idsTrust,ウェルメイドスターエムに‘ワイズワン’供給
エンターテイメント社が企業コンテンツ管理(ECM)エンジン基盤のグループウェアを通して,多様な形態のコンテンツを迅速で効率的に管理して,ビジネス プロセス革新に出る。

アイディーエスアンドトラストはチャン・ドンゴンをはじめとして,ヒョンビン,ハ・ジウォンなど国内有名芸能人の所属社であるウェルメイドゥスタエム(www.wellmadestarm.com代表ピョン・ジョンウン)に自社開発したECMエンジン基盤のグループウェアの‘ワイズワン(wiseOne)’を提供すると3日明らかにした。

これでウェルメイドスターエムは意志伝達および決裁をオンラインを通して,リアルタイムで処理できて,業務処理時間短縮とリアルタイム意志決定が可能になった。

また協業文化を構築して情報共有はもちろん迅速な情報処理が可能で,情報競争力が大きく向上するものと見られる。特に共有開放参加の経営革新を通して,コスダック上乗企業として企業信頼度が向上されるものと見られる。

子供ディーエスアンドトラストキム・ドヨン所長は“ウェルメイドスターエムの会社情報,日程などリアルタイム共有が重要な所属マネジャーらが‘ワイズワン’を活用して効率的なスケジュール管理が可能になって,時間競争力が強化される”としながら“既にKMSで提供したCoPをグループウェア内に提供することによって迅速正確な組織コミュニケーションが可能になって,創意的なアイディアが中心になる企画会社特徴を最大限生かせてウェルメイドスターエムの競争力と価値向上に寄与する”と話した。

アイディーエスアンドトラストが自社開発した‘ワイズワン(wiseOne)’はECM(Enterprise Contents Management)基盤と設計されたエンジンでグループウェア内コンテンツを効率的に統合管理することができる。

電子決裁,掲示板,資源予約などのコンテンツ生産過程で使用者が必要な部分は個人化されたポータル画面に直ちに反映されて,自身に必要な情報をまさに確認できる。

またウェブ2.0設計プラットホームAJAX (GWT:Google Web Tool Development Framework)を適用して強力なUIを提供しながら,ウェブ サービスを活用して,前私的資源管理(ERP)と安全で迅速な統合環境を具現することができる。

電子メールの場合多数の受信人で貼付ファイルを送っても一つのコンテンツを共有する方式を通して,コンテンツ管理の効率性を高めた。