第44回白象芸術大賞‘最高の幸運らの栄光’
去る24日開催された第44回白象芸術大賞は派手に優雅なドレスで美しさを極大化した大韓民国最高の美女スターらの美の饗宴が引き立って見えた舞台であった。

美女スターらと共にファッション感覚を誇ったハンサムスターらは美女スターらを最も近くで見られた上に,普段見せられなかった粋を誇示する機会を得た点で2種類の楽しみを享受した。 これらの中最も観客およびファンらのうらやましさをたくさん受けた幸運は誰であろうか?

オープニングではジュエリーが,少女時代がそれぞれ1部と2部のドアを開く祝い舞台を飾った。 ジュエリーはヒット曲‘ワンモアタイム(One More Time)’を歌って挑発的な魅力を思いきり誇示した。

少女時代はヒット曲‘少女時代’で2部のドアを開いた。 めちゃ可愛いライブ舞台をお目見えした少女時代は歌を歌った途中客席に降りてキム・テギュンとチョン・チャンウを舞台に引き上げた。

泣いた表情で舞台に上がったカルトはすぐ少女時代メンバーらの間に隊列を合わせて三最後の動作を一緒にした。 引き続きチョン・チャンウは“私たちが上がって少女時代ではない大人時代になった”という冗談を言った。






第1部
ソン・チャンエ,SBS‘黄金花嫁’ イ・ジア, MBC‘太王四神記’TV部門男女新人演技賞

ソン・チャンエは“思いもよらなかった。神様に感謝して両親に感謝する。これからもっと熱心に良い作品でがんばる演技者になります”と受賞所感を明らかにした.

イジアは“‘太王四神記’というすばらしい作品に会ったことは幸運だった。 キム・ジョンハクPD ソン・ジナ作家, 多いスタッフなど始め不足な私を, たくさん苦しかったのに教えてくれて導いてくださって感謝する”と“たとえ長くはないが私が来た道を返り見られる演技者になるように努力します。このような席で力になってくださるファンにも感謝します。”と言った.

イジアはデビュー作であるMBC‘太王四神記’(脚本ソン・ジナ・パク・ギョンス/演出キム・ジュンハク・ユン・サンホ)でスジニ役を引き受けてタムドク(ぺ・ヨンジュン)と愛を分けながら浮び上がる新星で登場した。

劇中イジアは第1回ではウン族の女性セオで分解子供を失った女性の切迫した心境を演技して時間が流れた後スジニで分解清楚な魅力とボーイッシュな感じを同時に表現して視聴者たちの多くの愛を受けた. 2007MBC演技大賞女新人賞受賞に引き続きこの日百想芸術大償新人賞をつかんで次世代期待の主に浮び上がった.

この日新人演技賞男部門にはKBS 1TV‘ミウナゴウナ’のキムジソク, MBC‘イサン’のハン・サンジン,‘太王四神記’イ・ピルリプ, SBS‘幸せです’ハ・ソクジン, 女部門にはKBS 2TV‘アイエムセム’パク・ミニョン, KBS 1TV‘ミウナゴウナ’ユ・イニョン, MBC‘カクテギ’パク・シンへ, SBS‘黄金花嫁’チェ・ヨジンが候補に上がった。 このTV部門新人演技賞授賞者にパクへジンと現在放送中MBC‘どなたですか?’出演中のコアラが受けもった。






チャン・グンソク,ハンイェスル, 映画部門新人俳優賞受賞の光栄を抱いた
チャン・グンソク,白馬(?)に乗ってレッドカーペット登場
この日イ・ジュンイク監督の‘楽しい人生’で新人男優賞を受賞したチャン・グンソクはスーツに靴まで今年ホワイトコーディネーションをお目見えして人目を引いた。

しかしチャン・グンソクは衣装だけ目立ったわけではなく,他のスターらが愛用するバンに乗って式場に登場する代わりに, 自分の衣装色のような白のポルシェスポーツカーで走ってレッドカーペット行事場所に現われて話題を集めた.

