“ホンギルドン”ソン・ユリ,持って生まれたアクション ウーマン? 容貌-演技皆変化予告!

ホンギルドンで男装女性で登場するソン・ユリが持って生まれたアクション感覚でスタッフらを驚かせている。

ソン・ユリは来る11月放送予定のKBS新しい水木ドラマ“ホンギルドン”で男装女であるホサビ役のために現在京幾道坡州のアクション スクールで毎日4時間以上ずつ武術,ワイヤーアクション,乗馬などを学びながら実らせている。

一方ソン・ユリは弱々しいと見られる容貌とは違いアクション スクールで持って生まれた運動感覚を自慢しながら,スタッフらを驚かせているという噂. ソン・ユリ側関係者は"ワイヤーアクションをしながら全身にアザができているけれど熱心に習っている。 合わせて持って生まれた運動神経にスタッフらが驚いている"と伝えた。

フュージョン史劇“ホンギルドン”で劇中女主人公ホサビ役、ソン・ユリは名門貴族で生まれたが権力戦いの犠牲で家が没落,かろうじて身分をだまして男装で生きていく役割を受け持った。 劇中身分をだまして男装をした姿でアクション演技が必要だという点を上げて,毎日アクション練習に熱中しながら,プロらしいの姿を見せていたりもする。

合わせて現在製作スタッフと外形の姿に対するコンセプトを相談中のソン・ユリは来る10月に初めての撮影に入りながら,11月KBS新しい水木ドラマで視聴者らといつも予定だ。