ヒョンビン柔らかい声の中に刀を隠している青年 2004.11.01
疲れて見えた.それもそうだと思う.たったの1年で“スター”として浮かび上がったのだから.

画面に表れていない,言葉に出せない苦労もあっただろう

シットコム “ノンストップ4”に継ぎ,ドラマ “アイルランド”でその名を確認させたヒョンビン(23)に会ってみると “疲れ切っている”という表現がぴったりだった。

禅問答のような対話の中から,“情熱”という単語が浮かび上がった

爪を隠した獅子のように 今やスターと言っても遜色ないほどの愛を受けているが演技はまだ新人級 演技への欲心と目標がはっきりした新人と会うのはとても嬉しい事だ.

▲けだるい
ゆっくりと大きなあくびが一度は出て来そうな身体の状態だ


“アイルランド”の撮影最終日(10月21日)は明け方まで行われインタビューの日は,それからやっと9日が過ぎたあたりだった.

その間彼は映画 “足長おじさん”に友情出演し新たに契約したCFを撮影した. またドラマ撮影中先延ばしされていたインタビューを一日 3〜4回も消化しなければならなかった. 全く休む暇はない.

“身体は疲れているのにいざ横になると眠れないんです. 一日2〜3時間しか寝なかったのが習慣になったのかまだ身体が適応出来ていないようです..”

昨年10月映画 “回し蹴り” の撮影に入る前 3ヶ月の間毎日6時間ずつ行ったテコンドーの練習から本格的な芸能界活動のための準備に入った. 映画の封切られる頃シットコム “ノンストップ 4”に出演し “ノンストップ4”が終わる頃彼は “アイルランド”の “カン・グク”になった..

▲地面にヘディングした
“アイルランド”はちょうど “ノンストップ”の先輩出演者チョ・インソンの “ピアノ”と同じ選択だ. ヒョンビンはシットコムで顔を知らしめた後,正統派ドラマに出演,スターというタイトルを掴み続けている.

ソン・スンホン,チョ・インソン,チョン・ダビンがそうだったように.
カン・グクに会った時の印象は? “幸いだったのが地面にヘディングした事だ. プレッシャーがなかったという事だ. あのセリフに,あの劇的な構成に僕のプレッシャーまであったなら“ふぅ〜”と言いながら、首を振る。

“(キム・ジンマン)監督がプレッシャーを払い除けてくれた. 監督の演技を見てついてやったのだが監督は本当に演技がお上手だ”
カン・グクを送る時の気持ちは? “すっきりとしながらも名残惜しい. 悔いよりは得たものが多い. カメラを見る方法ドラマ制作のシステムを知った事そして何よりもファンたちがたくさんの愛を送ってくれた事”

“ノンストップ4”に出演した時は10代中心のファンたち今は20〜30代にまで増えたという点が大きな変化だ。
“ドラマのインターネットカフェに入ってほぼ毎日チェックした. 専門家にも劣らない視聴者の反応を胸に刻み少しずつ少しずつ演技に反映した”という彼は “でも残念な時もあった。“カン・グクが良いのでヒョンビンが好きになった”という文を読んだ時”と言いながらククッと笑った..



▲隠さない、演技に対する欲心
新人俳優に会ってみると “芸能人ではなく俳優になりたい”という言葉を外さない. しかし1時間あまりもインタビューしてみると,実は “俳優ではなく,芸能人”に成りたがっている事が感じられる場合が大部分だ.

“人生の目標は僕の名前の前に“俳優”というタイトルが付く事”と言いながら “チェ・ミンシク,ソル・ギョング,ソン・ガンホ”等々の名前を挙げる彼の姿は,他の新人たちにも見られる姿だ. それにもかかわらず,どうして信頼感が生じるのか.

数ヶ月ぶりにやっと初めて韓国映画の “私の頭の中の消しゴム”を観たという. チョン・ウソンの演技を見て彼は“深い穴が塞がれたようなぼーっとした感じを受けた”と打ち明けた. まだ行く道が遠い自身の姿を今更に確認したかのようだ.

“ドラマやCFの話が来るのを僕は知らない.マネージャーのヒョンが全て分かってやってくれている筈だ. 僕は演技の事だけを考えればよい”と言う言葉から愚直さが伝わって来る.

“ラブストーリーでも何であっても常に準備していなければならない事を知っている. 準備が出来ていなければやれと言う事もまともに言えないからだ”

CF撮影,オーストラリアでのカタログ撮影,インタビュー等残っている日程を消化した後11月中旬から12月末まで休暇をもらった.この間満身創痍となった身体をまともに回復させる計画.しかし実際には休んでいるようでもない.

早めに MBCと次期作についての議論を終えたヒョンビンが来年どんな姿で視聴者たちに近づいて来るのか気になるところだ.

--------------------------------------------------------------------------

ヒョンビン柔らかい声の中に刀を隠している青年
2004.11.01記事 翻訳:kumijaさん

==========================================================================

頭の中の消しゴム少し前にはじめて見て
チョン・ウソン氏の演技に目をそらすことなく没頭しました。
涙演技がとてもよくて男の人があんなに悲しく
愛する人の為に泣いて,その演技に尾を引きました..
目をそらせませんでしたね..

ヒョンビンもこんな感じだったのでしょうか^^*
とにかく演技の追及がすごい韓国俳優方々,皆さんが嵌ってゆく姿が私も良くわかったようです..