2007KBS,大当たりドラマなくても名品ドラマは多かった


“京城スキャンダル”

“花探しにきたんだ”,“いい加減な興信所”,“京城スキャンダル”,“ヌネヨワン”,‘魔王’,“ハンソン別曲”などは2007年KBSで放送されたドラマだ。 また一つ,視聴率不振のドロ沼で別れて出ることができなかったという点。

だが彼らは視聴率と評価を受けなかった。 代わりに,作品性を認められながら“名品ドラマ”と呼ばれた。 彼らドラマは視聴者らに穏やかな感動をプレゼントしながら,マニア層を形成した。 放送中の“インスンはきれい”もやはりピョ・ミンスPDの名品ドラマと評価されている。 2007年KBS名品ドラマを集めてみた。

雪の女王
超大当たりヒットドラマ“ごめん愛する”,“サンドゥ学校へ行こう”を演出したイ・ヒョンミンPDが“雪の女王”で列島を揺さぶった。 ヒョンビン・ソン・ユリ主演の“雪の女王”は国内より日本でより大きい人気モールをだしながらヒョンビンを韓流スターに位置づけを固めるようにした。

放送当時‘視聴率怪物’ MBC“チュモン”に区分されて,視聴率は一桁数を記録したが,このドラマはKBSホームページでドラマまた見る1位を記録した。


“花探しにきたんだ”

魔王
パク・チァンホンPDの“魔王”は代表的な名品ドラマだ。 毎回緊張感を置けない優れた演出力が引き立って見えた作品だ。 ‘オムポス’オム・テウンとチュ・ジフンのカリスマ対決が女性視聴者らの心を揺さぶった。 神秘の超能力を持ったシン・ミナの演技変身も視聴者から注目された。 このドラマやはり日本で大人気モールにしながらオム・テウンとチュ・ジフンの韓国熱風に一助となった。

京城スキャンダル
“京城スキャンダル”はハン・ゴウンの再発見を持ってきた作品. ハン・ゴウンはこのドラマを通して,演技力論議を寝かしたし,このドラマの最大受恵者と指折り数えられている。 ハン・ジミン,カン・ジファンもやはり同じ。 彼らはこの作品を通して,主演級演技者で再評価された。 1930年代京城を描いたこの作品はこれまでしばしば見られなかった時代的背景の中で行われる話を描いて,視聴者に新鮮味をプレゼントした。


“魔王”

ハンソン別曲
2007年を輝かせた名品ドラマの中で“ハンソンビョルゴク”は抜けられないドラマだ。 KBSで久しぶりに自体製作されたドラマであり,8部作で試みられたミニシリーズ. “ハンソンビョルゴク”は序盤期待を裏切らないで感覚的なストリテルリンで視聴者らの愛を受けた。 新人級演技者らが大挙布陣されたのにかかわらず,10%台に肉迫する視聴率を記録しながら,宣戦した。

いい加減な興信所
“いい加減興信所”は笑いなしでは見ることができなかったドラマ. 演出者ハム・ヨンフンPDはこのドラマを通してKBS内部的に‘天才PDという評価を引き出した。 イ・ミンギ,イェ・ジウォン,リュ・スンスのコミック演技は大きい笑いをプレゼントした。 高宗時代に消えた黄金を探すという四人の若い男女の話を描いたこの作品は“恋愛時代”のパク・ヨンソン作家の独創的な話展開が高く評価された。


“いい加減な興信所”

花探しにきたんだ
カン・ヘジョン・チャ・テヒョンが穏やかな愛を描き出した。 死という素材を決して悲しくなく見せたし,真心を入れたドラマと評価された。 チ・ヨンスPDの節制された演出力は死の美学を極大化させながら,感動を倍加させた。