快刀ホンギルドン19回20回交錯した愛に..水木ドラマ1位席!
ギルドン,カン・ジファン,‘胸じいんとする涙演技で視聴者泣かせて’!水木ドラマ1位席を守っている快刀ホンギルドンが視聴者らの胸を濡らした。イノク(ソン・ユリ)は現実と最もよけていた人物だ。

ソン・ユリ迫真の演技,イノク見せ場演技が嗚咽-怒り演技絶賛好評“盛りの演技輝いた”
“草木が水分を吸い上げたソン・ユリ演技が輝いた.”ソン・ユリの嗚咽が輝く水曜日夜だった。

5日放送された19回で普段劇中幼い子供のように純粋で明るくて気さくなホ・イノクを演じていたソン・ユリが怒りで理性を失った姿を完璧に演技して視聴者たちから熱い好評を受けた。

イノク(ソン・ユリ)の出生の秘密が明かされてホ老人(チョン・ギュス)が死を迎える悲劇的な状況が繰り広げられながら,視聴者たちを切ないようにした.

ホン・ギルドン(カン・ジファン)の父ホン・バンソ(キル・ヨンウ)は自身が殺した前兵曹判書リュ・グンジャン大御所のひとり娘がイノクということを知ってホ老人を利用して彼女を捕まえて殺そうとした。これを知ったホ老人はイノクを守ろうとするが結局死を迎えてイノクはチァンフィ(チャン・グンソク)に自身がグンジャン大御所の娘であることと家族ら,ホ老人までホン・バンソに悔しい死にあった事実を聞くようになった。

すべての事実を知ったイノクは怒りに耐えることが出来ないで理性を失いホン・バンソを尋ねて剣を無慈悲に振り回す。一歩遅れてこの事実が分かったギルドンはイノクを沮止しようとして“お前の手で父が死ぬようにはさせない”といってかろうじて彼女の刀でホン・バンソの命は突かれないで救ったがその刃はギルドンに向かって胸を突かれながら悲しい運命を予告した。





そんな現実が分からない幼い子供のように単純で白くて清いイノクは複雑な内面を持った二人の男ギルドンとチァンフィにモンジョンギ(うっかり者),馬鹿あるいは変なヤツと感じられたりもしたが一方には偽善と不条理でいっぱいになった現実に深く傷葉は二人の男をかばってくれる安息所と同時に守ってくれた純粋の世界でもあった。

ホ老人とチァンフィがイノクの悲劇が知るようになった時もとても彼女に知らせることはできない心は違わない。特に両親の悲劇的な死を記憶する者は自分が誰なのかひしひし刻んで闇を垂らして生きなければならないということよく分かっていたチァンフィは耐え難い重さの現実をイノクに消したくなかった。

しかし過去を忘れてホイノクで暮すようにしてくれたホ老人の急な死はイノクを現実と言う悲劇の中に引き入れる。ホ老人の死の前に自身を自ら責めながら途方に暮れたイノクが知るようになった現実は地獄のようだ。愛するギルドンの父がホ老人のみならず彼女の親さえ無惨に殺害したという現実を夢と言いながら不正もして見るがホイノクであることができないイノクはこれ以上純粋の世界に留まれない。




瞬間頭の中が‘バン’と炸裂してしまったイノクは訳もなく刃を振り回しながら,ギルドンの父ホン・バンソに走り込んだ。 隠し持った内面の悲劇の中に陥ったイノクは何も見えずに何も考えられなかった。 この時精神を置いて悪鬼に変わってしまったイノクを防いだのはギルドンだった。 イノクはギルドンの父を切るために打ち下ろした刃物でギルドンを刺した後に精神を戻す。

こんな悲痛で胸が痛む悲劇的場面はソン・ユリの嗚咽と怒り演技でもっと輝いた。親お爺さんと違いないホ老人の冷たい死骸を抱いて泣き叫ぶ姿と怒りの目つきに変わったソン・ユリの熱演は現場にいた撮影スタッフらにも驚かせた。

