キム・スンウ,牛ひれ肉100人分度量が大きい会食
[JES]キム・スンウが14日芸能人親睦野球集いプレーボーイズの自体MVPに選ばれて度量が大きい会食席を用意した。

キム・スンウはこの日の競技も二千時建国大学校スポーツ科学センターイ・ジョンボム野球場で開かれたプレーボーイズの公開競技後30余人の同僚芸能人選手たちと後始末を持った。 球団オーナーでプレーボーイズを初めて作った彼はこの日4打席3安打で猛打を自慢しながら,自体MVPで選ばれた。

キム・スンウはこの日午後8時ソウル 江南(カンナム)のあるコ襟家でチーム員らに牛ひれ肉100人分を撃ちながら祝った。

主張ヒャンジョンミンと浮舟長チ・ジニをはじめとして,チャン・ドンゴン.ヒョンビン.コンユ.チュ・ジンモ.チョ・インソンなど競技に参加した選手たちが1人も抜けることなしで参加した。 この日キム・スンウは牛ひれ肉100人分が越える会食費を慈悲に出した。

当初選手たちはA,Bチームで分けて競技をおこなって負けたチームが会食費を出すことにされていた。 キム・スンウは「今日私たちのチームが10vs13で負けて,また球団オーナーである私がMVPで選ばれて,会食費を慈悲に計算することにした」と話した。

キム・スンウはこの日集まった選手たちに「熱心に仕事をして格好良く遊ぼうというプレーボーイズの名前のように今後も良い姿を見せよう」と頼んだ。

また昨年7月チームを初めて作る時は実力が思わしくなかったが日曜日ごとにずっとずっと時間を分けて,今はかなりの社会人野球チームに負けないほど技量が向上した。 特にチ・ジニは初めて入団する時は野球のオイ寝ても知らなかったが今日毎打席ヒットを打つ姿を見て感慨が新しかったと話して,一座を笑わせた。

監督であるコン・ヒョンジンも席から立って"昨夜SBS TVドラマ撮影を終えてかろうじて競技場にきたがドンゴンがCF撮影を言い訳で今日は競技に遅くきた。バツをしなければならない。 ドンゴンが仕打ちはまさに顔にチューすると冗談を言いながら,雰囲気を和気あいあいにさせた。

キム・スンウは"今後も毎週親善競技を持って親睦企図はもちろんで韓国野球大衆化のためにもすることを模索してみる"と話した。