イヨンヒインタビュー
青春スターらの恋人だったイ・ヨンヒが聞かせてくれた後日談

イ・ヨンヒがは唯一初恋と縁が深い俳優だ。 ‘百万長者の初恋’のヒョンビン,‘M’のカン・ドンウォン,‘私の愛’のチョン・イルウ,SBSドラマ‘ある素敵な日’のコン・ユなど当代最もHOTな青春スターらの恋人で登場する幸運を享受することもした。

イ・ヨンヒは最近のインタビューで“個人的には良い俳優らと共に演技して,少しずつ成長できて良かった。 まだ俳優として演技経歴をとても不足するからイメージを先に見てキャスティングして下さったようだ”と当代青春スターらと共同作業した後日談を聞かせてくれた。



まず‘百万長者の初恋’で一緒に演技したヒョンビン. ヒョンビンは当時ドラマ‘私の名前はキムサムスン’の成功で途方もないスポットライトを受けながら,忙しいスケジュールを消化していたことに映画撮影前相手俳優らどうしに出逢いの席を持つ場所もなしで撮影初日初めての対面するようになったと回想した。

イ・ヨンヒは“その時はヒョンビン オッパがとてもお忙しくて,初めての撮影の時現場で初対面した。私があまりにも口数が少ない方でじっとしていれば相手方が迫ってくるのが難しがった方なのにそのためか撮影序盤までは互いにちょっと恥ずかしく思ったようだ。 だが時間が過ぎるほど楽になった。 実際の性格もとても良くて,よくして下さって今でも時折連絡もして私が出演した映画も見にきて下さる。 初めての映画撮影なのでそうなのか良い記憶で残っている”と話した。



イ・ミョンセ監督の‘M’で一緒に出演したカン・ドンウォンはあまりにも口数が少ないことで有名な俳優でもあるが,監督が統制する映画撮影方式のためなのか相手俳優よりはイ・ミョンセ監督と交流する状況がさらに多かったという。

イ・ヨンヒは“カン・ドンウォン先輩とは撮影当時には交流が殆どなかったようだ。口数が少ない方でもあるが,現場の雰囲気がすばらしい集中力を要求すると演技をしながらも監督ニムと話して交流する場合がさらに多かった。 そのためかむしろ映画広報のために舞台挨拶回りをする時,少し楽になるようになったようだ。 それでもとても良い作業だった”と明らかにした。



またドラマ‘ある素敵な日’で一緒にいたコンユの場合は先に寄ってきて,話もよくしてくれてご飯も買いながら,現場の雰囲気を気楽にさせて与えた点が良かったと評した。

イ・ヨンヒは“コンユ オッパの場合本当に性格がとても良い。 キャラクターの関係図を見れば幼い時期から共に育ってきた間と本当に親密でなければならなくて私がとても好きな役割だから先に積極的に近付かなければならないのに恥ずかしさが多くて,言葉もよくなされずにいるから先に来てくれて,話もして楽にしてあげようとご飯も買われた。 恐らく共に作業した女優らはみな良かったと話すよう”と話した。



最後に最近映画‘私の愛’で荒っぽい大学生カップルで呼吸を合わせたチョン・イルウは同年齢のためか最も気楽に撮影できる相手だったという。

イ・ヨンヒは“本当に気楽に撮影した。 同じ年頃だから不便なこともなくて。 また共に映画に出演した他の先輩カップルらに国民に対する弊害およぼすまいとお互いが努力をした。 その友人も映画が初めての出演と見るから私とよく合わせてみようとして互いに演技に対して気楽に話をすることができた。 イルウは同性のような異性の友人”と話した。