CF最高の男,遮光高で魅力対決
有名なハンサム スタイル ピ,チョン・ウソン,ヒョンビン,チュ・ジンモ,チ・ヒョンウがお茶広告モデルで先を争って,魅力競争を繰り広げている。

Sライン美女チョン・ジヒョン(南洋乳業17茶). ハン・イエスル(韓国コカコーラハル緑茶). ボア(広東とうもろこし茶)等女性トップスターも活躍しているけれどフンナムらが一度にお茶広告モデルに出演して,女心をときめくかせる。

それぞれ自分の魅力で武装したまま“これでも飲みませんか?”と誘惑するようにブラウン管でささやく。

ワールドスターピはロッテ七星“今日のお茶”CFで実際を訪仏するようにする穏やかな日常生活の中で愛らしい魅力を見せている。

楽に袖のない姿のピがせっかく休息を楽しむように余裕がある。 シャワーをちょうど終わらせたようにタオルを揺さぶりまくり茶めっけあふれる表情でサンドバッグにハイキックを飛ばすかと思えば鏡に映った自分のスタイルを見て満足げな微笑を作る。

普段お茶を楽しんで飲むという彼は“水を飲みたい時は。 今日のお茶を飲む”. “お前を私の水に任命する”と独白する。 広告撮影場で今日のお茶を持っていながら,広報大使役割を正確にしたが特にとうもろこし茶を楽しんで飲んだという。

“サムシギ”ヒョンビンはウンヂン“ハヌルボリ” CFで失恋の痛みを切なるメロー演技に入れた。 離れていった初恋に向けた裂けるような心を主体できなくて狂ったように走っていく。

とめどなく走って彼女に対する渇望と喉の渇きが最高潮にする時“全身で涙を流したい。 それでこそ私の目で涙がかわくから”というコピーが流れる。

台詞はないが悲しみと渇望が交差するヒョンビンの表情と身振りを見ることだけでも自ずとのどが渇く。 ヒョンビンは走る場面のために撮影機間中ずっと一日15km以上全力疾走した。

映画“グラディエイト”“トロイ”の撮影地だったマルタ共和国で広告をおして,古代と現代が入り乱れた夢幻的な雰囲気が引き立って見える。

チュ・ジンモはソ・ジヘと一緒に東亜オツカ グリーンタイムCFに出てくる。 お茶がわかる男女チュ・ジンモとソ・ジヘが会って,最初醸し出した緑茶を相手に譲歩して目つき対決まで繰り広げる。

映画“美女は辛くて”で上限値であるチュ・ジンモは“2番目醸し出した緑茶が諸味だ”として釘を刺す。 広告撮影場で熱い緑茶に手を火傷をしながらも,熱情的な“固守”の姿を見せた。

チョン・ウソンとチ・ヒョンウはヘテ飲み物チャオンCFで感覚的で洗練されたライフスタイルに訪ねてくる。 チョン・ウソンはカリスマあふれてタフな男性美を。 チ・ヒョンウは可愛くてダンディーある魅力を一度に表わす。

広告業界では“初期遮音料広告がほっそりしていた女性トップスターを打ち出して“機能”を強調しながら似たい女性らの心理を狙ったとすれば最近では感性的な側面を攻略するために男性トップスターを大挙起用する傾向”と分析している。

=====================================================

い、一日に15キロ...ㆀ全力疾走〜〜T_T。
何も全力疾走させなくても..
うん〜やっぱり想像以上に走りまくってたんですね...
しかもケガまで..全力疾走していれば..そらコケますがな..大事にしてほしい〜T_T。

いつもひいき目で見てしまうコメントで〜チェソゲヨ...