験を意味する。

スターリンの誕生日贈り物である核実験は当時罪のない人々には死の贈り物になった。他の意味はサシュカの信頼と関連している。サシュカはスターリンの70回目誕生日に贈り物を送れば彼が両親に会うようにしてあげるという希望を持っている。







私は幸せです
◇精神病院の傷ついた霊魂...‘私は幸せです’=ずば抜けたデビュー作で話題になった‘鳥肌’(2001年)で登場した後‘青燕’(2005年)で韓国最初女流飛行士パク・ギョンウォンの人生を描いたユン・ジョンチャン監督の3回目の映画で,最近亡くなったイ・チョンジュの短編‘チョ・マンドク氏’が原作だ。

原作小説と同じように精神病院を背景で傷ついた人物らの心理を描いている。登場人物らは映画の題名とは違って皆不幸な状況に置かれているが幸福に対する希望を捨てない。

映画は主人公であるぼさぼさ頭チョンガーマンスが精神病棟に入院しながら始まる。

マンスは賭けに抜けた兄と無気力な家族による傷を心深く持っている。マンスは医者に紙で作った偽の小切手を渡しながら,自身が金持ちと誇示したり患者らを扇動して,病室で騒動を起こしたりもする。

看護士スギョンもやはりマンスほどの不幸な人物だ。
スギョンは医師とつきあって実演してお父さんから被った傷をかろうじて収拾している。

映画は精神病院という限定された空間で不幸だが幸福を夢見る人物らの話を深く描いている。

‘百万長者の初恋’以後2年ぶりに映画に出演するヒョンビンが精神病者の姿で破格的な演技変身をして‘ワンスアポンアタイム’のイ・ポヨンがスギョン役で出演する。


釜山映画祭,閉幕作“私は幸せです”
釜山国際映画祭,60ケ国映画315編招請
開幕作‘スターリンの贈り物’,閉幕作‘私は幸せです’

釜山国際映画祭組織委員会が9日午前釜山,海雲台グランドホテルでホ・ナムシク組織委員長とキム・ドンホ執行委員長などが参加した中で記者会見を持った。

10月2〜10日開催する第13回釜山映画祭に60ケ国,315編の映画を招請して,釜山,海雲台と南浦洞(ナムポドン)一帯37ケ上映館で上映すると明らかにした。

開幕作はカザフスタンルステムアプトゥラセプ監督の映画‘スターリンの贈り物(The Gift to Stalin)’が,閉幕作ではユン・ジョンチャン監督の‘私は幸せです’がそれぞれ選ばれた。

歴代最多である315編の招請作の中でPIFFを通して,世界初めて公開されるワールドプレミアも歴代最多である85編で,自国外では初めて公開されるインターナショナル プレミアが48編,アジアで初めて公開されるアジアプレミアは95編で各集計された。

特にPIFFの唯一の長編競争部門である‘新しい波(ニューカレンツ)’に出品した作品14編は皆ワールドまたはインターナショナルプレミアなのでPIFFの高い地位を反証した。

今回の映画祭は世界的な巨匠の新作や話題作,ワールドプレミアなどを紹介する‘ガラ,プレゼンテーション’と若くて有望な映画作家らを紹介する‘フラッシュフォワード’など11ケ部門に進行されて,短編映画とドキュメンタリー部門の授賞範囲をアジアに拡大した。

また去年カンヌ映画祭主要部門賞を荒らしたルーマニア映画12便を相次いで,紹介する‘ルーマニアニューウェーブ’,最近アジアの長編アニメーション流れを読める‘アニーアジア!’,ハン・ヒョンモ監督とキム・ギヨン監督の映画を一ヶ所で鑑賞できる‘韓国映画回顧展’など多彩な特別プログラムもお目見えする。





今年でスタート十一周年をむかえて,アジア地域の代表的なプロジェクト市場で席を占めた釜山プロモーションプラン(PPP)と撮影機術および機資材を取り引きする釜山映像産業博覧会(BIFCOM)等で構成された‘アジアンフィルムマーケット’は10月3〜6日釜山シクルラウドホテルとパラダイスホテル,プリモスシネマ,海雲台メガボックスで開催される。

今年釜山映画祭のハンドプリンティング主人公では香港のソ・クク監督とフランス女優アンナカリーナ,イタリアパオルでダビアニ監督が選ばれた。

PIFFの専用映画館で使われる釜山映像センター(トゥレラウム)が釜山映画祭開幕日である10月2日初のショベルが動いて,10月4〜5日にはアジア.太平洋地域14ケ国,37ケ都市の映画.映像政策責任者らが参加する‘テ・ヨンサン政策フォーラム(FPP)’が開催される。

今年は既存のインターネット前売り(www.netmarble.net)と一緒にモバイル前売りシステムを導入して,観客らが簡単に票チケットが買えるようになったが全体表意30%は現場で販売することにして,夜を忘れた映画マニアたちのために南浦洞(ナムポドン)でも深夜上映をする計画だ。

今回の映画祭期間に犬.

閉幕作のメガホンをつかんだルステムアプトゥラセプ,ユン・ジョンチャン監督と共に香港のウォン・カーウァイ,ソ・ゴク監督をはじめとする世界有名監督とヒョンビン,イ・ポヨン,日本の綾瀬ハルカなど国内外スター級俳優らが大挙釜山を訪問する予定だ。

開幕式は10月2日午後7時スヨンマンヨット競技場野外上映館で派手に開催される。ホ・ナムシク組織委員長は“気忙しいもの一番最初に思い浮かぶ文化アイコンが釜山映画祭”としながら“高くて青い秋に夢と感動が押し寄せる‘映画の海’釜山で皆さん皆を招く”と話した。

=================================================

ナヘンもいよいよですね^^*

TOPRSSSUK2

2008 - September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.