地域農協キムチ工場共同マーケティング成功...毎年売上額急増
農協食品研究所徹底した品質管理を経て出庫
農協-アルムヂャンキムチ

農協“アルムヂャンキムチ”の“アルムヂャン”はひとかかえぎっしり埋まった.清潔なおかずの材料の合成語で美しくて豊かな食卓を連想させる意味だ.

農協は全国11個のキムチ工場が各自の個別ブランドで地域特色キムチを生産して各販売してきたが個別工場らの個別ブランドで販売するには広報,販促などにいてマーケティング費用が過多に入って販売,消費がその地域限定される局地的性向が強いと判断した.

また賞品力,ブランドパワー,全国的な流通網を保有した食品大企業らがキムチ市場に参加しながら競争が深くなる見込みのうえ全国的に散在してる零細食品業者と中国産低下キムチの乱立てで価格競争力で対応が難しいことだというのは分析を下げた.

正しくこのようなキムチ市場の環境変化に対応する為に地域農協キムチ工場間共同マーケティングの必要性を認識して共同ブランド製品を構想して,これによって“アルムヂャンキムチ”が誕生する事になった.

以前までは地方固有のキムチ味製品を生産して消費者に全国八道の多様な味を持ったキムチを供給する事で多くの愛を受けてきたが,最近若者消費者らがますます増えながら全国八道キムチ味だけでなく多様な年齢層消費者たちの口当たりに良く合うハイクオリティの標準味キムチを出資する事で多様化された消費者記号に合わせていくという戦略だった.

そしてこの戦略はそのままきっかり合って“アルムヂャンキムチ”は毎年売り上げ高が大幅で成長してヒット商品で腰を据えた.

アルムヂャンキムチは農協食品研究所で味と品質において一次元高く開発したキムチ減量標準配合割合に基づいて,生産した商品だ.100%国産農産物のみを原料で使う事は基本であり,原料の購入段階で製品出荷に至るまですべての段階で研究所の徹底的な品質検査を経て合格された製品だけ出庫する.

農協で生産される清潔唐辛子と長期間自然熟成された清潔な潮辛のみを使ってキムチの品質を体系的に管理してキムチを漬けることができないとかキムチ漬けを頬わしく思う消費層に当たるように味と品質をいっそう高級化させた.

またキムチ原料標準配合割合に基づいて等しい味と品質を取り揃えたキムチとしてどこで購入しても同じキムチ味を楽しむようにした.




“バナナ牛乳は黄色”常識破壊
肌は白色着眼甘み最小化...既存加工牛乳と差別化
毎日牛乳-バナナは本来白い

骨粗鬆症が心配なママが食べるミルク,クルクルのりまき枠組みを抜け出したコンビニの三角形海苔巻き,冷蔵カンをひっくり返した冷蔵庫... 彼らの共通点は他の人々が思うこともないのを思ってマーケティングに適用することによって消費者に強い印象を植え付けてヒット商品に位置したということだ..

このように他の人々がしないことを考えてできないものなどを思って商品化するということは決して容易なことではない..
それだけ大変で難しいから消費者記憶の中に長く残って成功に繋がるのだ..

このような常識を破る奇抜なアイディアで去るIMF外国為替危機の時スキ間市場を食い込んでヒットした逆発想マーケティング戦略が最近内需不況が尋ねてきて新しい生存戦略でまた注目をあびている..最近毎日乳業(株)[代表 キム・チョンワン]は“バナナ“バナナ牛乳は黄色”という固定概念を破った“バナナは本来白い”という面白い名前の加工牛乳を市場に発表した..

バナナ皮は黄色いが肌は白い点に着眼して作ったこの製品は色素をまったく使わずに牛乳色が黄色くないという点を強調しながら、既存バナナ牛乳が皆黄色一色である常識をいっせいに押し倒している..牛乳瓶が勇気を透明材質で使って,この製品のトレードマークである白色を強調した..

バナナは本来白いという既存の色素を使った果汁牛乳とは違い色素を全く使わないバナナ固有の風味をそのまま感じられる..また固定概念破った奇抜な製品名とあわせてその間とてもつけて問題になった既存加工牛乳の甘みを最小限で維持して誰でも負担なしで美味しく飲めて牛乳を良く飲まない子供たちと若い成人層の間で人気を集めている。

最近劇場及びオンライン広告を初めケーブル広告を通して,放送される“バナナは本来白い”動画広告は製品コンセプトのように面白くて独特の素材によってネチズンの間に口伝えされながら各種ブログ,カフェにスクラップされるなど旋風的な人気を享受している...




プレミアム黒豆カロリーゼロ飲料
ウェルビン-ダイエット関心多く若い女性は鞄の中に必需品
東亜オーツカ ブラックビーンテラティ

健康飲料専門企業東亜オーツカ(株)[代表 カン・ジョンソク]の新概念プレミアム黒豆遮音料“ブラックビーンテラティ(Black Bean Thera-Tea)”の人気が旋風的だ..

東亜オーツカが去る4月末市場に発表した“ブラックビーンテラティ”は書目テとソ・リテをぶらっくブラックディンして作った0カロリーの黒豆遮音料だ..黒豆はアントシアニン,イソフラボン等を含んでいて高酸化作用を通じる老化防止,抗癌,解毒,コレステロール低下,体質改善,便秘改善,肌と毛髪の健康,脱毛防止などの多様な効能を持った栄養食品と知られている...