ドラマ製作関係者は“ソン・ユリは嗚咽場面を準備する間にも感情移入に沒頭して,しばらく涙を止めることができなかった”と “また刀を振り回す場面は一度で撮影を終えた程にすばらしい熱演を広げてくれた”と話した。引き続き“現場にいた人々が口を揃えて‘鳥肌が立つほど’と絶賛した”と付け加えた。

また視聴者掲示板には“イノギの怒りに満ちた目つき胸に生々しい”“ソン・ユリの盛りの演技が輝く場面だった”“嗚咽する姿と怒る場面はイノギの名場面”と熱い好評を惜しまなかった。





快刀ホンギルドン第20回では第19回放送末自身の両親とホ老人を殺したギルドンの父であるホン・バンソ(キル・ヨンウ)という事実を知るようになったイノク(ソン・ユリ)は理性を失い刃を振り回して,父をかばったギルドン(カン・ジファン)を刺してしまった。 我に返ったイノクが後ずさりをする足取りでギルドンとイノクの距離は遠ざかってしまった。 受け入れるのが難しいが受け入れるほかはない数多くの状況らはイノクをアイデンティティーの混乱に導いて,ギルドンを刺したという罪悪感と再び彼と一緒にはいられないという悲しみにイノクは苦しくなっただけだ。

―ギルドン,グァンフィ対決
二人の対決でギルドンが国民らと共に勝利をおさめる意味のある場面が描かれた。グァンフィはギルドンを捕まえる為にファルビンダン近辺にある馬川山で外部に通じるところを皆統制した。 このような統制によって国民らとしては食料を求めることが遠くなったがグァンフィは構わずギルドンを捕まえることだけ血眼になって“飢えて死にたくなければギルドンを捕まえてこい”というとんでもない幕をおろした。

これに村住民たちはその間ファルビンダンがしてくれたの賊活動は全く忘れたままギルドンを捕まえようとしながら,ツルハシを持ってギルドンを攻撃した。 ヘミョン僧侶(チョンウンピョ)の機知でかろうじて現場をまぬがれたギルドンは“ファルビンは何か,誰も望まないのに私一人出るのも分からない”と悲観しながらももう一度意気衝天して,国民らと一つの心同じ意向でかたまった。

一方グァンフィは“ファルビンダンと内通する者は皆ファルビンダン”といいながらあげくの果てに馬川山麓の村に火を付けろと命じた。これほどすればギルドンが出ざるをえない。ギルドンは‘目には目,歯には歯’の心情で馬川山を徹底的に封じ込めて,王の貢物道を遮断して収集した貢物をまた国民らに分けてあげて,むしろより大きい称賛を受けるようになった。 もうファルビンダンに腹が立つだけ上がったグァンフィはあげくの果てに馬川山全体に火を付けろと命令して,破局に駆け上がった。 馬川山に火を付けるという便りに国民らの心配は並大抵でなかったがファルビンダンはこれさえも受け付けた。

親しく馬川山まで出てきたグァンフィの前に国民らと共に現れたギルドンは火を消さないでむしろ対抗するとして脅しをかけた。 ギルドンは“住民すべて死にそうだという覚悟で待っている。 私たちはより大きい応戦で対抗する”と言って,グァンフィを威嚇した。 結局グァンフィは火を消すことを命じて真に民を思う気持ちで出発したファルビンダンが王との勝負でぴりっとした一勝負を勝ち取った。 ギルドンは“汚い足で国民らの生活の基盤を踏んで立つな”といって馬川山と国民らを守った。





さらに多い国民たちの称賛を受けるようになったファルビンダンスギルドンを遠い足元で眺めたイノク。ギルドンに対する尊敬心を自ら確認したイノクはチァンフィ(チャン・グンソク)に““理性を失った日ギルドンイが止めてくれた”と“また人で住める”ときっぱりと言った。

イノクはチャンフィに“火を付ける王を防ぐギルドンを見て感じました。 やはりキルドンと共に行きたい”ながらもこれ以上ギルドンのそばにありえない現実を直視して”もうホ・イノクでは共にすることができないからリュ・イノクになって,コンジャのそばにいながら,キルドンと共に行きます”と決然と念を押した。

