チャ・スンウォン,ドラマ版‘チング’特別出演
チャ・スンウォンがクァク・ギョンテク監督との特別な縁でドラマ版‘チング’に特別出演する。

来る31日封切る映画‘目には目歯には歯’(以下ヌンヌニ)で俳優と監督で会って,縁を結んだチャ・スンウォンがクァク・ギョンテク監督の映画‘チング’のドラマ版である‘チング,その終えることができなかった話’(仮題)(クァク・ギョンテク演出,クァク・ギョンテク,ハン・スンウン脚本)2回分に出演することになった。

ユ・オソンをスター隊列に上げて,チャン・ドンゴンの演技変身を持ってきた映画‘チング’は去る2001年封切り当時18才以上観覧可にもかかわらず多くの人気を集めた興行作品で,今回クァク・ギョンテク監督が映画に続きドラマ演出を引き受けるようになった。

チャ・スンウォンはドラマ時‘チング’で3回分だけ登場するがカリスマあふれる役目で出演, 短い分量にもかかわらず強烈で強い印象を残すキャラクターで演技を引き受ける予定で,特別出演計画は映画‘ヌンヌニ’撮影中に決まったことが伝えられている。

チャ・スンウォンは映画‘ヌンヌニ’製作発表会場でいつからかけだるい感じのドラマは“面白くなくなった”“悪賢い悪役も良くて現代人の心理を反映した作品も良いようだ”と次期作に対する考えを打ち明けたことがある。

一方,2009年MBCを通して,放映予定のドラマ‘チング,そのし終えることができなかった話’はチャン・ドンゴンが演技したドンス役にヒョンビンが,ユ・オソンが引き受けたジュンソク役にはキム・ミンジュンがすでにキャスティングされた状態で,キム・ボギョンが演技したジンスク役は新人女優の中で探し中だ。総20部作で来る10月中旬初撮影に入って来年6月頃放送される予定.

ドラマ‘チング’はクァク・ギョンテク監督が設立した製作社ジニン社フィルムとアミューズコリアが共同で製作する予定であり,歌手ボアの日本所属社で有名なエイベックスが先販売形式で投資すると発表された。

映画とまた他のどのような話をドラマを通して見せてくるのかすでに期待を集めている作品だ。

==================================================

アイル&ボディガ...^^