ソンへギョ・ヒョンビン,ドラマ製作現実ためギャランティー調節率先
トップスターソンへギョとヒョンビンが劣悪なるドラマ製作環境克服のためにスター演技者のギャランティー調節に先に立つ。

ソンへギョとヒョンビンは11月放送予定のKBS 2TV月火劇‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョミンス)に出演しながら,ギャランティーを現在水準で凍結または削減する方向で製作スタッフと共感を成し遂げた。

最近スター演技者のドラマ出演料が会堂5000万ウォンを軽く越えて,製作環境が絶対的に劣悪な状況.

ソンへギョとヒョンビンは高額出演料を受ける代わりに,これを製作費に投じて,作品の完成度を高めるようにするのに意見を集めたのだ。

‘彼らが生きる世の中’のピョミンスPDは“現在トップスターらの出演料ではとうていドラマを作れない。 これにソンへギョとヒョンビン側に出演料調節を要請して彼らも趣旨に共感した”と話した。

ピョPDは“基本的な出演料方針は凍結または削減だ。 だがソンへギョの場合4年前‘フルハウス’以後ドラマ出演作がないので当時出演料を基準で凍結または削減することはできない。

ヒョンビンもまた以前出演作で2年近い時間が過ぎただけにこれを考慮して,協議を終える予定だ。 とにかく現在ドラマの主役を演じているトップスターらの出演料にはしばらく至らない水準になるだろう”と話した。

ソンへギョとヒョンビンは以前ドラマ出演作である‘フルハウス’と‘雪の女王’で各会堂2000万ウォン線の出演料を受けたことがある。

‘彼らが生きる世の中’は放送会社ドラマ局を背景にドラマ製作現実を生き生きと反映する作品だ。 ソンへギョとヒョンビンはドラマPDを引き受けて,劇中でも演技者らの出演料問題など敏感な懸案とぶつかるようになる。


ヒョンビンとソンへギョが演技する世の中
ピョ・ミンスPD-ノ・ヒギョン作家の新しいドラマ‘彼らが生きる世の中’主演落下点
ドラマの大当たり人物らがすべて集まった。 ‘インスンは綺麗’のピョ・ミンスPDが演出して‘花より美しくて’‘グッバイ ソロ’の,ノ・ヒギョン作家が書きながら‘私の名前はキムサムスン’の,ヒョンビンと‘フルハウス’のソン・へギョが演技する。

ドラマ‘オンエアー’でもあるような製作霧散の危機などはない組合だ。 彼らが意気投合した作品は‘彼らが生きる世の中’で放送会社ドラマ局PDらの日課愛を描くドラマだ。

ヒョンビンは放送会社で嘱望されるPDであるチョン・ジオを,ソン・へギョはすぐ今しがた単幕劇演出を経験した後,ミニシリーズ演出に挑戦するPDチュ・ジュニョンを演技する予定。

ドラマ局内部の暗黙的な慣行による葛藤を勝ち抜いて演出者に新たに出る過程が話の柱だ。 もちろん二人の男女PDの愛情混ざった競争も共に描写される。

ドラマ製作社である(株)YEG側は“繊細な感情表現がめだつピョ・ミンス監督,ノ・ヒギョン作家と一緒に作品とキャラクターを最もよく現わせる俳優を探すために長い間の時間を投資した”と明らかにした。

‘彼らが生きる世の中’は昨年12月,‘インスンはきれい’が終映する当時ピョ・ミンスPDが言及した作品だ。 当時ピョPDは“ノ・ヒギョン作家と次期作を共にする予定であり,放送会社が舞台になること”と明らかにした。

ピョミンスPDとノ・ヒギョン作家はすでに‘嘘’と‘バカな愛’を共にしたし,ノ・ヒギョン作家のマニアらの間では二人の再結合を永らく待ち望んだ。 製作社によればノ・ヒギョン作家は2年前からドラマ製作現場を尋ね歩きながら‘彼らが生きる世の中’を準備した。

最近‘オンエアー’をはじめとして,来る5月14日放映するチ・ジニ,ソン・イェジン主演の‘スポットライト’など放送会社が中心である他のドラマらとどんな差別性を見せるかがカギだ。 ‘彼らが生きる世の中’は来る11月に放映される予定だ。