イ・ギウ-ユン・ジンソ-パク・ギウン,“張り紙広告”女子高の前で爆発的反応!
映画“二人だ”の恐怖3人衆イ・ギウ,ユン・ジンソ,パク・ギウンのキャラクター張り紙広告が女子高生らに爆発的な反応を見せている。

背筋が寒くなった内容とは対照的な主人公らの花美貌が入れられた張り紙広告が付くに従い女子学生らによって離されるなどキャラクター張り紙広告の人気に映画会社は女子高の前だけでなくソウル市内繁華街にも追加製作して,配布する計画とし,女子高の前にやはり追加でことが初めてしなければならないのか苦悶に陥ったと明らかにした。

最も大きい人気を享受しているビジュアルは最近“キドギャング”でフンナム熱風の中心に立ったイ・ギウだ。 さっぱりしていたスーツ スーツに無表情な顔で正面を凝視しているイ・ギウの顔の側に“衝撃! 恋人が私を殺そうとする!”という凄じいコピーを共に見せて,見る人々を妙な気持ちに抜けるようにする。

そのそばには恐怖と悲しみが交差するような妙な表情に涙ぐんで何か話をしたがるようなユン・ジンソの顔の上で“衝撃! ママが私を殺そうとする!”というコピーが彼女の衝撃的な状況を代弁する。

最後は3人衆の末っ子パク・ギウンのビジュアルだ。 スモーキーメーキャップで目つきをより一層強調して,カリスマを倍加させたパク・ギウンのビジュアルには“衝撃! 友人が私を殺そうとする!”というコピーがアップされて,実際張り紙広告を見るようになる学生たちに恐怖感を投げかけている。

張り紙広告を見た学生たちは映画の観覧等級が“18才観覧可”という話を聞いて,“私たちも見るようにしてくれ”としてホームページ掲示板に抗議性文を残すなど映画に対する熱い関心を見せている。

一方,最近18才観覧可判定を受けた映画“ドゥサラミダ”は周辺最も近い人が私を害することができるというメッセージで多くの人々の注目をあびており,来る8月9日封切り予定だ。