カングク サムシクその次は? 百万長者の初恋のヒョンビン 2006.1.23

名前は俳優という花に生命を吹き込む呪文だ
世の中の俳優たちは誰かが名前を呼んでくれてこそ名前を覚えてくれてこそはじめて息を湛えて咲き始める。

しかし,誰も名前を呼んでくれない世の俳優たちは,はかなく桜の花のように散ってしまう。 ヒョンビンは生まれながらに運を持った花だ。ヒョンビン,カン・グク,サムシク。3年という短い演技生活を経ながら皆が呼んでくれ,覚えてくれる,三つの名前を得たからだ。最初の名前はカン・グクだった。

ドラマ“アイルランド”はイン・ジョンオク作家が作り出した魔法のような言葉に溢れているが,寡黙なボディーガード カン・グクが何気に投げかける言葉はとりわけ味わいのあるものだった。

“僕の仕事はボディーガードなので僕が守ってあげます” “はじめはかわいそうで好きだったけれど,今は好きだからかわいそうです”人々はカン・グクの口から出てくる言葉を覚え,また覚えた。

そして7ヶ月ぶりに再び出演した2番目のドラマはヒョンビンにカン・グクよりもっと大きな名前を付けてくれた。
“あなたが 5千万ウォンよりもっと好きだ”と告白する男サムシクだった。

ヒョンビンが 新しく与えられる名前は“百万長者の初恋”のチェギョンだ
チェギョンは百万長者の父の遺産を譲り受ける条件として田舎の学校に転入し,田舎の少女と恋に落ちる高校生だ。

この無礼で冷たい仮面をかぶったロマンティストはどこかでよく見たような感じだ。質問しない訳にはいかなかった。チェギョンはともすればカン・グクとサムシクを一つに合わせた男ではないのかと。

“そういう質問が出ると思いました。(笑) 人々はまたサムシクの延長線ではないのかと言います。サムシクの延長線のような役はするなと言いました。もちろん自らも “百万長者の初恋”を説明しながら簡単に “サムシクのアップグレード版”という時もありました。 でもサムシクとチェギョンは全く違う人物です。

キム・テギュン監督“パリの恋人”のキム・ウンスク作家。以前からご一緒したかった方々が皆集まっている作品です。この方々と仕事が出来るならもしもキャラクターにサムシクと似た点があったとしても全く違う人物になる筈だと思いました。 僕もやはり違う演技がしたかったし今は違うと確信しています”





いつかヒョンビンは自分が作った分身たちと自分を作った名前たちを完璧に超えることを決意するだろう
“今まで演じた人物たち。カン・グク,ジンホン(サムシク), “ノンストップ4”のヒョンビン,そして “百万長者の初恋”のチェギョン。全て僕の中にあるものを引き出し,削りながら作り出したキャラクターです。でもこれからは僕の中にあるものを忘れて完全に新しい人物を作ってみたいという気持ちもあります”

しかしスクリーンとTVの前の内気な恋人たちが今から焦る必要はないようだ。 “百万長者の初恋”がこの “万民の恋人”であるヒョンビンを見ることの出来る最後の映画になる訳ではないのだから。

ヒョンビンはその年齢に合わないほど落ち着いたしっかりした男だ。 早く変わっていくよりは徐々に脱皮して行こうとしている。

“急いで変わりたくはありません。 突然全く違う役に跳び越えるというのではなく自ら練習し,準備が整うのを待ちつつ変わって行きたいのです。 もちろん人は変わります。僕もやはり変わります。でもゆっくり,ゆっくりと少しゆっくり目に行きたいです。ですから僕より早く変わって行く僕の周辺を見る度に両親と闘いながら演劇を始めた昔を振り返るのです”

温和な印象とは違いヒョンビンは戦争のように演技を始めた俳優だ
彼が演劇という啓示に出会ったのは高校1学年一度何かに没頭すれば決して離れられない疾風怒濤の年齢である。

警察大学に憧れていた息子が演劇を始めると両親は戦争宣言をした。塾に行くと嘘をついて(演劇の)練習室に通うこと2年“子供に勝てる親はなし”の通り両親は最後にはヒョンビンの意地に両手を上げた。

“合意を得たのです。(笑) その時から両親は中央大の演劇科が良いとそこに行くという目標を立てるなら支援してあげると言いました。 それで2年の間遠ざかっていた勉強を2学年の2学期になってこそ始めたのです。大学に入ることによってのみ両親の祝福を受けながら演技が出来るならやらなければと思いました。するとそのようになったのです。”

彼は結局運良くここまでここまで来れたと言うがこの世に運だけで上手く行くということはない。彼が人々から呼ばれる名前たちは“他の何ものでもない,ただ演技がやりたくて”始めた少年の意地から来たものなのだ。




“学校にも通い演技もして二兎を捕まえるのはとても大変です
学校に通えば学ぶ事は多いだろうし,現場で学ぶ事も多いのです。正直に言えば演技者になるために入った所が大学なので今は現場をより重要視したいです。”


現在最も忙しい俳優の中の一人であるヒョンビンは“でも僕の子供たちのためにも卒業はしなければと思っています”と何気に冗談のように言う。“百万長者の初恋を終えたらすぐどこか長期の旅行をしたいです”と言う。

こんな泰平な男がいるのだ。そういえばヒョンビンにはサムシク,カン・グク,チェギョンとは違うもう一つの名前がある。両親が初めて呼んでくれた名前“キム・テピョン(金泰平)”だ。 26歳(陰暦)の俳優ヒョンビンにとって今はただ泰平に歩んでもよい時期のようだ。初めて呼ばれたこの名前のように。

キム・ドフン groove@cine21.com | シネ21

-------------------------------------

百万長者の初恋広報時 雑誌cine21 2006.1
翻訳:kumijaさん

=====================================

運も実力の一つですね^^*