[白象芸術大償]TV部門,歴代最も激しい接戦予想
白象芸術大償は地上波放送3社を統合して,授賞する意味のために国内最高の権威を誇る.

白象芸術大償の行方は演技者らはもちろん,放送会社関係者ら皆に焦眉の関心事となる。24日ソウル国立劇場日登劇場で派手な幕をあげる第44回白象芸術大償の光栄は誰の胸に抱かれるだろうか。

白象芸術大償TV部門は2007年4月〜2008年3月視聴者から愛を受けた番組を対象にドラマ・芸能・教養で分けて公正な審査を経って最高の作品演技者演出者などを選定する。

それぞれ五つ候補に圧縮されて競争する今回の白象芸術大償は独走する候補作がなくて予測を不許する接戦様相に展開している。

●ドラマ部門

ブラウン管の花はやっぱりドラマだ。白象芸術大償TV部門でもドラマ部門に一番大いなる関心が集中する。去年白象芸術大償は MBC TV‘朱蒙’と‘白い巨搭’両大山脈の独走だったら, 今年は群雄割拠局面だ.

MBC TV‘太王四神記’‘コーヒープリンス1号店’,SBS TV‘チォンの戦争’‘私の男の女’など人気と完成度‘‘二人のウサギ’を捕った作品が整然と並んでいる。これらの作品にKBS 1TV‘ミウナゴウナ’が作品賞をおいて競合する。

‘太王四神記’はキム・ジョンハクPD・ソン・チナ作家・ペ・ヨンジュンなど韓国最高らが団結して最先端CGを前面に出した派手な映像でドラマ社に道しるべを残した。新世代言語で纎細な感受性を表現した‘コーヒープリンス1号店’は若い視聴者の熱狂的な支持を受けた。‘チォンの戦争’は社債広告の弊害が問題視される時代相で爆発的な話題を集めた。

‘私の男の女’はキム・ヒエの破格的なパムムパタル変身とキム・スヒョン作家の鋭いせりふが引き立った。‘ミウナゴウナ’は他の候補作に比べて話題性は落ちる。しかし40%台視聴率で分かる人気は無視することができない。声のない強者で作品賞部門のダークホースだ。

演出賞部門も予測を許さない混戦様相だ。MBC TV‘イサン’のイ・ビョンフン・SBS TV ウン・グンイルPDなど最高演出者の貫禄に,‘ミウナゴウナ’のイドクゴン・MBC TV‘ヒット’のユ・チョリョンPDなど中堅演出者の年輪, 新人演出者である‘チォンの戦争’のチャン・テユPDの覇気が競合する.

韓国ドラマの未来を責任を負うべき新人演出賞部門は比較的独走体制が揃った部門だ。‘コーヒープリンス1号店’のイ・ユンジョンPDが多少先に進む局面だ。KBS 2TV‘いい加減な興信所’のハムヤンフンPDと‘京城スキャンダル’のハン・ジュンソPDの挑戦も手強い。




●芸能・教養部門

芸能部門は白象芸術大償歴史上最も激しい接戦が繰り広げられる分野だ。KBS 2TV‘happy together’‘ハッピーサンデー’,MBC TV‘無限挑戦’‘黄金漁場’,SBS TV‘驚くべき大会ストッキング’など五編は誰が受けても納得するしかないほど優れて広い。

‘無限挑戦’は感動的な芸能プログラムが存在することができることを見せてくれて1年始終人気を集めたし話題を流したし,‘黄金漁場’は‘ムルブパックドサ’を通じて芸能人の身辺雑記性トークショーに真剣さが宿る可能性があることを見せてくれた。 野生バラエティーを標榜した‘ハッピーサンデー’の‘1泊2日’は一番純粋な芸能プログラムで指折り数えられた。

情報伝達と人生の感動を味むく出るように和え出した教養プログラムも教養部門作品賞をおいて競合中だ。KBS 2TV‘チャマゴド’とMBC TV‘ケンジス’など人類歴史と文明を盛った大作と感動的な事情で視聴者の涙腺を刺激したMBC TV‘ヒューマンドキュメンタリーサラン’などドキュメンタリーらが引き立って見える。

日常で目新しい面白味を捜すSBS TV‘生活の達人’とEBS TV‘知識チャンネルe’も無視することができない強者だ。



ハッピーサンデー1泊2日本当に面白くて〜
テワンもNHKで始まりましたね^^
CGのすばらしさと内容も面白そうです
接戦が続くペクサン大賞面白くなるようです〜^^*