ラブホリックヒット曲アルバム‘Dramatic&Cinematic’に入れられて
ラブホリックの歌らが2枚のアルバムに集まって‘Dramatic&Cinematic’というタイトルで再誕生した。

国民ドラマと呼ばれた“私の名前はキムサムスン”から“コーヒープリンス1号店”をはじめとして“シングルス”と“美女は苦しくて”までドラマ,映画と共にしながら,劇の面白さと感動を共にした彼らの音楽が新しく編集された。

特にラブホリックの正規アルバムに収録されなかった曲らも収録されて,昨年一人立ちを始めたボーカルチソンの声を聞ける最後のレコードという意味も含まれている。

音楽的に呼吸を合わせた二つのプロデューサーカン・ヒョンミン,イ・ジェハクと公開オーディションを通して選抜されたボーカリストチソンに結成されたラブホリックは1集収録曲‘遊びにきて’が映画“シングルス”に挿入になりながら,映像コンテンツと密接なバンドになった。

以後ドラマKBS“ラブホリック”,MBC“良い人”OSTに参加して,映像との絶妙の呼吸を見せた彼らの音楽は2005年ドラマMBC“私の名前はキムサムスン”をはじめとして,ペ・ヨンジュン,ソン・イェジン主演の映画“外出”OSTに‘外出’と‘あなたは’2曲を収録した。

また2006年にソン・ユリ,コンユ主演のMBC“ある素敵な日”,ハン・ヒョジュ,ソ・ドヨン,ダニエルヘニが出演したKBS“春のワルツ”にメインタイトルで挿入になることもした。

またベーシストイ・ジェハクは音楽監督で参加した2006年最高のヒット作“美女は苦しくて”が,テジュン(大宗)賞音楽賞を受賞することもした。

2007年にもソン・ユリ,ヒョンビン主演のドラマKBS“雪の女王” OSTには‘こだま’がラブテーマで使われて,ユン・ウネとコンユが出演した2007年話題作MBC“コーヒープリンス1号店”には彼らの3集収録曲である‘植木鉢’が挿入されて,多くの人気を享受した。

2枚のアルバムは各々‘Dramatic’と‘Cinematic’という題名で発売された。

=============================================

すべて当たったドラマ映画ばかりですね〜
さすがラブホリックで〜いろんな有名曲が入って
気になるので私も聞いてみます..^^*