2006 ネチズン演芸大賞上半期決算投票男演技部門の人気対決が熱い。
投票開始と同時に多くのファンらを保有しているキム・ジョンフンとチュ・ヒョンジェ,イ・ジュンギが上位圏にのぼった。

ドラマ「宮」のタレント キム・ジョンフンは男演技者部門で1位を走りながら,先頭に出た。
5日午後8時現在総17,220人が投票に参加した中で,キム・ジョンフンは4,996票(29%)を得た。 キム・ジョンフンは最近韓国だけでなく中華圏でも人気急上昇中.

またキム・ジョンフンの後に続いて「ソドンヨ」のチュ・ヒョンジェが彼の後をぴたっと追っている。 チュ・ヒョンジェは4.887票(28.4%)で2位を走っている。 1位とはそれこそ薄氷の勝負を繰り広げている状況.

映画「王の男」でスターダムに上がったイ・ジュンギが2位と多少大きい差を見せながら,3位に上がっている。 イ・ジュンギは1,396票(8.1%)を得て,チュ・ヒョンジェの後に続いた。 イ・ジュンギは利益式と共に主役を演じた映画フライ ダディーでもう一度人気モールこれに出た。

美男スターカン・ドンウォンは1,017票(5.9%)を得て,4位に上がった。 イ・ナヨンと共に主役を演じた映画「私たちの幸せな時間」は来月封切りを控えている。

また「私の名前はキム・サムスン」のヒョンビンが5位に,MBC「朱蒙」ソンイルグクが6位にランクされた。 彼ら他にもキム・ジェウォン,カム・ウソン,アン・ジェウク,ダニエル・ヘニー,キム・レウォンなどそうそうたるスターらが競争を繰り広げている。