SuperStarDiary翻訳
SuperStarDiaryヒョンビン編日本訳
2007年2月韓国で放送したSuperStarDiary
ヒョンビンの所感を綴った各業界インタビューの翻訳をkumijaさんから届けて頂けました^^
以下抜粋してお送りします。

チャン・グァンヒョウ(ファッションデザイナー)
私が偶然に私の工場の前で歩いて来る学生を見たのです。
その時高3だったヒョンビンに初めて会いました。
とても整ったイメージで良く成長した青年という感じを受けました。

背も程よく高くそれで私はデザイナーだが一度ショーに出演する意志はないかと。
そして私のショーでデビューして3〜4年後にドラマで大変なヒットを打ったのです。

年齢的にも成長して体も逞しくなり72〜3kgになるので大変セクシーで男性的な感じが出てきました。

もちろんプロのモデルたちのようにウォーキングやステージのマナーは不足かもしれませんが、
ヒョンビン君の顔の雰囲気だとか清潔なイメージから出る姿は、他のモデルたちと比べても、全く遜色なかったと思います。





パク・ジヒョク(プロデューサー)
彼が持っている魅力自体が大変暖かいものを持っていて
それで(ヒョンビンを)好きな年齢層も幅広いということを知っています。そういう部分がとても好かれているようです。



イ・サンソク(ヨンセジン成形外科院長)
ヒョンビン氏の場合今までの彫刻のような俳優とは少し違うイメージを持っています。
全体的に見たとき一般的な彫刻のような俳優に比べて、頭上が少し広い方です。

そして彫りの深い顔です。きれいな雰囲気をかもし出しているのは、全体的にあごの線が女性のあごの線のように少し卵型を帯びているからです。全体的なあごのラインからきれいなイメージを感じるのだと思います。

目も二重の線が太くなく、奥二重のようになっているのでそれによって善良な目元のイメージです。
鼻は既存の他の俳優よりも高さやサイズの面では小さいほうです。その代わり彫りが深く、全体的にきれいなイメージで現代女性が好きな柔かいイメージを持っています。

全体的な体格を見た時、筋肉質すぎることもなくスリムでありながら、例えば胸の筋肉だとか腕の筋肉が程よく鍛えられているので…



イ・ヒョンミン(ドラマ“雪の女王”プロデューサー)
ヒョンビン氏の場合は、色を塗ろうとすればあらゆる色を塗れるそんな感じがしました。
少し平凡なように見えても、その役に集中すれば違う感じを出せる俳優だと思います





キム・グァンソン(ヒョンビンのボクシングトレーナー元オリンピックボクシング金メダリスト)
色々な芸能人の人たちに指導してきましたが、その中でもヒョンビン氏は瞬発力も良く運動神経がありました。
事実、大変な過程もたくさんありましたが嫌な顔ひとつせずしっかりした基本技から訓練したので代役を使う必要はひとつもないでしょう。
選手にひけおとらない姿勢が出せたのではと思います。

キム・ソンイル(スタイリスト)
ヒョンビン氏の顔は多様なイメージを帯びています。
とても純粋な少年のようなイメージもあり、大変にカリスマを感じるウォール街に勤務する人のような冷徹な感じも見えたり
‘雪の女王’で見られたようにタフでワイルドな感じも持っていらっしゃいます。
ヘアメイクアーティストやスタイリストの立場から見ると体格の条件も良いので多様な表現が可能な俳優だと思います。
何人もいない、多様なイメージを持った俳優だと。

背が高くスリムなのでモデルとしての基本的なボディー条件が整っています。
服を着せた時のフィット感が良かったと思います。



キム・テギュン(映画“百万長者の初恋”監督)
ビニとは3年前から映画をやりたかったのです。
初めて会った時から…
ビニが無名だった頃オーディションを受けたのですがその時本当に魅力のある青年だ、演技に対する関心も大変にあり…いつか機会が生じればぜひ一度一緒にやりたいと……

善良な心と清い魂を持った青年だなと、そう感じました。
ともすればあの年齢では発揮出来ない事なのにビニがいる事によって映画の中心が掴める、そんな役割を十分に良くやってくれました。