“昨年多くのいろいろな映画祭新人賞候補に上がったが福がなかったようで,惜しみが残った。所属社家族らファン方々に申し訳なかったが,今年その賞を受けることが予想ができませんでした”“この席に来るまで私を作ってくださったみなさんありがとうございます.そしてイ・ジュンイク監督ニムありがとうございます。オモニム.アボニム愛しています”と言いながら思いがけない受賞に感激したチャン・グンソク

女新人賞を受賞した映画‘用意周到ミスシン’ハンイェスルは“賞を受けたいと願ったけれど,このように受けるようになったのでもっと緊張します”と言いながら舞台後でも受賞の光栄が去らないように“始めた時を振り返れば遥かに遠い道を来たと思って少し休まなくちゃいけないと思ったが今見たらこれから歩いて行く遠い道がにまた残っているようだ”と “この相威力になってその道をしっかり歩いて行くようにする”と話した。

この日新人賞候補には男キム・ジュンソン, キム・フンス, ユゴン, チョン・イルウ, 女イ・ボヨン, イ・ヨンヒ, イ・ハナ, チョン・リョウォンが共にノミネートされた。

映画部門新人俳優賞授賞者には現在放送中‘私の生涯最後のスキャンダル’後続5月3日から放送する土日新しいドラマ‘甘い人生’の主役イ・ドンウクと パク・シヨンが進行した。






TV部門新人演出賞MBC ドラマ‘コーヒープリンス1号店’を演出したイ・ユンジョン作家
昨年大きい人気を呼んだMBC TV‘コーヒープリンス1号店’のイ・ユンジョン作家は百想芸術大償授賞式で TV部門新人演出者賞を受けた.

この日イ・ジョンジュン作家は受賞所感で“賞に沿うようになって公式的に人らに感謝するという挨拶ができるようになってうれしい。いつも力になるユンウンへ氏と軍隊で丸坊主でこの放送を見ているコンユくん,いつも良き友人でになるソンギュン氏とジョンアン氏, 演技者先生ニムらと執筆した作家ニム, そしてお婆さんお爺さん様に感謝申し上げます”と所感を明らかにした。






功労賞受けたソンへ...レッドカーペットにも寂しかったが輝いて
功労賞受賞者でソンへが舞台に立つと授賞式に参加したスターたちは起立拍手で尊敬の心を示した. 功労賞授賞者に出たヒョニョンは“ソンへ先輩のような方々がいて今の後輩たちがいる”と頭を下げてソンへは“一本気の放送人生にこのように大きい賞をくださってありがとうございます”と所感を明らかにした。






パク・ミョンス,シン・ボンソン, TV芸能賞受賞
パク・ミョンスとシン・ボンソンはKBS 2TV‘ハッピートゥゲザーシーズン3’で男女TV芸能賞受賞者に選定された。

パク・ミョンスは“頑張った。 私が受けるに値する”と笑いを導き出した後“ユ・ジェソクなど多くの同僚らに会ったので私の険しいギャグの花を咲かせられたようだ。 何より人生の伴侶に会ったのが最大の光栄だ。 受賞の光栄を愛するワイフに回す”と話した。


シンボンソンはこの日TV部門女芸能賞を受賞した。

シンボンソンは受賞直後“この席にいるように導いてくれてしんばり棒になってくれた社長に感謝申し上げます”と感謝の挨拶を伝えた。

引き続き“‘ハッピートゥゲザーシーズン3’で過分な賞を受けるようになった、 そばで手助けするユ・ジェソク, パク・ミョンス先輩愛する”と先輩ユ・ジェソクとパク・ミョンスに有難みの意味を表した。“私を本当にもっと大きい人になるように手助けしてくれるハッピートゥゲザーキム・グァンスPDニムにも感謝申し上げる”と話した。

シン・ボンソンは特有の声で“とても興味が沸いて〜”と所感を終えて,一座爆笑するように作った。

シンボンソンの今回の受賞はKBS 2TV‘ハッピートゥゲザー(演出キム・グァンス他)’での活躍が引き立ったことから始まった。 シチュエーション・コメディーとバラエティーの長所を結合して目新しい楽しさをプレゼントしているハッピートゥゲザーでシンボンソンは壊れることを恐れない補助MCに出演して視聴者らの愛をたっぷり受けている。

2005年KBS20期採用コメディアンで芸能界にデビューしたシンボンソンは3年目KBSに身を置きながら人気芸能プログラムの大部分に顔を映した。 KBS爆笑クラブとギャグコンサート, ビタミンなどに出演してよどみない話術を十分発揮してMCとしての可能性を認められた。