キヂャングンドラマ‘地獄のリング(仮題)’セット場誘致推進中

○釜山,キヂャングン庁がキヂャングン代弁港近隣にKBSドラマ‘地獄のリング(仮題)’セット場留置のために協議中.

○ドラマ‘地獄のリング’は漫画がイ・ビョンセ氏のボクシング漫画で‘地獄のリング’を脚色した作品で登場人物らはボクシングではないK-1異種格闘技選手に描かれる展望..

○キャスティングにはヒョンビン(オ・ヘソン),エリック(マ・ドンタク),ハン・ヘジン(オムジ)等が予定されていることで伝えられること。

○キ・ヂャングン沖合漁村セット場がオ・ヘソンの故郷に出てくる予定であり,後にオ・ヘソンが帰郷して,再起を狙う部分にもキヂャングンセット場が使われる予定ということ。 また近隣のキジャン体育館でも格闘技試合撮影が進行されるということ。

○キヂャングン庁ではセット場留置で観光客流入効果だけでなくキジャンの特産物であるキジャンワカメやしらす,キジャン強馬韓牛肉などを広報することもできると見て現在ドラマ製作社(CJ)と交渉中.

○特にドラマを韓国(3月末)と日本(2分期中)で共同放映する計画なので日本観光客誘致にもある程度効果があることだと予想.

○また郡庁は数十億を要求した映画などと別に今回のドラマ セット場建設には多くのお金がかからなくて積極的に検討中ということ。

STORY
戻る心がない愛する女性との平和な人生を余計に夢見ながら,生の団を行き来して悪戦苦闘した孤独な男オ・ヘソンは結局,愛と世の中のすべてに捨てられる.. そして自らすでに予感したように最後の競技で惨めに敗北して生命のエネルギーが消えることを感じながら,彼とは違った方式でボクマジョンの渦中で成功を追い求めて惨めな失敗を経験したまままた彼を訪ねてきたオムジに独リ抱いていた秘密を告白しながら死を迎える。

“人々は俺を見てそうあっても揺るぎなく耐えられる体力王だと言うけど,本当はそうじゃないんだ.. 俺は一台ずつ当たる度に死にたいほど激しい苦痛を感じた..俺には,リングは地獄だったよ..”

主人公ヘソンは孤児出身で幼い時期共に育ったオムジを探して,上京する。 だがオムジは財閥2世事業家ドンタクと結婚を夢見ながら,ヘソンをそまつに冷遇する。

仕事と愛で堂々としたかった主人公はリングに上がる。 だがオムジの変心程都市の人心は荒っぽくスポーツ ビジネスの世界は冷静だった。 師匠と弟子,チャンピオンと挑戦者,愛と情熱,夢と成長.. 変わってお金を中心に構造化された物質万能の社会があってその中で‘習熟するように生きていく’ために命までも消費してしまう登場人物がいる。

孤児院出身の主人公オ・ヘソンが苦難を乗り越えてK-1世界ファイターで成功する過程までが描かれる..女主人公オムジは幼い頃の初恋である貧しい挑戦者ヘソンの純粋な愛を受け入れることができず財閥2世との結婚を夢見る..へソンの死を感じて初めて真の愛に目覚めていく..1980年代急速な都市産業化時代が作り出したやや苦い風景..



‘ある. ない’?...한국‘노’
韓国ではこれまでこれといったスポーツ映画が製作されることができませんでした。70年代まではいくつかの青春映画でたまにスポーツを足素材で活用したことはありますが。

本格スポーツ映画は事実一度もない方でした。
野球とサッカーを中心にプロスポーツが位置し始めた80年代からは事情がちょっと良くなります。

30代以上の野球ファンたちならば多分即座に膝を打つでしょう。まさに‘イ・ジョンホの外因球団’です。去る86年封切ったこの映画にはアン・ソンギ.イ・ボヒ.チェ・ジェソンなどの当代人気俳優らが出演しました。
また映画のOSTアルバムにのせられたチョン・スラの‘私は君に’もビッグヒットしました。

80年代人気プロスポーツでボクシングも省けないでしょう。それでボクシングを素材にした映画が意外にたくさん製作されました。

チェ・ミンス主演の‘神さまの息子’(86年).チョ・サング-チョン・セヨン主演の‘地獄のリング’(87年).故キム・ドゥックの実話を扱った‘泣かない虎’(84年)等を上げられます。

彼ら80年代スポーツ映画の共通点は大部分人気漫画を原作にするという点です。‘〜外人球団’と‘地獄のリング’はイ・ビョンセ.‘神さまの息子’はパク・ポンソン原作でした。また一つ共通点は競技場面描写がとても粗末で,本格的なスポーツ映画では不十分な感がなくはないという点です。

以後にも‘日が西から昇ったら’(98年・野球).
‘チャンピオン’(2002年・ボクシング).‘YMCA野球団’(2002年).‘スーパースター感謝用’(2004年・野球).‘1番街の奇跡’(2007年・女ボクシング).‘スカウト’(2007年・野球)等最近までもスポーツを素材にした一連の映画らが着実に製作されたが商業的に成功を収めた映画はめずらしい実情です。

イ・ビョンセ代表的漫画作品
イ・ビョンセ原作...“恐怖の外人球団”スポーツ映画という不人気ジャンルにも原作マンガの人気に負って多くの人気をあつめた..“地獄のリング”,“ポリス”,“テロリスト”などが映画やドラマで作られた. イ・ビョンセ原作マンガは荒くて粗悪な男性的な魅力があることが特徴だ. オ・へソンに代表される強くて荒い男主人公と冷情な彼のライバル,マ・ドングタクそして永遠な清純キャラクター オムジがイ・ビョンセマンガの代表的なキャラクターだ.

===================================================

そろそろ次期作便りが聞こえてくると思っていましたが..^^
ふんふん..キャスティング候補に挙がっているということですね..
K-1選手今のヒョンビンスタイルにはとても合う気がしますね^^

**あくまで予定記事です..まだ確定なされていません

さらに調べてみましたがこの物語...また孤独な役で..
...まさかの最終話が待っているかもで...??T_T。