イ・ヨニ(映画“百万長者の初恋”ウナン役)
テレビで多くの(ヒョンビンの)作品を面白く見てきたので、いざ映画を一緒にやるという話を聞いて撮影に入る前からとても震えてドキドキしました。
それで撮影初日はとても緊張して難しかったのですが、ビニオッパーが先に楽に接してくださいました。大変お世話もしてくださって…

チン・ヒムン(ポラム映画社 PD)
イ・ヨニさんもプレッシャーが...初めての映画で主人公なのでプレッシャーがあったし
(ヒョンビンの方が)年齢もずいぶん上で(責任の)比重から見てもずっと重かったのではじめはとてもプレッシャーを感じているようでした。
ですから互いに親しくなるまで少し時間がかかったようです。

不平を言わないのです。
(撮影現場は)宿泊所の無い場所もありました。
本当にとても劣悪な場所で寝るしかなかったのです。

少し離れた場所に行けば良い宿泊施設もありました。
でもそうすれば翌日の撮影に少し支障をきたしかねませんでした。(撮影が)早朝から始まるので…
すると、自分はそういう所で寝ても関係ないと



パク・チヒョク(フォトグラファー)
大変にプロフェッショナルです。
自分も体が大変で(CF)撮影前にも既に大変忙しいスケジュールがありその中から来ているのにスタッフたちへの配慮もたくさんしてくれて、そしていざ撮影に臨む時はとても一生懸命なのです。

そんな部分から、彼はプロフェッショナルだと…
そしてその印象が最初だけそうだったというのではなくて
ずーっと何回も年を重ねて会い、また(一緒に仕事を)しても変らないのです。

ソン・ファン(Megabass CF監督)
芸能人の中で、最もプロブレム(?)の無い人。
どんなことでもさせればやると…
マネージャーが止めに入る程だったのですから。笑

私が見るにヒョンビンはどんな役も消化できる(演技者だ)と思います。
演技者が備えるべき資質を多く...良い点を多く持っていると思います。

人々に対して親切に対する姿やどんなことにでも一度やってみようとする挑戦意識も多い人だと思うし、年も若いのでその挑戦意識も多く表現できるのでは...



イ・チョンドク(ソマン化粧品 CFプロデューサー/メスメスエイジ企画室長)
ひとまずハンサムじゃないですか。(笑) 
ハンサムで好感度があって多くの人に好かれる。
特に若い女性層に信頼をアピールできる...
少し時間がかかって何度も撮り直して見ると段々ともっと良いものが出るのです。
そうすると最後に、OK以上のものが出せるモデルです。

キム・ナミョン(東亜TVファッション制作チームPD)
平素、演技してきたイメージや御自身がかもし出すイメージが大変ジェントルで落ち着いていて
正統的な感じがするのでルーズにフィットするものよりも、タイトにフィットするスタイルがお似合いだと思います。

-----------------------------------------------------------

2月韓国放送東亜TV
“SuperStarDiaryヒョンビン編”
インタビュー部分抜粋日本訳

翻訳:kumijaさん

=============================================

本当に評判が良いです^^*
なんにしてもこと一生懸命取り組む姿がノムノムチョアヨ^^*
さすがウリヒョンビニ〜
今後も大活躍して欲しいです!

kumijaさんいつもいつも〜これだけの翻訳は大変です..
ちんちゃ..ノムノムカムサハグヨ〜T_T。FONT>

ソ・ジソプ,カインとアベル主演復帰
ソ・ジソプ,“カインとアベル”出演契約
エムアイジァカテック,ソ・ジソプとドラマ出演契約
15日俳優ソ・ジソプおよびソ氏の所属社であるビーオーエフとドラマ“カインとアベル”の出演契約を締結した。

契約期間はこの日から出演完了の時までだ. 一方エムアイチャカテックは“カインとアベル”を直接製作する。

ソ・ジソプ,ノワールメロー“カインとアベル”
2年2ケ月の軍服務を終えて来月27日全域する俳優ソ・ジソプ(30)のカムバック作が“カインとアベル”(脚本キム・ヨンチャン,演出チェ・ホソン)悲運のキラー役で登場。

