ハン・ジェソク,母の悲しみを飲み込んで..
ロビイスト最後の撮影

“お母さんに演技者で成功する姿お見せしたかったが”
俳優ハン・ジェソクが悲しみを飲み込んで去る21日母親の法事に先送りしたSBSドラマ“ロビイスト”の最後の撮影に臨んだ。

ハン・ジェソクは24日午前ソウル モクドンとSBSタンヒョン製作センターを行き来しながら,撮影を再開した。去る23日葬儀を終えたハン・ジェソクは悲しみをしばらく後にして黙黙と最後の撮影に臨んでいてスタッフらと関係者らを粛然するようにしている。

9ケ月の撮影期間“ロビイスト”撮影場と病院を行き来しながら,母の病床を守ったハン・ジェソクは周囲には負担を与えるかと思って知らせないで黙黙と母を受けてしてきたことが知らされた。 特に普段の撮影以後には病院で故イ・ジュウォン女史を極力看護した親孝行と知らされながら,周囲をより一層残念にさせた。

所属社エダンエンターテイメント関係者は“個人的な悲しみもまだ冷めない前にに朝から撮影場に先に私と最後の撮影に臨む姿に感動を受けた。 当初最後の分量を製作スタッフの配慮で簡単に撮影しようとしたが‘視聴者との約束を守らなければならないので有終の美をおさめたい’と明らかにした”と伝えた。

彼は引き続き“(母に)心配をたくさんおかけして,最後の回まで良い演技をお見せしたかったが...”といい“空にいらっしゃる母に演技者で成功する姿を必ずお見せしたい”という演技者としての意志を明らかにした。

一方去る21日から3日葬で行われたハン・ジェソクの母の法事葬儀場にはペ・ヨンジュン,チャン・ドンゴン,ファン・ジョンミン,ヒョンビン,キム・アジュン,キム・ハヌル,ソン・イルグクなど普段親密が厚かった同僚らの弔問行列が続いて,悲しみを共にした。

ハン・ジェソクは同僚らの慰労と激励に感謝することを伝えて,撮影を終えた後25日三五題を過ごす予定だ。ハン・ジェソクがカン・テヒョク役で出演中の“ロビイスト”は来る26日幕を下ろす。