イ・ソユン“演技しなかったらデザイナー…”
“家では平凡に普通の人々のように住むように願いました。”

血が熱いからか。 イ・ソユン(25)は平凡な世界を後にして芸能界に飛び込むようになった。 路上キャスティングを通して,雑誌モデルで活動した彼女はKBS 2TV 雪の女王でハン・テウン(ヒョンビン)の秘密を取り込んだホン・ジヘの役割で劇の緊張感を起こした。

雪の女王が初めての作品で。 今回が初めてのインタビューという新人にふさわしくなく口調がきちんとする。

アナウンサーのように断定した語り口と誉めると“劇中ジヘがそうですね。 善し悪しを分けて。 私利分別判断して。 自分の主張が強い女でしょう”として丁寧に上手くキャラクターに対して称賛をする。

初めての作品なのでその愛情を言葉ですべて説明することができるか。“まだ私が出る場面モニターといえば心苦しくて恥ずかしいです。”

雪の女王でイ・ソユンはハン・テウンの高等学校同窓で。 テウンに初恋を感じた人物だ。 テウンとボラ(ソン・ユリ)の間でお互いの存在を分かるようにする重要な役なので初回登場後再登場するまで視聴者掲示板に「ジヘという人物が出てきてこそ緊張感が出るようですね」という文が上がってくるほどだ。

撮影現場でヒョンビンが視線処理など演技指導をしてイム・ジュファンが多情多感に用意してくれるとし,演技者の生活に対してうれしがるイ・ソユンは縁起を選択した理由に対して“1回の時何年ぶりかに制服を着て撮影しました。

イ・ヒョンミン監督様も初歩演技者である私のために我を出さないでやんわりと指導して下さいました。

そして6回から家運を負って医師で登場しましたよ。 縁起しながら,自分が経験できない他の彼らの色々な人生を体験して見ることができるのが楽しくて。 魅力的なんです”と説明する。

特に暗記力が優れる方なので演技者として長所であるようだという評価も付け加える姿が自身の話のように細心で几帳面だ。

とても差し迫っていることも。 とても冷たくもない姿で整うように自身の夢を説明するイ・ソユン.

“多分縁起を始めなかったならばデザイナーになったかも分りません。 美術デザインの方に関心がありましたよ。 ところで高等学校の時偶然にラジオ放送に出演するようになりながら平凡に住めとの家の雰囲気と違った世界を選択するようになる契機になりました。

俳優という話聞くのが夢であったが。 今は多様な階層から愛される俳優になりたいのが夢なんです。 その時まで見守って下さい。”

もう演技を始めて着手を踏み出したイ・ソユン. 普通ではない第一歩なので2007年彼女の歩みが期待される。