特に,“ごめん愛する”でカリスマあふれる目つきの演技で国内,他数多くのミサ廃人を作り出したソ・ジソプがカムバック作で選択したドラマという点で関心が高くなっていながら,もう一度韓流熱風を起こすことと期待を集めている。

ソ・ジソプはKBS2TV“ごめん愛する”以後2年2ヶ月ぶりのドラマカムバック

ソ・ジソプは来月27日全域すれば直ちに5月から“カインとアベル”撮影に本格合流する予定だ。

“カインとアベル”はプレンビピチョスが製作する最初のドラマで総製作費60億ウォンが投入されるノワールメロー. 幼い時期別れた兄弟が互いに違う環境で強力班刑事と悲運のキラーに成長して体験する運命的な葛藤を描く。 米国,サンフランシスコ ロケーションを通して,事前製作を計画中だ。

幼い頃別れた兄弟が以後検事と組織暴力団に成長しながら体験するようになる葛藤を“バーディドラマ”式で解いていくこのドラマ.ソ・ジソプは兄と別れて,米国で養子縁組された後マフィア組織によって,希代のキラーに大きく成長した弟ジーン役を担う予定だ。
兄役はまだ俳優が決まってはいないがチュ・ジンモなどが議論されている。

ソ・ジソブの復帰消息でよって“カインとアベル”が 15日午前9時50分ネイバーリアルタイム検索語順位 1位を記録した

ソ・ジソプの所属社であるBOF側は“ソ・ジソプが永らく待ったファンのみなさんと視聴者らに良い演技と作品で報いるために努めている”と明らかにした。 製作社のキム・ドンヒョン代表は“長い時間の間企画された作品であるだけにソ・ジソプ氏の演技力が充分溶け込める演技を良く生かせて大作にする”と話した。

“カインとアベル”はまだ放送会社が決定されてはいないがドラマの70%分量が事前製作される予定だとミニシリーズ中では作品の完成度が高いことと期待を集めている。

===========================================================

ジソプ氏帰ってきますね。長い勤務お疲れ様でした。
ヒョンビンが演じるであろうと噂された弟役だということですが,
また悲しい運命を背負う役なんですね。

軍服務を終えてまた大きく変わって帰ってくることでしょう
超大作期待します。

小林香織チョアスタイルヒョンビン
日本サックス奏者小林香織
最高級フュージョンジャズグループ“フォアプレイ”のドラマーホビーメイスンが絶賛した日本のサックスホン演奏者小林カオリ(25). 偶然に彼女の2集アルバム“ファイン(Fine)”を聞いたメイソンは“若い女性の演奏なのか想像できなかった程にすばらしい”と感心した。

小林はズバ抜けた実力に可愛らしい容貌までそろえて“サックスホンの料亭”と呼ばれる。 プロモーションのため訪韓した昨年夏“EBSスペース共感”でライブ演奏をした時,彼女の名前はポータルサイト リアルタイム検索語順位1位に上がることもした。 特に“きらきら(Kira-Kira)”と“エネルギー(Energy)”が当時ライブで大きい呼応を得た。

彼女が18日ソウルペガムアートホールで初めての来韓公演を持つ。 3集アルバム“グロゥ(Glow)”発売記念コンサート ツアーの初めての舞台を韓国で計画する。 2005年デビューの時”技巧が不足する”という指摘を昨年2集アルバムできれいに洗い落とした彼女は今回何と8曲の自作曲を出しながら,一層成熟した作曲実力を誇った。

小林は高校2学年の時サックスホンを吹く男性演奏者の姿に魅了されて,サックスをつかむようになった。 本来クラシック演奏者を夢見たが,ジャズの魅力に抜けて,高校3学年の時ジャズに方向を定めた。 日本ジャズ界の“期待の主”に浮び上がった彼女を電話で会った。

