ヒョンビン,日本ファンミーティングおかげで人気独り占め成功予感
ヒョンビンの日本国内人気がますます高まっている。

ドラマ“私の名前はキム・サムスン”“雪の女王”に続き映画“百万長者の初恋”主役を演じて,次世代韓流スターに浮び上がったヒョンビン(実名キム・テピョン)は来月20日東京有楽初の東京国際フォーラムで誕生日祝い兼ファンらと直接会うファンクラブ行事“HYUN-BIN Birthday & Fanclub Open Event”を開く。

この行事は当初午後7時一度だけ開く予定だったが抽選から脱落したファンらの問い合わせが殺到して,主催側はこの日午後1時30分にファン ミーティングを追加したと26日緊急に公示した。

ヒョンビンは昨年11月“百万長者の初恋”の広報のために日本を訪問した時成田空港に1千500余人のファンが駆せ参じて去る5月東京国際フォーラムで開かれた“雪の女王”放送前夜祭にも5千余人のファンが集まるなど次世代韓流スターの座を固めた。

特に去る8月1日開設した公式サイトの場合開設して5時間ぶりに接続数が10万件を越えて,ヒョンビンの高い人気を立証した。