―ギルドン父の世が崩れる
一方ホン・バンソはこれまでのすべての過去を告白して謝辞される最後の瞬間まで王に対する忠誠を見せた。 ホンバンソが信念のように敬したミチグァンイ,グァンフィも初めは“賃金である私が卑しさを打破って立上がったら国民らも力を得る”といいながら良い王になるように夢見た。

ホン・バンソは卑しさを打破り立上がって,良い王になろうと思ったグァンフィを守るためにテビ(チェスジ)と先王の唯一の嫡統大軍チャンフィはもちろん懇意な友兵曹判書リュ・グンチャンまで殺害して自身の血縁であるギルドンまで切ろうとした。

しかしそれほど守った王グァンフィは自ら血縁を殺した罪悪感に苦しめられながら,本来の聡明さを失って広幅したきちがいに変わっていった。 だから信念のように守っているホン・バンソの世の中は卑しさを打破って立上がった良い王の世の中でない。 きちがい王が治める偽善と矛盾でぎっしり埋まった不条理な世の中である。

それがゆえにこの世を転覆させようと先に立った自身の信念を守ろうと非情に切り出そうとした血縁ギルドンだった。 ギルドンは力がなくて守ることができない者上げる。 それで何もできないと思う民衆らの貧しい心を変えようと思った。 何も出来ないから何もするなというホン・バンソの世の中に対抗して,刃を狙った。

グァンフィとグァンフィの世の中直視することができないことに骨身にしみた後悔をしながらもきちがい王を守ること他には何もできなくなったホン・バンソはそんなギルドンに向けて,いつも刀を抜くほかはなかった。 結局ホン・バンソからはサインゴムの存在と対応の死に疑問を提起した儒者らから王グァンフィを守るために自身の命を差し出そうとする。





決心を実行に移す前ギルドンの住む場所を探したホン・バンソは“私がいる世の中で国法は天倫でも変えられない。 だからお前は私の息子ではない。 王が私の命を担保でお前を呼び入れようとしても出るな。 だがお前が変えた世の中がくれば息子として私の墓に探すのは許諾する”と“お前はお前が守る王を最後まで守りなさい”という言葉を残す。 自身の王を最後まで見守ることも出来ない自らに対する後悔でもある。

翌日ホン・バンソはすべての罪を自身が抱いて行くと,グァンフィと向き合った席で“これが王を守るための最後の衷心だ。 死として王を守って安らかに置くだろう。 最後まで見守れとの命に従うことも出来ない不忠を許すな。 その日王が繰り広げた残忍な火遊びを阻んだギルドンと民衆の力を見た。 あなたは彼らには歯が立たない”といいながら憐憫いっぱいな目で王をながめた。

自身を選択したことに後悔や挫折は許しても放棄は許諾しないとし,最後の瞬間まで彼がどうなるのか見守らなければならないと命じたホン板書に死薬をおろした日,光輝はとめどなく涙を流した。 ホンバンソはグァンフィを支えたまた他の世の中だ。 卑しさを打破って立上がって,良い王になろうと思ったグァンフィを守るために数え切れない血を手に埋められた人がホンバンソだ。 そのようなホンバンソが最後の瞬間目撃した真実は彼の庶子ギルドンイが動いた民衆らの力だ。 ホンバンソが置いておいたグァンフィの世の中はその民衆らの力で転覆するかもしれない。 ホンバンソの不在はグァンフィの終末を予告することなのかわからない。 ギルドンが対抗しようと思ったお父さんの世の中がそれほどに崩れている。







父の死の前に何もできないギルドン. だがリュ・イノクになったイノクはお父さんを失ったギルドンに申し訳ないという言葉も,泣かないでという言葉もかけることができない。

ギルドンと会ったイノクは“今は近くで見ることができないが遠くから見守っています。なぜなら私はあなたをずっと見ていたいから”といって,悲しみをかもし出した。 引き続き自身が出したギルドンの胸傷に手をつけたイノクは“おまえのそばで慰労になることはできないが常にお前の安否が気になるよ”として涙を流した。