-サックスは男性的な楽器だ。

“女性演奏者は男性に比べて,力が不足するから他の部分で補完しなければならない。 女性の繊細さと軟らかい感性だ。 男性が思う実演の歌と女性が思う実演の歌は違う。 悲しい曲でも女性が感じる悲しみで演奏すれば感じも変わる。 それでもサックスを演奏しようとするなら力が必要だから運動をしながら体力を大きくしている。”

-サックスの魅力は何か。

“初めて聞いた時,まさに感動した。 しかし当時熾烈校正をしていたのでサックスを演奏できなくて,代わりにフルートを始めた。 後ほどフルートを止めてサックスを初めて吹いた時,私によく合う楽器と思った。 フルートは息を吐き出した息の半分しか楽器に入らないのに,サックスは息を吐き出した息が全部入るから吹く感じが良い。”

-“サックスの料亭”と呼ばれる。

“昨年韓国を訪問した時,ジーンズの上にひらひらする服を着ていたのでそのようなニックネームがつくようになったようだ。 そのように呼ばれとは感謝するだけだ。”

-韓国ファンとの初めての出会いはどうだったか。

“日本観客は恥をたくさん乗って音楽が良くても拍手を打たない場合があるのに,韓国観客は演奏者にも良い大きい課題が出れば拍手したり声援を送る。 韓国はサッカー応援だけでなく何でも情熱的であるようだ。”

-大衆が好きな曲と自分が好きな曲が違うようだ。

“やはり大衆はやさしいメロディの曲が好きだ。だが私はやさしいメロディで魅力を感じることができない。 3集アルバムでも人々は“エクスプローラザフィールド(Explore the Field)”が好きだが,私は“パッシングレーン(Passing Lane)”をより好きだ。"

-試みたい音楽があるならば。

“クラブサウンド(エレクトロニクス)のような音楽にも挑戦してみたい。 そして作曲にもさらに欲を出したい。 次のアルバムは初めから最後まで私の力で作ろうとする。”

-韓国に男性ファンが多い。 好きなスタイルは

“さっぱりしているマスクの男が好きだ.ドラマ“私の名前はキムサムスン”に出てくる男主人公ヒョンビンみたいなスタイルと言えるでしょう”(笑)

----------------------------------------------------------------------------------

―小林香織
フュージョン系アルトサックス奏者
1981年10月20日神奈川県生まれ
ジャズ,アルト,サックス奏者
写真家の父とピアノ教師の母の間に生まれて0歳からピアノをはじめる.

高校時代ににアルトサックスを始め,その後ジャズに傾倒.
ジャズサックスをボブ・ザングに師事した.
04年に洗足学園音楽大学JAZZ科を卒業,翌05年アルバム『ソーラー』でメジャーデビューを果たした.



2005年デビューアルバムリリース
現在『ソーラー』『ファイン』『グロー』3枚のアルバムをリリース
デビューアルバムではCharの“スモーキー”をカヴァー

================================================

うん〜こういう女性..私は本当にあこがれて尊敬します。
私ももう少し才能があれば(ノ_-。)
また世界は変わったでしょう。
日々努力ですね。

TOPRSSSUK2

2007 - March
|| Article New ||
|| Article Category ||
|| Article Back ||
|| HyunBin Official ||
‖HB Palam site direct.. ‖
▒ HyunBin-Palam*Home
▒ HyunBin-Palam*article Top
▒ HyunBin-Palam*article mobile
▒ Daum HBspace Registration

**リンクについて**
HyunBin-Palamをリンク頂いている
サイト,ブログ管理様へ
リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

http://hyunbin.quu.cc

尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



         border=
    


 

**観覧時でのお願い**

Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
*こちらでの観覧でお願いします
-------------------------------
**Consent when seeing**

All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

Is not possible to see by leading the server down.
*Please see only with HyunBin-Palam.

-------------------------------



 Up '10.11.07

::: シークレットガーデン MV :::






---------------------------------






:: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


:: グッドダウンロードCF 10/12 ::

---------------------------------

HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

size1024×768
HB-Palam..Open 2005.11.21
HB Japan..site management..hyoji








Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.