チャン・ドンゴン・ヒョンビン“誰でも英語勉強するべきですよ”
‘愛のアンテナ’キャンペーン映像に無料出演

トップスターチャン・ドンゴンを初め,キム・スンウ・ファン・ジョンミン・ヒョンビン・チュ・ジンモ・チ・ジニ・コン・ヒョンジンなど7人の俳優らが疎外階層および農漁村学生たちに英語勉強機会を拡大するキャンペーンを助けて放送に出る。

芸能人野球団プレーボーイズ団員らは教育人的資源部とEBSがスカイライフの後援を得て繰り広げる‘愛のアンテナ’は家庭環境が難しかったり乱視聴地域に居住している学生たちに1千台の衛星放送受信用アンテナを無償で設置して英語教育委衛星チャンネル EBS Englishを3年間無料で視聴することができるように支援するキャンペーン,そのキャンペーンプログラムに無料出演するように決まった。

7人の俳優らは2編のキャンペーン映像を撮影したし,英語と関連した自身の体験談を通して,英語教育の重要性を伝えられ,EBS Englishチャンネル活用法を案内した。

特に最近の映画“ランドリーウォリオ”でハリウッド進出を控えているチャン・ドンゴンは広告のほかに放送出演はない状況という点でより一層目を引く。

彼らが出演を決めたプログラムは出演芸能人らの英語と関連した体験談を通して英語教育の重要性を伝えられ.EBS Englishチャンネル活用を案内する内容のプログラムで,1人当り1分30秒内外に放送される。この放送は12月18日まで年中キャンペーンで随時放送される予定。

彼らは放送を通して国際化時代英語の重要性が日々増大している中で,農漁村や低所得層学生たちと大都市や中産層学生たちの間の英語格差が日々行われてこれは結局学歴と階層の世襲化を招く他ないと表明する予定だ。

現在ハリウッド映画‘ランドゥリーウォリオ’を撮影中であるチャン・ドンゴンは“英語の重要性は百回強調しても行き過ぎない。 ハリウッドで成功するためには演技力と共に言語の壁を越えなければならない”としながら“EBSがすべての国民に無料で英語学習ができるチャンネルを作ったことに感謝しながら貧しい学生たちも思いきり英語勉強ができる機会ができてうれしい”とキャンペーンに参加するようになった背景を明らかにした。

EBS英語教育チャンネルのユン・ムンサンチーム長は12日“疎外階層学生たちにただで英語学習機会を提供しながら,夢と希望を与えるのとプレーボーイズのスポーツマンシップは一脈相通すると思って,プレーボーイズにキャンペーン参加を提案した。 俳優らが忙しいスケジュールにも快く参加意向を明らかにした”と伝えた。

アンテナを支援を受けようと思う学生たちはEBS英語教育チャンネル ホームページ(www.ebse.co.kr)に理由と申込書を上げれば良い。 申請者を対象に全国市道教育庁奨学官と現職教師たちで構成された委員団が客観的な審査を通して,支援対象者を決めるようになる。

4月6日開国したEBS Englishは午前6時から夜12時まで一日18時間乳児から成人に至るまで水準別,段階別に英語を学習することができるように多様なプログラムを放送している。