‘快刀ホンギルドン’,開かれた結末‘胸ジーンと’
“英雄の一代記を見た気分.”

活貧党(ファルビンダン)家族らはサンチェで王と対敵するために忙しく戦いを準備して,ギルドンは初めて自身の縦を捨てて自分の武器で刀を持つ。官軍らとの戦争が始まってこれを知るようになったイノクは訳もなくサンチェに飛び込んで,ギルドンに会おうとする。これにチャンフィは危険なサンチェでイノクを取り出そうとギルドンに書札を送るようになる。

KBS 2TV‘快刀ホンギルドン’がホンギルドン(カン・ジファン)とファルビンダンが後世の人々の心を通して,引続き生きて行くという結末で話を終えた。

26日放送された‘快刀ホンギルドン’最終回でチャンフィ(チァン・グンソク)とギルドンはお互いが守ってこそ世界のために正面対立した。 チャンフィが現実を守ればギルドンは人々が夢見る世界を守ること。 結局数多くの軍事と相対して戦ったファルビンダンの人々はサンチェを囲んだ軍事らが打ち上げた火矢によって,制圧された。

ファルビンダンが消えた後にもドラマは過去で現世の人々まで,胸の中にファルビンダンという理想郷を抱いて生きていくという内容で幕を下ろした。

この他にもギルドンとホ・イノク(ソン・ユリ),チャンフィの三角関係はギルドンとイノクが婚礼を行いながら,終わりを結んだ。 二人はファルビンダンが火矢に攻撃を受ける渦中にも両手を必ず捕まえて永遠にそばにいることを念を押した。

放送後視聴者らは“英雄の一代記を見た気分だ”“胸がジーンとした結末”“忘れることのできないドラマ!チャイヨ!”というなどの文を載せながら熱い関心を見せている。




‘快刀ホンギルドン’最後会…視聴者ら“惜しいです”
去る1月2日初めての放送されたKBSドラマ‘快刀ホンギルドン’が26日大長征の幕を下ろす。

フュージョン史劇という独特のジャンルと多様なTV広告パロディと英語公教育,韓米FTA,兵役不正&三星特検など現代社会の問題を辛らつに風刺しながら,視聴者らに大きい呼応を得てきたドラマ‘快刀ホンギルドン’

特に‘快刀ホンギルドン’ではホン姉妹作家のセンスが断然引き立って見えた作品だと評価を受けている。

‘マイガール’‘幻想のカップル’などの人気ドラマと知らされたホン・ジョンウン,ホン・ミラン作家は今回の作品でも‘チャイヨ!’‘モンチョンギ’‘ブルプクパ〜’などの数多い流行語をお目見えしながら,劇の面白みを増した。

特にソン・ユリはこの作品の女主人公‘ホ・イノク’で分解数多い演技力論議を寝かしたりもしたし,アイドル グループ‘少女時代’の平然はドラマOST‘もしも’を呼んで,大きい話題を集めることもした。

一方,‘快刀ホンギルドン’の終映の便りが聞こえてきて,多くのファンらが惜しい心を現わしている。

ある視聴者はインターネット掲示板を通して“一昨日始めたようだがもう最後とはとても惜しい。 快刀ホンギルドンが終われば禁断現象にした間苦労するようだ。”として“快刀ホンギルドンはタバコ,麻薬より百万倍の中毒性を持っている”と伝えて,最後の会に対する惜しみを表わした。

製作社(株)オリーブナインのある関係者は“先に最後まで愛して下さったファン方々とても感謝する。 すべてのスタッフと俳優が一つに固まって,作品に寄与して,こういう愛を受けられたようだ。 最後まで多くの愛お願いする”として感謝の気持ちを伝えた。

‘快刀ホンギルドン’後続ではチョ・ヒョンジェ,ユ・ジン,ジェヒ,シン・ソンロク,ユン・サンヒョン主演の‘パパ三人ママ一人(課題)’が放送される予定であり,来る4月2日初めての放送される。

カン・ジファン,ソン・ユリ,チァン・グンソク主演のKBS‘快刀ホンギルドン’最後の会は26日夜9時55分放送されながら,27日同じ時間にはスペシャル放送を通して,ドラマ撮影後話などを紹介する予定だ。