お茶を通じて身と心を作るティーセラピー概念のブラックビーンテラティは人工香を全然使わないで100%奥さん黒豆のみを巻き上げることで黒豆本来の味と効能をそのままいかしたのみならず体脂肪燃焼と体質改善機能を持った L-カロニティン及びチャカテキン成分などを含んだウェルビンとダイエットに関心が多い女性らのかばんの中には必需品で席をとった...

また若い女性らの為のプレミアム遮音料というイメージ強化の為に採択した高級なスリム型製品容器と感覚的なデザインも人気に分けて加えている.6月から放送されたイ・ヒョリとソン・ユリの2次広告も消費者らから良い反応を受けている..

東亜オーツカは今年遮音料市場が前年対比50%以上成長することで予測してブラックビーンテラティが緑茶及び混合の為に引き継いだ新素材-新概念のプレミアム遮音料という点を浮上させて持続的に攻撃的なマーケティングを広げる計画だ..

これを通じて去る20年間韓国代表イオン飲料で位置づけた“ポカリスエット”とともに“ブラックビーンテラティ”にだけ300億ウォン台の売り上げを上げることで期待している..




国内初めての便秘解消卓越無花果使用
“レッドオレンジ”“プレーン”もお目見えして...30代〜40代主婦らに大きい呼応
プレミアム醗酵乳に対する消費者らの関心が着実に増加している中で去る3月ソウル牛乳(ソウル牛乳協同組合・組合長 チョ・フンウォン)が新しく出資した“プレミアム無花果ヨーグルト,地中海の朝”が市場でよい反応を得ている...

これに力づけられてソウル牛乳は無花果のほかに“地中海の朝レッドオレンジ”と“地中海の朝プレーン”を新しく市場にお目見えした...

“地中海の朝レッドオレンジ”は地中海沿岸であるイスラエルで収穫されたレッドとオレンジ,グレープフルーツを使ったのが特徴だ..レッドオレンジとレッドグレープフルーツは果肉が赤くて独特な香りと味が感じられる果物でビタミンA,ビタミンCそして抗酸化成分である中腕抜きでない(Anthocyanin)等が入っているウェルビングァイロを知らされている...

“地中海の朝プレーン”は何の添加物もなくただ天然だけで作って,自然的で軟らかい味を追求したことで人工的な香りと味を敬遠して敏感な顧客らまでも負担なしで楽しめる製品だ..

ソウル牛乳醗酵乳マーケティングチームの梨敍勳チーム長は“ウェルビング食文化習慣を好む傾向が明らかなことで現れた”と“今回のラインナップをきっかけで“地中海の朝”プレミアム病気ヨーグルトのリーダー同時に市場の変化を導いて進むことができるプレミアム病気ヨーグルトのリーダーで飛躍できることを期待する”と明らかにした...




カフェインがない“おいしい水”
100%国内産麦-玄米-とうもろこしなどの原料 月売上額150倍成長...マニア層もできて
熊津(ウンヂン)食品-ハヌルボリ

2007年飲料市場に“おいしい水”が浮かび上がって注目をあびている..すなわち水のように負担がなくのどの渇き解消の為に飲用できながらも,水や緑茶よりおいしい新しい概念の遮音料が人気を呼んでいる..

身体によく,のどの渇きまで解消できるミネラルウォーターと緑茶を代替できる飲み物が強気を見せているという点だ..ミネラルウォーターの水っぽい味と緑茶特有の渋味を嫌う消費者らが新しい概念の“おいしい水”のような遮音料を好みながら,麦,とうもろこしなどの穀物売上げが増加している...

“おいしい水”市場を最も早く切り開いた製品は熊津食品(代表取締役 ユ・ジェミョン)の“ハヌルボリ”だ熊津食品はイメージ2000年,玄米麦茶,“ハヌルボリ”を発売開始,“おいしい水”市場を切り開いた.. “ハヌルボリ”は100%国内産麦の他に玄米,とうもろこしなどの原料を追加して香ばしくさっぱりしたうまみをを出した麦茶飲料だ...

市場に発表初年度よりつき売上額が150倍ほど成長した“ハヌルボリ”は今年月売り上げ15億ウォン台で進入しながら売上げ上昇曲線が続いている..香ばしいながらも気楽な味で“ハヌルボリ”マニア層ができるほどだ...

ウェルビンが生活トレンドに位置しながら自然に売上げ伸張が起きた上にミネラルウォーターよりおいしくて遮音料の代表格といえる緑茶とは違ってカフェインがなくて味が香ばしくてスッキリしていて緑茶より懇意で負担がないお茶を望んでミネラルウォーターよりおいしい水を望んだ多数のスキ間消費者軍にアピールしている..

熊津食品 キム・テフン マーケティング本部長は“ハヌルボリは無カフェイン ゼロカロリー遮音料で健康と美容に関心が多い20代大学生と会社員,家族らの健康に関心が多い主婦らに多くの愛を受けている”として“浄水器の普及,共稼ぎ夫婦の増加などにより家庭で貴重なことは麦茶は香ばしい味とウェルビントレンドによって緑茶で一段階進化した新しい形態の水で消費者らに認識されている”と話した..