ダニエルヘニー“熱い涙演技”
(映画“マイファーザー”)

感動実話映画“マイ ファーザー”が胸じいんとした予告篇を公開した。

今回公開された“マイファーザー”の予告篇は“22年ぶりに死刑囚のお父さんに会った[エラン,ベイツ]の感動実話”という字幕と共に始まる。

“マイ ファーザー”の実存人物である“エラン,ベイツ”は1979年米国で養子縁組されて2000年死刑囚で服役中のお父さんと劇的に再会した人物で,2003年KBS “日曜スペシャル”で放映されて,話題を集めたことがある。

映画は実話の感動をそっくり表わすためにニュースの形式を引用したアンカーの報道コメントで始める独特の形式で製作された。

予告篇では実存人物演技に挑戦したダニエルヘニーの新しい姿に会える。 駐韓米軍に変身するために頭を短く切って,スタイリッシュな服装の代わりに軍服と安らかなカジュアル姿に着替えた。

だが彼の変身はこういう外的部分ではなく,両親を探してお父さんが死刑囚であることを知るようになりながら体験する葛藤と混乱,遺憾さなどを涙ぐんだ真実の演技で表わしたというところにある。

特に死刑囚お父さんを胸に受け入れようとする彼の涙ぐましい叫び中に“私は信徒信じないのにひざまずいて祈祷までした”として嗚咽する姿は胸が詰まった感じでよく聞こえないように悲しく迫ってくる。

ダニエルヘニーの熱い涙演技が見られるこの場面は濃い感動を呼び起こしながら,感情のクライマックスを成し遂げる。

予告篇だけでも涙が大きく落ちそうな“マイファーザー”は両親を探して,22年ぶりに故国に来たジェームズが死刑囚であるお父さんに会いながら体験するようになる残念な出逢いとかくされた理由を描いた作品でダニエルヘニーの演技変身,キム ヨンチョルの熱演を今秋観客に見せる予定だ。



========================================

予告編を見て見たくなりました
ヘニーのハングルとても上手になってました^^
演技も興味深いです..涙の物語ですね
サムスン時演技がまるで見当たらないです