日言論が注目した次世代寒流スターは?
日本でペ・ヨンジュン,チェ・ジウで代弁される韓流スターは世代交代するのであろうか。 現在沈滞を繰り返している韓流をまた起こす次世代韓流スターは誰であろうか。

27日付日本時事週刊誌“週刊朝日”が次世代韓流スターを眺望する企画記事を連載して目を引いている。 “今夏注目する韓流スターを発見した”という題名の記事で日本で注目している次世代スターを紹介した。

週間朝日は2003年から日本で放送された“冬の恋歌”で一時に触発された韓流がペ・ヨンジュン,チェ:ジウを一躍韓流スターで浮上させたのに続き続く韓国ドラマで韓流を継続して2005年韓流が頂点に到達したと伝えた。

だが2005年には韓国ドラマが日本NHKなど地上波放送国64ケ所で放送されるなど高い人気を得たが2006年には36ケ放送局で減少して今年は30ケ国で減少するなど韓流沈滞がめだっていると説明した。

低迷している韓流の状況を打開する代案中一つでスターの出演,日本地上波放送社放送界契約締結,キラーコンテンツが合わされったドラマの製作を選んだがその中の一つで“太王使節期”が注目をあびた。 だが四回演技になりながら,韓流の再点火が不透明な状況だと診断した。

週間朝日は韓国演芸担当記者,韓流専門学者などの取材を土台にペ・ヨンジュン,チェ・ジウの後に続く次世代韓流スターでソン・スンホンを選んだ。 韓流スターの頂点でペ・ヨンジュンの後に続く“第2のヨンサマ”と呼ばれたソン・スンホンが除隊をして本格的な活動を再開しながら,日本で韓流を起こすスターで初めての手に選ばれた。 ソン・スンホンの韓流スターへの登板は今年封切り予定の復帰作映画“宿命”の成功如何にかかっていていると予想した。

ソン・スンホンの他に日本で放送中のドラマ“朱蒙”の主人公,ソン・イルグクが男性らしいイメージに軟らかさがあらわれて,日本で“朱蒙”ヒット有無により此世した韓流スターで注目されることができると展望して“雪の女王”“私の名前はキムサムスン”のヒョンビン,日本人気ドラマをリメークした“白い巨塔”のキム・ミョンミン等も次世代韓流スターに選んだ。

また“ハイキック”で急浮上したチョン・イルウ,“魔王”“復活”で演技力に勝負したオム・テウン,“銭の戦争”のパク・シニャンが次世代韓流スターと予想されてチェ・ジウの後に続く女韓流スターではドラマ“恋愛時代”“メアリ大邱攻防戦”で印象的な演技を繰り広げた以下でも,アイドル歌手で成功的な演技者で専業したユン・ウネ,映画“私たちの幸せな時間”のイ・ナヨンなどを選んだ。