おかしなおばさんたちのどうも怪しい“私のお金検索”

“ガールスカウト(監督キム・サンマン製作)”はコミック生活ライブ・アクションだ。 取られた掛け金を探すためにみな固く団結したおばさんたちに経ることがない。 悪とカンで持ちこたえるおばさんたちはお金失ったのも佗びしいがお金探すのはさらに容易ではないということを知るようになる。



美術学院(塾)ワゴン車を走らせながら“一日儲けて、一日食べて”生きるミギョン(キム・ソナ)、町内マートで終日足がぶよぶよ吹くように仕事をするイマン(ナ・ムヌィ)、息子病院費を用意するためにがめつく生きるポンスン(イ・ギョンシル)。ポンチョン3棟おばさん3人衆は美容室ソン院長(イム・ジウン)が自分らの“血のような”掛け金を持って夜半逃走して、恐慌状態に陥る。 とうていお金を放棄できなかった彼らはソン院長がしばしば行き来するというミナリ水霧カフェに訳もなく潜伏する。

話は彼らどうも怪しいおばさんたちの“私のお金検索プロジェクト”同行期だ。 おばさんたちは座り込むよりお金を探すために直接出る。 ここにゴルフ場キャディーであり、社債不良顧客であるウンジ(コ・ジュンヌィ)と詐欺分譲した会社の債権を横取りした詐欺師ミン・ホンギ(パク・ウォンサン),そして“正体が分からない”サービス業者解決者イ・ジョンデ(リュ・テジュン)がからまって入りながら、一度大騒ぎ煩雑が行われる。



話は女傑4人衆を中心に広まる人間群像らのめちゃくちゃ騒動劇だ。 キャラクターのコミック演技で始めて,日常のわずかな笑いを与えた映画は本格的な“お金検索”追撃シーンが行われながら、かなりのアクション映画を凌駕するほど迫力感あるように描かれる。 手のつけられない状態式おばさんたちの舞台にお金を置いて儲けは追って追われる関係は随時逆転する状況劇の形式で置換される。その一方でお金の前に弱くなるほかはない女性らの哀歓が薬味で詰められる。 “ギョンムル誕生日”と女傑4人衆は目の前にお金が見られて、心が揺れる。 結局ポンスンは5倍を与えるというソン院長のそそのかしに抜けて,社債を返すためにウンジは債権をこっそりと引き出す。 だが監督は彼らの選択に共感を呼び起こす演出力で“なぜ彼らがそのような選択をするほかはなかったか”を自然に移入させる。そうですがさわやかな感じは少ない。 コメデイ映画と下記には重くて、ヒューマンドラマというには感動が弱い。 時々俳優らのさっさっと走る大使がおもしろいが、口元を行われるようにする破壊力はない。 また家族の大切さ、その前に体のみで単独で捨てた女性の哀歓は胸をそれほど大きく泣かせない。 周辺部だけ刺激することは反復の話も感動の冗談が相対的に浅い。 6月5日封切り。