ソンへギョ-ヒョンビンシンガポール現地ファンら熱い空港歓待
俳優ヒョンビンとソン・へギョが同伴でシンガポール行飛行機に乗った。

ピョ・ミンスPDノ・ヒギョン作家の再結合だけでも関心を引いているKBS 2TVドラマ‘彼らが生きる世の中’製作スタッフおよび演技者らが海外撮影のために30日シンガポールに出国した。

1日シンガポールに入国し,二人はこの日ピョミンスPDなど製作スタッフらと共にシンガポールに入国する過程で空港で待った数百人ファンらの熱い歓待を受けた。

ソンへギョはドラマ‘秋の童話’‘フルハウス’などを通して,中国と香港,台湾など中華圏とシンガポール,タイなど東南アジアで高い人気を見せている。

ヒョンビンもやはり‘私の名前はキムサムスン’などを通して,東南アジアで厚いファン層を確保している。

ドラマ製作スタッフのある関係者は“ソン・へギョとヒョンビンが入国当時多くのファンらに追い込まれて,製作スタッフがびっくりした。ソンへギョの人気が特に高いようだ”と伝えた。

2週間で進行する今回の撮影分は劇中PD扮するソン・へギョ(チュ・ジュニョン)の劇中ドラマ撮影のための場面でシンガポールとビンタン現地を舞台にソン・へギョをはじめとして,ヒョンビン(チョン・ジオ)とイ・ダイン(ミンフィ),オ・ヨンジュン(ソン・ソユ)等が出演撮影に臨む予定だ。

特に今回の撮影はソン・へギョとヒョンビンの撮影が確定した何ヶ月か前から現地言論および関係者らの熱い関心を受けて撮影中ずっと現地の熱風がすごいものと予想されている。

製作社側は2日“今回の海外撮影場所は‘彼らが生きる世の中’製作社YEGとピョ・ミンスPDが数回にかけた事前実地調査と現地観光庁の幅広い支持によって決まった場所でドラマ内の映像美を一段階アップグレードさせてくれるもの”と期待して明らかにした。

あるドラマ関係者の話によれば撮影のために出国前衣装と小物一つ一つにまで万全を期する‘彼らが生きる世の中’スタッフの姿にドラマに対する愛情を見られたという。

ヒョンビン,ソン・へギョなど韓流スターらの出演で国内だけでなく海外でも大いなる関心を受けている‘彼らが生きる世の中’は来る11月KBS 2TVを通して放送される予定だ。