チョン・リョウォン三角関係なるカインとアベル
タレントチョン・リョウォンがソ・ジソプの恋人になる。

チョ・リョウォンはソ・ジソプが軍除隊後復帰作で選択した事前製作ドラマ“カインとアベル”(脚本キム・ヨンチャン/演出チェ・ホソン)でソ・ジソプの相手役にキャスティングされた。

ある関係者は14日ニュースエンとの通話で“チョン・リョウォンがソ・ジソプの相手役で“カインとアベル”に出演する可能性が高い。 最終調整だけを控えている。 大きい異変がない限りソ・ジソプとこのドラマで恋人呼吸を合わせる。 5月から米国サンフランシスコロケーションなど撮影を始める”と明らかにした。

今回のチョン・リョウォンのキャスティングはMBC“私の名前はキムサムスン”“君はどの星からきたの”等で見せてくれた清楚ながらも,悲しみを含んでいるイメージが功を奏した役割をしたことが知らされた。

チョ・リョウォンはこのドラマで幼年時期別れた孤児兄弟の間で悶える悲恋の女主人公を演技する。 成人になった兄弟は刑事と請負殺人者になって兄弟という事実を知らないまま運命的な正面対決を繰り広げる。

チョン・リョウォンはキラーである弟ソ・ジソプの恋人でソ・ジソプを追う兄の間で苦しがる。 去る2002年スカイ(チェ・ジニョン)のミュージックビデオ“永遠”をモチーフにしただけに当時にキム・キュリが演技した女主人公と比較してみるのも目新しい面白味になる展望だ。

チ・ジンヒ-チョン・リョウォン,ソ・ジソプと“カインとアベル”で三角関係に
俳優チ・ジンヒとチョン・リョウォンが60億ウォンの製作費が投入されるブロックバスタードラマカインとアベルに合流した。チ・ジンヒとチョン・リョウォンは事前製作ミニシリーズ“カインとアベル”を次期作で決めた。
“カインとアベル”は来る27日公益勤務要員招集解除を控えているソ・ジソプの次期作と知らされた作品でもある。

チ・ジンヒは刑事である兄でマフィア組織によって,希代のキラーで大きくした弟(ソ・ジソプ)を逮捕する運命に胸を痛くする。チョン・リョウォンは二人の愛を皆受けるがその中で心を痛くする役を担った。

カインとアベルのある関係者は“チ・ジンヒは契約を終えたし,チョン・リョウォンは近い将来契約すること”としながら“ソ・ジソプ-チ・ジンヒ-チョン・リョウォン構図の中で外国ドラマ劣らない作品を作る”と話した。

オーストラリアで暮らしていたチョン・リョウォンが今回のドラマで英語を話す撮影があるだけに自慢の語学も発揮できるようだ。

=======================================

わ〜ヒジニがヒロインに〜??
それならちょっと見たくなってきました。
でも悲しい物語で.....