スターM,チャン・ドンゴンなど芸能人遺贈参加に上限値
26日スターMは前日対雨570ウォン(15,00%)急騰した4370ウォンに取り引きを締め切った。

スターMは前日政情公示を通して,第三者配分に進行される今回有償増資でスタエム所属演技者であるチャン・ドンゴン氏,ヒョンビン(本名キム・テピョン)氏,シン・ミナ(本名ヤン・ミナ)氏,コン・ヒョンジン氏など13人が参加する所属芸能人が第3字に配分されたと明らかにした。

またピ(チョン・ジフン)のお父さんと知らされたチョン・キジュン氏も含まれた。

チャン・ドンゴン氏とヒョンビン氏は総8万9285株が配分されて,シン・ミナ氏,コン・ヒョンジン氏は4万4642株が配分され,9900万ウォンを投資する.彼ら株式は1年間自主保護予修するようになる。

チョン・キジュン氏は2万2321週を配分受けた。
スタエム関係者は “スタエムがピのワールドツアーを進行しながら彼のお父さんと会社役員の間に親しみが積もったことで知っている”と“控え目ではあるが今後のピの所属社移動に対する可能性も排除していない”と言った.

ピはぺ・ヨンジュンBoAなどと一緒に1年100億ウォン超える収入をあげるスーパースターでエンター業界の版図を変化させることができるという点で雪道を引っぱった

ぺ・ヨンジュンさんが最大株主であるキイスト株価が急騰してキイスト株式が日本で直接取り引きされるという点等でピを迎入する上場企業は“ヨンサマ”にボグムする“肥效科”をもたらすはずだという解釈だ.

しかし今後ピお父さんの有償増資参加が少額でピが直接会社を調えるはずだという分析も出ていてスタエムのピ迎入が確定的だと断定することができない状況だ.

スターMは去る18日運営資金およびその他資金確保のために約20億ウォン規模の第三者配分方式有償増資を実施するように決めた。
今回の有償増資で新しく発行される株式は総88万8392株で,新株発行価額は2240ウォンだ。

スターM関係者は“自社発展コン・ホンドにより株式を配分した”として“スターらの自主保護も会社の未来と一緒にするという側面で解釈されれば良い”と明らかにした。