オールドミス ドラマ,視聴者誘惑コードは“ナレーション”


“私たちは各自胸熱い愛を経験してその残像を抱きしめたまままた再び愛する。 胸中にひたすらソだけなくても良い。 そのような潔癖はもう消えた。 傷がこの人の一部ならば,それまで共に愛したい”

9日大詰の幕を下ろしたMBC週末特別機画ドラマ“9回裏2アウト”で対米を数を数えた水際のナレーションだ。

この頃ドラマにナレーションが登場するのは退屈せぬよう探してみられる。 去る6日終映したMBC “犬とオオカミの時間”でも“夕景...あらゆる事物が赤く染まってあの丘向こう側に迫ってくるシルエットが友人なのか的なのか私を守ってくれる犬なのかあるいは私を害するオオカミなのか識別できない時間帯. この時は先導,悪徒皆赤いだけだ”というドラマの主体を含蓄したイ・ジュンギのナレーションで有終の美を飾って深い余韻を残した。

ナレーションはドラマで主に心理描写に卓越した効果を発揮する。 そのような面で視聴者らの共感が最優先視される“オールドミス ドラマ”でナレーションは必須といえる。

大韓民国オールドミスらの全面の支持を受けたキム・ソナのMBC “私の名前はキム・サムスン”(2005)時もそうで,コ・ヒョンジョンがオールドミス淫乱雑誌女記者で熱演したMBC “きつねちゃん何してるの”(2006)でもナレーションがドラマ終映後にもしばらく忘れられない余韻を残した。

“きつねちゃん何してるの”でチョン・ジョンミョンの9才連想で登場するコ・ヒョンジョンは最終回で“オールドミス”という退屈な時点で現実的な障害を踏んで愛を選択したことに対して“現在も未来も保障されたのは何もない。 私がすることが相変らず後ろ指を差されるようにもしかしたら私は私の選択を後悔する日がくるかも知れない。 それでも私はこの子供に行く。 全ての物を投げ捨ててキーをさした。 私たちがどこへ行くのか私はまだ知らない”という“クール”あるナレーションで拍手を受けた。

幸せだが退屈な状況では私たちの“キム・サムスン”も同じだ。 きれくもなくほっそりしていることもなくて若くもない猟奇溌刺オールドミス キム・サムスンが財閥の家で明晰な頭脳と光る容貌を持って生まれたうえに年齢まで幼いジンホンの愛を勝ち取った後投げる言葉はこうだ.

“時々はそのような考えもする。 もしかしたら私たちも別れるだろう...恋愛だというのがそうであることだから...だがあらかじめ恐れない。 今私がしなければならないことは明白だ。 熱心にケーキを曲がって熱心に愛すること...今日が最後のように,一度も傷つかないように....”

現実的困難でも日課愛に最善を尽くそうと思うサムスンの独白は鋭利にもこの時代オールドミスらの心を代弁している。

MBC “結婚したい女”(2004)のあわて者女記者ミョン・セビンは愛より仕事を選んだ場合だ。

“アンカーになったオールドミス三十以上住んで見たら人生の知恵も得るようになります。 人生には耐えなければならない時があるということ,この歯を食いしばって耐えればその時は必ず過ぎ去るということ,この歯を食いしばって耐えればその時は必ず過ぎ去るということ。 その何も永遠でないということ。 それが時に悲しみでもあるが有難くも苦痛やはり永遠なことはないということ。 至難夜あくどかった暴風雨が過ぎてもう私の人生陽光でいっぱいであることだけ同じ現場で明るく笑ってみるイ・シニョンです”という希望的な最後のメッセージは何か“クール”するように迫ってくる。

事実ナレーションはいわゆる“ミドゥ” “イルドゥ”でも簡単に探してみられる設定だ。

オールドミス ドラマというよりは性論理まではばからない“クール”ある専門職女性らの話を扱った“セックス・アンド・ザ・シティ”は性コラムニストで主人公であるキャリーのナレーションで劇が進行されるといっても言い過ぎでない。

これもまた全世界女性らの共感を形成するのに成功して,空前のヒットを記録した。

上手く行く意志だが,30代オールドミスの話を現実的に描き出した日本ドラマ“ラブ レボリューション”やはりナレーションで大きい光を見た。

このようにオールドミス ドラマでナレーションをしばしば探してみられるのはいわゆる“私の話”という現実的な共感形成から始まる。 壊れるだけ壊れたオールドミスが“望ましい女性像”に新たに出る長足の発展は視聴者らをして代理満足を感じさせているのだ。