ドラマ タイトルの映画書き写しがますます激しくなっている。 今年に入り放送したドラマだけでも新しく創作するよりはどこかで聞いてみたような題名のドラマが増えた傾向が明確だ。

キム・ジェウォンとハン・ジミンのハッピーエンドで終わりを結んだKBS2 「偉大な遺産」は英国作家チャールズ・ディケンズの小説の題名で由来する。 すでに海外で同名の題名(Great Expectations)で何度か映画化されたし,2003年国内でイム・チャンジョン,キム・ソナ主演の「偉大な遺産」という映画が作られた。 もちろん内容は違うがもう一度この題名を持って使った場合だ。

ソン・ユリ,コンユ主演のMBC「ある素敵な日」の題名も1996年ハリウッドで作られたジョージ・クルーニーとミッシェル・ファイファー主演の映画「ある素敵な日(One Fine Day)」をそのまま書き写した。 離婚男女の一日の間の愛作りという内容とは全く違う内容のドラマだが,題名をそのまま取って使った。

MBC週末劇「本当に本当に好き」の題名もやはり映画で取ってきた。 1977年当時最高の青春スターだったイム・イェジンを出演させた映画「本当に本当に好き」のようなタイトルだ。 KBS1日日劇十九純正も李美子のヒット曲と同名タイトルで,同じ題名の映画がすでに1971年申星一主演で作られたことがある。 二つの作品皆前作と内容は別個だ。

リメーク作であるSBS 「愛と野望」と「101回目のプロポーズ」もやはり前に作られた作品の題名をそのまま従ったので耳に習熟したことは当然の事. 現在準備中のドラマらもやはり有名映画のタイトルをそのまま取ってきた場合が多い。

来る26日放送予定でチ・ヒョンウ,ソ・ジヘ,キム・オクビンなど新鋭スターが大挙出演するMBC 「オーバーザレインボー」やはり映画タイトルをそのまま持って使った。 映画「オズの魔術師」のOSTで耳慣れた「ソメオ オーバーザレインボー」で取ってきたイ・ジョンジェ,ジャン・ジニョン主演の2002年作映画「オーバーザレインボー」を連想するようにする。

やはり31日放送予定であるSBS「天国より見慣れない」もやはり米国独立映画界の巨匠荷ザムシ映画の題名(Stranger Than Paradise)をそのまま従った。 映画は他の時期に米国から移住してきたハンガリー出身のいとこ兄弟姉妹の話をドキュメンタリー形式で見せたとすれば,ドラマはカナダ養子出身の弁護士(イ・ソンジェの方)がトップ歌手(キム・ミンジョン)と女性歌手のマネジャー(オム・テウン)の間で友情と愛をおいて葛藤する内容だ。

11月放送予定であるイ・ボヨン,チュ・ジンモ主演のSBS「ゲームの女王」もやはりベストセラー作家シドニーセル減らしたゲームの女王(Master of the Games)の翻訳の題名に従った。 この作品は1984年米国でTVシリーズ物で作られたし,国内でも大人気を呼んだ。



今年の下半期撮影に入るKBS2 「スピード」はやはりハリウッド スター,キアヌ・リーブスにアクションスターとしての名声を得るようにしてあげた1994年作映画「スピード」の短くて強烈な題名を取って使った。裏書陣を主人公でカーレーサーの話を扱っただけにこれぐらいである題名がないもようもする。

やはり「ごめん,愛する」というヒット作を優れたイ・ヒョンミンPDが準備中の「雪の女王」やはりアンデルセン原作の童話で,海外では何度もアニメーション,TV物などで着実に作られてきた。 やはり内容は学校を通わないで個人教習だけ受け入れた金持ちの娘が世の中とあたりながら作っていく愛の物語で童話とは全く関係ないけれど。

昨年までも「可愛い女性」,「純粋の時代」,「悲しみよさようなら」など外貨翻訳の題名をそのまま使う場合でも「裸足の青春」,「がんばれクムスン」等過去ヒット作のタイトルをリバイバルする場合がたびたびあったが,このようなケースがますます増えている傾向だ。

このようなタイトル トキは耳慣れて,ヒアリングも良くて,なじんで,視聴者らの脳裏に刻印されやすいという点でひとまず一点食べて入る利益がある。 その上コンテンツは違うが他作の名声を自然に連想させるという点でも損をする必要はない。

何より現行著作権法は著作物の表題を著作物で予告することもせず,また著作物で保護する別途規定も置いていない。 したがってこのような題名トキは法的にも問題になることがない。

これに対して韓国著作権法学会パク・ヨンギル学会長は"原則的にタイトルと同じ短い文章には独立した思想,感情を含んでいると見なくて,著作物として法的保護を受けることができない"として"こういう著作権法は国際的にほとんど統一がされていてタイトルの著作権は判例でも認めないでいる"と説明した。