キム・ソナ“大変な事経験しても明るいイ・ドンゴンにありがとう”
キム・ソナが初めての呼吸を合わせるようになった相手俳優イ・ドンゴンに内心感謝の気持ちを伝えた。

キム・ソナはMBC月火ドラマ後続で来月16日初放映されるで女主人公ホ・チォフィ役を引き受けて3年ぶりの茶の間復帰を成し遂げる。

現在日本ロケ撮影中のキム・ソナは“サムスニイメージを避けようとしようがしなくても視聴者たちは私をサムスニイメージをどの位思い出させることだと思う”と“あえてその時のキャラクターを避ける理由はないと思う。

新しい作品でも‘サムスニ’とある程度似たイメージがあらわれるだろう。 しかし度重なりながら,サムスンでない新しいホ・チォフィキャラクターを見つけるようになる”と言った。

引き続き“私の場合, 最初の台本の感じを一番重要視する方だ。 私一人にだけなるのではない相手俳優との呼吸が非常に重要なため。そんな点でイ・ドンゴン氏は相当なセンスがある。 たまに投げる一言の冗談が普通ではない。感性が本当に豊かな友人だ”と

“何よりもドンゴン氏が大変な事を経験してからいくらも経たない状態でも明るく撮影に臨んでくれてありがとう。 後で時間が流れてこのドラマを通して,心をもっと早く揺り動かしたら良い”と言う風と共にイ・ドンゴンに対する暖かい関心も共に頼んだ。

ホ・チォフィが日本で密売取り引きされる文化財を取り締まるために日本取引業者に変装して潜伏勤務する場面などをおした。 このためにキム・ソナは着物を着て裸足で走る気難しい場面などを消化したりした。


キム・ソナ・イ・ドンゴン“南大門火事胸が痛んで恥ずかしかった”
劇中で文化財と格別な縁を結ぶようになったキム・ソンアは国宝 1号南大門(崇礼門) 放火事件を見ながら受けた衝撃を吐露した。

キム・ソナは“TVで南大門が燃える姿をいきいきと見た。 胸が痛かくて, なんだか分からなく恥ずかしかった。 途方もないものが消えるという思いにみじめさを感じた”と明らかにした・

また日本の文化財管理現実と比較も忘れなかった。そんな時このドラマに会ってそう思えば縁があったことで日本では撮影場所ほとんどが文化財に指定された家と建物, その通りだから, 易しく撮影することができた時はなかったと. キム・ソナは“撮影人数制限, 時間厳守など厳格な条件が付いたが日本の人々が文化財に対して持っている大切さを思う態度に対しては見習うだけのことはあると感じた”とMBCを通じて伝えた。

これと関してイ・ドンゴンも“(崇礼門火災を見ながら)私たち皆が文化財に対する関心が大きく不足したようでこれを反省した”と“このドラマでは文化財の大事さと偉大さを重くないように描くはずで視聴者に何やら意味を伝達してくれることができれば良いだろう”と話した。

キムソナは“ロマンチックコメデイで終わるのではなくうまく扱えば文化財に対して十分に視聴者らに訴求できて,この作品を選択するようになった”と\\\\\\\\\\\\\\'夜ならば夜ごと\\\\\\\\\\\\\\'をカムバック作で選択するようになった背景を明らかにした。

イ・ドンゴン“キム・ソナ年齢差全然感じる事ができない”
イ・ドンゴンは相手役を引き受けたキム・ソナに対して“演技呼吸には大満足だ。とても柔軟な俳優であることを新たに感じた。

私もシナリオどおり演技する方ではないのに相手役として私がどんな演技をしても柔軟によく受けてくれることができるそんな俳優だ”と“年の差を全然感じる事ができないほどに自然でお互いに呼吸よく合わせてしている。むしろ私が助けを借りれば受けようか”と笑いを見せた。

今回ドラマで文化財の大切さ, 偉大さを重くないながらも視聴者たちに何か意味を伝えるようにする”と明らかにした. 自分の配役を消化するために“文化財に対する勉強よくしたという訳には行かないがあれこれ資料も捜してみながら視聴者らに粗雑に見られないように努力して勉強している。”

最近進行された‘夜なら夜ごと’日本現地ロケ撮影場でイ・ドンゴンは“率直で人間的な人物の面貌を遺憾無く見せて視聴者らに共感を引き出したい”と素朴な告白をした。

イ・ドンゴンが“率直に映画‘今愛する人と生きていますか’以後己惚れたようだ。 ドラマで映画に移りながらあちこちで称賛も受けながら,演技をして見たら己惚れたという気がする”と“それで作品選ぶにも時間がかかった。

告白するが自らをちょっと過大評価したようだ。 その間さまざまな事で悟った部分もある”と恋人との別れ,弟の死などによって多くの考えをしたことを見当させるように率直な心を打ち明けたりした。

‘夜なら夜ごと’韓流を狙ったドラマで分類される. イ・ドンゴンは“事実上ぺ・ヨンジュン先輩と‘冬のソナタ’が道を開いた韓流の波に後輩としてただ運良く乗りこんだだけ”と言いながら “告白するが, 韓流ブームを繋ぐために作品を選んだこともある。 しかしもう分かるようだ. まともに良い作品, 説得力あるキャラクターに邁進するのが俳優として重要だということを新たに悟った”と純粋な意図を伝えることもした。

‘イサン’のバトンを受け継いで放映されるイ・ドンゴンは“負担感はなくてむしろ力になる。 今回ドラマで率直で人間的な人物の容貌を遺憾なく見せるので視聴者らの関心をむしろよく引き続くことができる機会と思う”と笑ってみられた。

今回のドラマでイ・ドンゴンは若い年だがイタリア文化財復元専攻学を終えて帰国した古美術士博士キム・ボムサン役を引き受けた。出世のための二重人格者で文化財取り締まり班熱血オールドミスホ・チォフィ(キム・ソナ)に会仕事が狂っている途中恋人関係で発展するようになる。

“キム・ボムサンは表では完璧に見えるものの実際では欲望がうごめいていながら自己満足に陥たりもする人間的なキャラクターと言える”と説明した。

キム・ソナのブラウン管復帰作でも話題を集めている‘夜なら夜ごと’は‘私の名前はキムサムスン’のヒョンビンに引き続きもう一度ハンサムな年下の男と恋人演技をするようになった。

去る7日から日本石川県カナザワ市一帯由緒のある日本伝統の文化財保存地域で盛んに撮影真最中になっている。