シチュエーションコメディが排出したスターらは誰?
シットコムほど新人らをスターでたくさん作ったジャンルはない。 シチュエーションコメディはそれこそ新人らのスター登竜門の役割を確かにしながら数え切れない青春スターらを作り出した。 それだけではなく中堅演技者らを新しい姿で再照明しながら,彼らを若いスターで羨しくない人気スター隊列にあげた。

1993年初めて初見せ‘呉博士君の人々’でオ・ジミョンは特有の口調と身振りで若い層に名前を知らせながら人気を得て,以後‘順風産婦人科’で一層さらにコミカルなキャラクターを創り出しながら,名実共にシチュエーションコメディの大物で位置づけを固めた。

‘順風産婦人科’は‘ミダリパパ’パク・ヨンギュとソン・ウヨンを一躍シチュエーションコメディスターで背のびをした。‘ミダリ’キム・ソンウンと‘ウイチャ二’キム・ソンミンは児役スターで国民的な人気を享受してソン・へギョとホ・ヨンランもこのこのシチュエーションコメディを通して,青春スターの隊列に名前を上げた。





重厚なメロードラマで主に演技をしてきた中堅演技者ノ・ジュヒョンは‘まあえの程度では彼らを防げない’を通じてコミカルなイメージで成功的な変身をしながら大人気を享受した。 新旧やはりコミックキャラクターで若い視聴者に大きくアピール,数多くのCFをおすこともした。

1990年代中後半‘男三人女三人’を筆頭にあるチョンチュンシットコムはそれこそ青春スター士官学校であった。 当時世間では‘シチュエーションコメディに出演すれば無条件に浮かび上がる’という公式があったほど。

一戸に集まって住む大学生らの話を愉快に描いた‘男三人女三人’は当時無名に近かったソン・スンホンを一躍スターダムにあげたし‘爆弾頭’の独特のキャラクターイ・エチャンはシンドロームに近い熱風を引き出した。 シン・ドンヨプ,ホン・ギョンイン,イ・ジェニ,ウ・ヒジン,チェ・ジョンアン,ホン・ソクチョンなど出演芸能人皆有名芸能人隊列に合流した。

‘ノンストップ’で始まった‘ニューノンストプ’シリーズは最も多いスターを排出しながら‘スター養成所’という別称を得た。 ノンストップ1機であるチョ・インソン,チャン・ナラ,パク・ギョンリム,ヤン・ドングンを筆頭にチョ・ハンソン,キム・ジョンファ,ヒョンビン,ハン・イェスル,ボン・テギュ,ク・ヘソン,ハン・ヒョジュ,イ・ユンジ,ホン・スアなどがこのシチュエーションコメディを通して,スターに浮上した。

独特の想像力と演出で数多くのマニア層を確保した‘アンニョン,フランチェスカ’では‘エリザベス’チョン・リョウォンとパク・ヒジン,イキョンなどがスターに背伸びした。 またデザイナーチャン・グァンヒョは本を読むようなぎこちないコミック演技と予想(?)以外の旋風的な人気を得た。





オールドミスらの話を現実的に描いた‘オールドミスダイアリー’のヒロインはまさにチ・ヒョンウ. チ・ヒョンウはミジァを一途な心でながめる‘チPD’役に姉らのロマンに浮び上がりながら‘ワン男’で登板した。 このシチュエーションコメディでキム・ヨンオク,ハン・ヨンスク,キム・ヘオク,イムヒョンシクなど中年演技者らも関心を集めながら,中年の全盛時代をまた開くこともした。

昨年シンドローム熱風を呼び起こした‘思い切りハイキック’の前出演陣は世代と関係なしで爆発的な人気を受けた。

チョン・イルウ,パク・ミニョン,キム・ヘソン,キム・ボム,ナ・ヘミなど数多くの新鋭スターなどを排出したし,イ・スンジェ,ナ・ムンヒ,パク・へミなど中堅演技者らには第2の全盛期を持ってきた。 また各多様な分野で活躍したチョン・ジュナ,チェ・ヨンミン,ソ・ミンジョン,シンジなども再照明なって,シチュエーションコメディスターに浮び上がった。