ギルドンは何の言葉もなくイノクの手をじっとつかんだがイノクは“いつも無事でいなければならない”といいながら,手を取り出して背を向けた。だがギルドンは背を向けるイノクを抱きしめたまま涙を流した。 もうこれ以上こんなところで一緒にすることができないギルドンとイノクの残念な姿に視聴者らは共に泣いた。

卑怯な現実に目を開いて不条理をなくす過程にこれ以上ホ・イノクではないリュ・イノクで生きることを決心したイノク,もうこれ以上ギルドンから“モンチョンギ(うっかり者)”という愛の呼称を聞けないイノクはもうギルドンと違った場所で一方向をながめるようになった。 ギルドンもやはりホ・イノクが数を数えた袋を乗せながら,溶ける胸中に付いて視聴者らの悲しみをより増した。





ギルドンの悲しい涙,イノクを守り続けるチャンフィ,イノクの数奇な運命
6日放送された‘快刀ホンギルドン’20回分でイノギ,ギルドン,チャンフィの交錯した愛が電波に乗りながら,視聴者らを泣かせた。

イノクは自身の出生の秘密を知って復讐心で怒りに狂うが自身が愛するホンギルドンに刃を放ったことを自覚しこれ以上ギルドンと共にファルビンダンとして生きていくことが出来ないという事実に胸痛がるシーンが電波に乗った。

そしてイノクはギルドンを助ける為に動き20余年間生きてきたホ・イノクとしての人生を捨ててリュ・イノクの人生を選択する。自身の出生に絡まった秘密とギルドン家との関係などそのすべてのものを知るようになったイノクはこれ以上何も知らないバカなホ・イノクで生きていくことは出来ない。リュ・イノクとして遠くからギルドンを見守るように決心する。

遠く姿だけでもギルドンを見守ることを決心しながら,ギルドンを助けて,チャンフィの王位登板のための偉業を共にする。 またそんなイノクを遠くから眺めるほかはないチャンフィはやはり切なく悲しみに浸った。

眠りについたイノクに近付くチャンフィ,夢にまでキルドンを探すイノクを見て悲しみに沈んで苦しがる眠ったイノギにチャンフィは“俺を一度だけ..一度だけ受けてくれ”といってイノクの唇に静かに口を合わせる。

ギルドンは今はこれ以上一緒にすることができなくなってしまったホ・イノクを抱きしめたまま胸が痛い涙を流す。

放送を見た視聴者らは掲示板に“残念な愛に本当に胸痛かった”“残念だった”“チャンフィがとても可哀想だ”等の反応を見せた。

ホン・ギルドンは父の死に言葉がない涙を描いて今はリュ・イノクになってしまったホ・イノク..もうこれから今まで以上のように一緒にいることができなくなってしまったホ・イノクを抱きしめたまま胸が痛い涙を流してしまった。





これを見た多くのネチズンらはインターネット視聴者掲示板を通して“本当に胸が痛かった。 序盤コミカルだったイメージとは違い悲しみに蹴った表情にドラマを見る終始心が切なかった”“カン・ジファンの感情演技にドラマを見ながら,それ程に涙を流してしまった”としてカン・ジファンの演技に対する賞賛を惜しまなかった。

オリーブナインのある関係者は“カン・ジファン,ソン・ユリ,チァングンソクなど主人公らと共にチョ・ヒボン(グァンフィ),キル・ヨンウ(ホン・バンソ)等鋳造年給演技者らの熱演に多くの視聴者らの熱い賛辞を送っている”として“‘快刀ホンギルドン’が放送以後から着実に愛を受けるのにはこのような演技者らの好演があったので可能だった”と明らかにした。

視聴率調査会社TNSメディアコリアによれば‘快刀ホンギルドン’20回は16.0%の視聴率を達成した。 同時間帯放送されたSBS‘オンエア’とMBC‘誰ですか?’2回は各15.2%,10.0%を記録した。