ハン・イェスル,“見える?見えない?”CF
タレントハンイェスルがランジェリーCFでひやっとした胸ラインを公開,注目を集めている。

ランジェリービーナスのモデルであるハンイェスルは最近放映中のビーナスワナビーブラのCFで挑発的な魅力をお目見えしている。 この広告は女性の“Vライン”を強調するコンセプト.

特にこの広告でハンイェスルは多様な変身をお目見えする。 鏡の中に映った姿はまさに互いに違う衣装とヘアースタイルのハン・イエスル。 いかなる衣装を着ても彼女のスタイルとセクシーはつらつな魅力は相変わらずだ。 短い紫色ワンピースを着てひと回り回るときはきわどい場面を演出することも。

この広告は公開されるやいなやネチズンらの間で話題を集めている。 またビーナスホームページを通して,広告とメーキングフィルム,画報写真が公開された後ネチズンらの反応は爆発的.

ネチズンらは“ファンタスティックなからだ鞭”,“ハンイェスルにあんなセクシーな面があったとは知らなかった”という反応を出している。 すでにブログとインターネットコミュニティ等を通して,広告動画も一緒に人気を得ている状況.

ビーナスCMソング復活
ビーナスのCMソングは30余年前に当代の人気歌手だったイ・ウンハとイ・チァンヒの歌で大ヒットをしたことがある。“私だけが知っている愛のビーナス,美しいビーナス〜♬”で始めるこのCMソングは当時としては画期的だった。

女の下着に対してあからさまに言うことがちょっと敬遠した時代にTVやラジオで堂々と“ビーナスブラジャー,ビーナスガードル”を叫びまくったので,人々の視線が追い込まれたことは自明なこと。 男らがより一層興味が沸くといった。 男らは酒場で合唱をして(当時には屋台でもサムギョプサル専門店でも歌を歌うことができた,箸をたたきながら),軍隊では行進街にも愛唱された。

時代が変わって,ビーナスのCMソングは完全に違った。 ヒップホップ風にラップが出てくる。 今は“私だけのビーナス”を“感じて,持ってみて”と公開的に叫ぶ。 下着道義上の一つでファッションの一つの時代が明らかだ。 なにせ有名なCMソングの最後の部分のつぎを当てる“愛のビーナス”部分はそのまま生かした。 既に知らされたCMソングを十分に利用しながら,新しく変身-それで広告だ。

CMソングを中心にしたがビーナス広告は女性下着の広告の既存枠組みをちょっと抜け出した。 既存の下着広告とは主にシーズンの新商品を素材で製作された。 今回のビーナスの広告は新商品よりはブランド自体に焦点を合わせた。 ビーナスのブランドパワーにたくさん寄り添った広告だ。(ビーナスはM/S 1位に,いくつかだめな“9年連続ブランドパワー1位”のブランドだ).

その一方で全体流れは新商品を媒介とする。 ビーナスの新商品“ワナビブラ”はファッション感と女性の胸Vラインに焦点が合わされたブラダー. モデルハンイェスルは感覚的でファッショナブルある姿で自身の胸Vラインを蠱惑的に見せる。 注目が行くほかはない。

自身の美しい姿に心酔したように鏡に映った自分の姿を凝視したハンイエスル,われ知らず鏡の中自身に手を差し出す瞬間,彼女は鏡の中世界へ抜けて入る。 そこには鏡に映ったハンイェスルだけでなくスーツを着たハンイエスル,カット頭に銀色ワンピースを着たハンイエスル,長いストレート髪をヌロトゥリンハンイエスルなど多様な姿のハンイェスルがそれぞれ違ったポーズと表情で彼女を迎えている。

ビーナスを着ている自身の姿に対する幻想が鏡の中に現れて,数えきれない程反射した自身の姿まん中で彼女は堂々と笑いながら,自身のセクシーな魅力をより一層思いきり発揮する。 果たしてスーパーモデル出身らしい。

ハンイェスルはビーナスの幻想を表現するために基本衣装だけ6着着替えて,衣装が変わる時ごとにメーキャップとヘアースタイルを別にして,全く違うイメージの姿を演出やり遂げた。 今回のビーナスの広告は一般的な広告撮影時間の2倍が以上かかる強行軍で明け方5時を越えてモデル撮影が終わった。 強行軍撮影の中で疲れて,すぐにでも倒れるようしながらもカメラの前にだけ書面ファンタスティックな微笑と美しいポーズで自身の浮気心を思う存分発散したモデル ハンイェスルも撮影中ずっと自ら最もセクシーな姿を発見したと自負しながら,あたかもファッションショーをするように続く変身をむしろうれしがった。

一方,ハンイェスルはロマンチックコメデイ映画“用意周到ミスシン”で主演に抜擢されて,撮影真っ最中だ。“用意周到ミスシン”は広告企画会社AEハンイェスル(シンミス役)の“用意周到な男ショッピング”をはつらつとグリル予定で,今年の下半期封切りを控えている。