ドラマにも流行がある

[YTN映像参照]
ドラマにも流行があるということをご存知ですか?
90年代には若い男女間の愛を主をなすトレンディードラマが一番優れていました。

2000年に入りトレンディーは食傷ぎみにいつのまに痕跡をなくして,史劇が流行に乗ると,史劇も,朝鮮時代,高麗時代,三国時代,時代別にきちんと二三編以上かみ合わさって,放送に乗りました。

例えば‘チュモン’‘テジョン’‘ヨンゲソモン’など高句麗時代を背景にした史劇が一度に追い込まれるように史劇も時代別流行に敏感に反応しました。

また‘テワン四神起’,‘ハンソン別曲ジョン’,‘クェドホンギルドン’などフュージョン史劇がすっかりテレビ劇場を荒らしたりもしました。

専門職ドラマも一度に集まって,しばらく茶の間には白家運着た医者たちが茶の間を縫って通いました。

‘白い巨搭’,‘外科医者ボンダリ’,‘ニューハート’,‘ビフォーアンドアフター’など医者たちの全盛時代が開くとこの頃は放送関係者の人々が茶の間を掌握しています。

トップスターと作家,監督,製作者などドラマ製作現場を素材にした‘オンエアーがSBS企画される当時MBCでは‘スポットライト’を通して,放送局記者らを素材にした放送局ドラマを準備して,今週から初お目見えするんです。

KBSではピョミンスディレクターとノ・ヒギョン作家コンビがヒョンビンとソンへギョを前面に出して,ドラマ製作現場の話をリアルに解いていく‘彼らが生きる世の中(KBS)’を今年の冬にお目見えするといいます。

キム・ジスのブラウン管カムバック作に関心を集めた‘太陽の女’も放送関係者の話でキムジスはアナウンサー役を担うようになりました。

トップスターとおばさんのロマンスを扱った‘私の生涯最後のスキャンダル’が終わったから良かったのであって,ややしたら,視聴者らがチャンネルを回す時ごとに放送関係者の話だけ走狗長槍見るようになりました。

これのみではありません。 ‘イルジメ’イ・ジュンギとイ・スンギが各主役を演じて互いに違ったイルジメの姿を見せる予定なので。

このようにドラマには素材の付和雷同の現象がめだっています。

ほぼ同じ時期に同じ素材を置いて製作競争を繰り広げることが数多いのですが。

これは共通した素材を偶然に共に製作するようになることもあるが,一つの素材が人気を呼べば,無条件に似た話でその人気に便乗しようとする安易な製作慣行もないわけではなくなっています。

視聴者立場では似た素材を他の内容と違った俳優を通して,互いに比較してみる面白味を貰うこともできます。

だが類似した時期に同じ素材のドラマを同時に見なければならない視聴者らにも苦情はあります。

それがその内容のようだからドラマ内容にやや混同が来るためです。

媒体と時期が違うことではなくてテレビ劇場で日誌売家イジュンギも企画されてイ・スンギもなってこんがらかる余地は充分です。

何より食傷ぎみが大きい問題です。

同じ所在素材のドラマが連日あふれて見たら,視聴者らは多様なドラマの選択権に完全に排除されてしまうんです。

過熱競争はとにかく事故が生ずるはずです。

同じ素材をおいてすべてのドラマが成功をすれば良いが,とにかく非交友の上で失敗を追い立てるドラマが生じるほかはないんです。

いくらおもしろい素材でも人気を得た素材としでも,視聴者たちのために,製作スタッフ自らのためにも少し時間差をおいて分散させる知恵も必要だと思います。